*

島珈琲のホウシン

公開日: : 焙煎アーティスト

日本語って面白いなぁって思います。
ブログのタイトルを考えていて、やっぱりタイトルで読み手の人におぉ読んでみたい、と思わすようなタイトルにしたいわけです。

 

今回の様にホウシンとカタカナで書いてしまえば、放心ともとらえることができるし、方針、豊心、疱疹、といろいろ勝手に連想できるのです、ちょっとやり方が卑怯かな。笑

でも方針ってしてしまうよりも、なんやろ?って読んでみよかなってなるでしょ。
うーん、ならんか。笑

 

ということで、今回は方針のほうです。
今回、5月28日火曜日に白馬で開催される短パンフェスで、あの高級コーヒーTANPANCOFFEEの復刻版を販売します。

 

それでその原料となる高級コーヒーが続々と入荷されてきました。

 

原料が更にいいとなると、やっぱりね、燃えてきます。
いつも燃えてますけどね。
更に、ということです。笑

 

では、島珈琲のラインアップにはなぜ高級コーヒーが並ばないのか、という方針のお話を今回は。

 

 

島珈琲の高級コーヒーたち

 

島珈琲の中での高級コーヒーたちは、マンデリン、エチオピアモカ、グァテマラとなります。
その他は等級はハイグレードのコーヒー豆ですが、高級コーヒーの部類にはギリギリ入らないコーヒー豆たちです。

 

販売する価格帯も安くはないが高くもない、という価格帯で設定しています。

 

理由はというと、ご家庭でガブガブコーヒーを飲まれる方に美味しいコーヒーを沢山飲んでもらえる、リーズナブルな価格が僕の目指すところで、1日に沢山飲んで、沢山香りに癒されて欲しい、という思いからそうした価格帯を設定しています。

 

ですので、まとめて購入して頂くと、例えば100gより500gの方が、リーズナブルな価格になるように設定してます。
その価格帯を形成するのに、超高級コーヒーがラインアップにあると、バランスが崩れてしまうため、島珈琲では100g490円~650円で設定できる中での、原料であるコーヒー生豆を選んでいる、ということになります。

 

そしてもう1つ・・・

 

ガンガン焙煎したいんです。
僕はこの焙煎という作業が大好きで、自分の思うようなコーヒーを描きたい、から独立開業しました。

 

お客さんに、新鮮な香りで喜んでもらいたいし、美味しいって喜んでもらいたい。
自分の好きなことをして、なおかつ喜んでもらえるって最高じゃないですか。

 

ですから、量を販売できる設定にして、そして自分も大いに楽しみたい、というわけです。

 

焙煎して美味しいコーヒーを作る、そうしてそれで喜んでもらえる、両方がハッピーになるって素晴らしいじゃないですか!

 

そんなこんなで、島珈琲のコーヒー豆の価格帯はそうした理由で、そうなっております。

 

でも高級コーヒーを焙煎できるってことも、とてつもないしあわせでございます。
TANPANCOFFEEを待ってくれている方々に、心を込めて焙煎しますよー!

 

最高の香りを来場する方へ、お届けしたいと思ってます。
5月28日火曜日は長野県白馬五竜スキー場にて開催される、短パンフェス、に出店するため、翌日5月29日と2日間、高槻店は臨時休業を頂きます。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ビジネスに愛は必要か

ブログを始めようと思ったきっかけは、コラムを読むことが好きだったから。   コ

記事を読む

ブログ・フェイスブック・ツイッターでお店の売上げは上がるのか

プロローグ ブログ・フェイスブック・ツイッターでお店の売上げは上がるのか? この答えにたいして、

記事を読む

島さん!!これで子供が牛乳を飲めるようになりました!

プロローグ 「これを使って牛乳を飲ませたら、牛乳嫌いな息子がガブガブ飲み始めたんですー ありがとう

記事を読む

趣味を仕事に生かすには、を考えた (3093)

さて本日は、お休みです。 火曜日から土曜日までは高槻店。 高槻店は日曜、月曜が定休日。  

記事を読む

季節の節目に旨いコーヒーがある

プロローグ 今日はほんとに穏やかな天気で、春らしい1日になりそうです。 暖かい季節、なんだか心が

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

実は中華料理のコックを目指していた

高校を卒業して就職した会社は、中国料理店。 コック見習いとして勤務し始めました。   お客

記事を読む

ご存じですか?タンザニアというコーヒー豆を

タンザニア、どこにある国かご存じですか? そうですアフリカ大陸ですね。  

記事を読む

商は笑なり

明けましておめでとうございます 本年もよろしく御願い致します 皆様がこの一年 健康でハッピーであり

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑