*

コーヒーの香りの強さは何によって違うのか?

昨晩、娘が幼稚園でもらってきたヨーヨーで遊んでいました。
それを見た僕は、突如スイッチが入ってしまい、娘からそれを借り、ヨーヨーに夢中になってしまいました。笑

 

ヨーヨーを垂らして、スナップを効かせて上下に軽く動かし、
ちょっとずつヨーヨーにひもを巻き付け、そして全部巻き付ける。

 

身体は忘れてないもんやなぁーなんて、子供のように夢中になっていました。
スケバン刑事を思い出した、そんな出来事。

 

懐かしいですよね、皆さんはヨーヨーやりましたか?
ということで、本題へ。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コーヒーの香りの強さは何によって違うのか?

 

コーヒーの香り。
豆の状態から出している香り。
粉にした時の香り。
ドリップを開始してから広がる香り。
カップから立ち上がる香り。

 

コーヒーは香りのもの、ですよね。
皆さんはどの時の香りが一番好きですか?

 

さて、その香り。
お店や豆によって、香りの強さが違うと感じたこと、あるでしょうか。

 

そもそもコーヒーの香りの強さは何で決まっているのか。
というお話を。

 

まずはコーヒー生豆、焙煎する前のコーヒー豆ですね。
この時に持っている潜在的に持つ香り、まずこれですね。

 

沢山比べているとよくわかるのですが、一般的にはわかりにくいかもしれません。
次に、焙煎によって香りを引き出す、という技術。
今回はここをお話します。

 

焙煎で引き出す香りの技術

 

これはですね、中華料理は皆さんご存知ですよね。
家庭で作る中華料理と、中華料理店で食べる料理。
やっぱり違いますよね、で何が違うのか、ご存知でしょうか。

 

そうです、火力です。
中華料理屋さんは家庭のガスコンロで調理しているのではなく、バーナーを使っているのですね。

 

火力が強いから、だから火が通ってでもシャキッとしている、あの料理ができるのです。
コーヒー焙煎も一緒で、火力が強くして焙煎すると香りをよく引き出すことができます。

 

ただし、火力が強いと「焦がしてしまう」というリスクもあります。
香りは良いけども味わいは・・・ではいけませんので、最終的にはバランスとることが大事なのですね。

 

で、島珈琲の焙煎機は火力をアップしておりますので、もちろん焦がさず、持っている香りを最大限引き出し、味わいもバッチリにしているのです。

 

最終的にはテクニック自慢になりましたが、香りを引き出すためにいろいろ考えている、ということをお伝えしたかったのですね。

 

ちょっと強引ですが、島珈琲のコーヒー豆は香りがいいよー!
ということで、今回の記事は幕を閉じさせてもらいます。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーの香りを引き出す技術とは!?

プロローグ 昨日 午前中は歯医者で痛い思いをし(笑)、その後 娘と公園で遊びました。公園には花がい

記事を読む

理由は後付でもいい まずはやってみること

またちょっとコーヒー教室でのお話したことを詳しく書きますね。   コーヒーのペ

記事を読む

ブログを書くこと、お手紙を書いて伝えること

あれっ?どうしたんだろ。 実は最近、ブログの訪問者数はセッションというのでしょうか、その数が随

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

商売に必要なもの それは「カラ元気」ではないだろうか

こんにちは! 唐揚げ大好き 焙煎アーティスト 島規之です 子供みたいでしょ 笑  

記事を読む

「間違いない」と思う飲食店の共通点

昨日はお休み。 家族で門戸厄神さんへ。   高校を卒業して、働いたのが中国料理店。 この門

記事を読む

季節の節目に旨いコーヒーがある

プロローグ 今日はほんとに穏やかな天気で、春らしい1日になりそうです。 暖かい季節、なんだか心が

記事を読む

焙煎機の排気力を10%アップさせる簡単な方法

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です たまにはプロらしく(いつもプロでないのかっ!

記事を読む

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

僕はこう見えて、コンピュータ関係にはかなり弱いです。 よくわかりません、だから分かる人に聞いていま

記事を読む

犬も歩けば・・・いや 歩かないと棒にもあたらない

昨日は業務終了後 急ぎ足で阪急電車に飛び乗り 大阪 本町へと向かいました そう島珈琲のコーヒー豆

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑