*

コーヒー豆は軽減税率が適用になります!

公開日: : coffee, お知らせ

店頭でお客さんとお話していると、コーヒー豆は食品に分類されるので、軽減税率が適用されることをご存知でない方が割と多い様子だったので、今回それをお伝えしようと思います。

 

コーヒーは嗜好品ではありますが、食料品の部類ですので、軽減税率が適用されます。
コーヒー豆を購入する場合は、10月の消費税増税で10パーセントになっても、軽減税率が適用されかかる消費税は8%のままとなります。

 

但し、通販の場合は送料は10%になりますので、例えば島珈琲の場合、大阪府内での発送ですと1回につき720円税別で、今までは8%で778円でしたが、792円になるということで、送料は2%分の値上げになります。

 

あとは郵便振替用紙でのお支払いや、銀行振込の手数料も現在より2%上がることになります。

 

コーヒー豆、それからコーヒーシロップやドリップバッグも同じく軽減税率が適用されますので、消費税の掛け率は8%のままとなりますので、このことをお伝えしておきますね。

 

 

8%のままですが、コストアップする その謎とは?

 

原料であるコーヒー生豆も8%のままだと思います。(ちょっと自信ありません)
だとするとコストアップしないということになりますが、その勝負ちょっと待った!なのです。

 

例えばネット通販のご利用する場合、クレジットカード決済ではカード決済手数料として、1回のお支払いにつき3.数 %をカード会社か仲介業者に、ネット通販をする運営者側がお支払いします。

 

このカード決済手数料にも当然、消費税がかかります。
今まで8%だったのが、10月からは10%へ。
単純に運営者側が2%分の消費税の支払いが増えるわけです。

 

その他、コーヒー豆の販売でしたら、コーヒー豆を入れる袋だとか、そうした備品も8%から10%に。
単純に考えて、コーヒー豆は8%のままですが、販売するにあたって、周囲の食料ではない包材などは10%になり、コストは税金とはいえ増えていることになります。

 

この辺を税理士さんに詳しく教えてもらってないので、この単純な考えでいいのかどうかは定かでないですか、この単純な考えでよければ単純にコストは増えるわけです。

 

軽減税率が適用され8%のままだと、値上げしにくい

 

こういう状況が起こりうるのではないか、と僕は考えます。

8%のままなのになんで値上げするの?って。

 

食料品だと食料そのものは8%のままだけど、付随するカップだとか入れ物だとか、そうしたものは10%になるわけですから、10月になって現在の価格に8%のままだと、売る方はコストアップしてくるわけで、利幅が変わるわけなのです。

 

だから、こういう状況だということを、できる限り店頭で僕はお客さんにお話して、理解して頂いています。

 

なんだか、いろいろややこしいですが、変わることには柔軟に対応して、でもその本質は見て、そしてお客さんにとって何がいいかを考えて、島珈琲は行動したいと考えております。

 

通販は送料ならびに各種手数料が10%に、コーヒー豆、ドリップバッグ、コーヒーシロップは8%のまま、島珈琲カンやギフト箱の料金は10%に

店内は、コーヒー豆、テイクアウトコーヒー(高槻店のみ)、ドリップバッグやコーヒーシロップなどは8%のままだ。
店内での飲食(高槻店のみ)、ペーパーフィルターやコーヒー器具などは10%へ。
2019年10月1日より、島珈琲の商品などにかかる消費税は、変更となります。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーは胸やけの原因になっているのか?

昨日はお休みで、娘を幼稚園に送ったあと奥さんとランチに行きました。 理由は、結婚記念日、で。 &n

記事を読む

コーヒーフレッシュにも種類がある

昨日はお休み、家族で東条湖おもちゃ王国へ行ってきました。 現地で娘のお友達の家族と合流し、2家族で遊

記事を読む

それでも、使って頂けるお客さんのために

高槻店の喫茶を縮小しようと考えております。 というのも、歳を重ねてくるとだんだんと身体がえらいという

記事を読む

一杯の美味しいコーヒーで焙煎の重要度はどれくらいなの?

何度か書いてきましたが、僕はコーヒーマニア上がりなんです。   焙煎が楽しくて

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

既成概念

どんなお商売でも ものごとでもそうだと思うのですが既成概念に邪魔されて 新しい発想がでないということ

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

コーヒーの豆・粉は一杯何グラムが正しいのか

大阪高槻は昨日から寒くなり、涼しくなりましたねーなんて言ってたのが急転、寒くなりましたねにお声かけが

記事を読む

グァテマラコーヒー 新しい銘柄にチェンジしました!

昨日は出来るだけ早く帰ろうと思っていましたが、なんやかんやと仕事がかさなり、いつもよりかは遅めの帰宅

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

味わいつくりは煙突の先まで

連日、焙煎機のメンテナンスが続いております。   今までは一

香りの大切に 島珈琲は禁煙です

実はですね、僕は昔スモーカーでした。 岡町本店を開業した当時、たばこを

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑