*

おかげさまで、来月3月29日で島珈琲は17周年です

公開日: : 感謝!!

記念日はサクっと通過したいので、ちょっと早いですが、今、書いておこうと思います。

 

と、なんか神妙になっていますが、18年目に入る思いを、ということですのでご安心くださいね。

 

2002年3月29日、島珈琲は産声を上げました。
両親からお金を借り、小さなコーヒー豆を販売する専門店をオープン。

 

当時僕は26歳でした。
26歳というと、社会のこと分かっているよ!と突っ張りたい気持ちの年頃ですが、いやいや何もわかっておりませんでした。

 

勢いだけで出店した、といっても過言ではないです。
何もわかってなかった僕、当時はほんとにね、コーヒー豆が売れませんでした。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

朝刊配達バイト

 

売れなかったので、したがって売上は少ないですから、手元に残るお金も少なく、朝刊配達のバイトをしながら、お店をしていました。

 

何が心を痛めたかというと、当時26歳、友達に飲みに行こうと誘われても、朝3時前に起きないと全部配れないので、お誘いを断らないといけないことでした。

 

いったい僕は何をしているんだろう、と何回か、みじめな思いにもなったものです。
だけど、好きなことをしている、ということは大きかったですね。

 

僕に前へ進む力を与えてくれました。

 

でもやっぱりあまりコーヒー豆は売れず、お店を閉めようかと思った時に、ポロっとそれをお客さんに漏らしたら「島さんがコーヒー豆屋をやめたらどこでコーヒー豆を買ったらいいの?」と言われて、ハッとさせられて、それ以来、そして今もその言葉に支えられ、その言葉のおかけで、コーヒー豆屋を続けていけております。

 

気持ちは切り替わったけども、売上はまだまだだったので、2005年に岡町のお店を日曜日だけのお店にしまして、それ以来、日曜日だけの営業でずっと続けております。

 

その島珈琲も 岡町本店も18年目に突入です

 

おかげ様です。
開店当初は自分の力が全てと思っておりましたが、いやいやいや、親や家族、友人お客さんもそして良いコーヒー届くまで関わってくれている人も含めて、周りの方々の応援や理解、そして力添えがあってこそです。

 

自分の力など、たかがしれているわけです。

 

慢心せず、あのお客さんの言葉「島さんがやめたらどこでコーヒー豆を買ったらいいの」という言葉に対して真摯に向かい合い、これからも続けていけるように努力と笑顔と楽しむ心を忘れないようにして、この18年目を光るものとしていく所存であります。

 

この18年目の一つの目標は、障がい者支援施設からの実習生の受け入れを現実にし、そこから更に何が出来るか、を考える1年にしたいと思ってます。

 

島珈琲や島を応援してくださる皆さんに
「島珈琲って、なんかええなぁ」
と言い続けてもらえるように、18年目も全力コーヒーです!

 

ということで、18年目も頑張ります!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

no image

1年の時間

 高槻店 おかげさまで もうすぐ1周年ですほんとうにありがとうございます高槻という土地性を

記事を読む

その差

 その差 1℃ 人の味覚は 暑いときは酸味をよく感じ 寒い時は苦味を感じやすくなっていると

記事を読む

気持ちを贈りたい

 ということで ギフトのご注文を頂きましたありがとうございます今回はコーヒーシロップ加糖 

記事を読む

ぼちぼち

 ぼちぼち と イベントで販売する商品が搬入されてきました 今日は 能勢のコシヒカリ 25

記事を読む

ありがとうございます高槻店は6周年を迎えました

2012年11月21日に高槻店はオープンしました。   古材をふんだんに使い、

記事を読む

ブログは想いを伝えるメディアである

今週は火曜日水曜日と家族旅行のため、臨時休業を頂いたので、その分のお仕事がいっぱい。 今朝も発送がい

記事を読む

no image

勉強 勉強

昨日は 早朝に地区で活動をしている異業種交流会に参加してきました。 朝5時に起きて いったんお店の掃

記事を読む

高槻店を古民家風にした理由

高槻店はこの11月21日で5周年でした。   あっというまの5年。 このお店

記事を読む

滅多にないお客様の声 立て続けに2つも頂きました

昨晩 お客様が島珈琲のことをご自身のブログで書いてくださって読んでいたのですが お酒が入ってたもんで

記事を読む

島珈琲は今日で開業16周年です ありがとうございます

2002年3月29日に島珈琲を開業しました。 もうあれから16年の月日が流れました。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑