*

ドリップポットは軽いタイプが良い

今晩から数日にかけて、高槻店の焙煎機内部の掃除をします。
メンテナンスですね。

 

コーヒー焙煎の煙には脂分が含まれており、煙の温度が下がるに従って、通るダクト(筒)の内部にその脂分が固まり、通り道を狭くしていきます。

 

人間で言う動脈硬化のようなものです。
その脂分が付着し、通り道が狭くなり詰まりだすと最悪、火事になることもあるので、味わいのためだけではなく安全面からも、小まめにメンテナンスをすることを必要とされるのです。

 

結構、手間で大がかりになるので、1日で終わらせようとせず、部分部分で進めて行く予定です。

 

今晩はまずダンパーという風量を調節する部分の周りと、焙煎して出来上がったコーヒー豆冷ます冷却機周り、そしてバーナーのつまりを除去するメンテナンスをしようと思ってます。

 

いつもの香りをキープできるように丁寧にメンテナンスをやりますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ドリップポットには蝶番付きをオススメしてます

 

香りを引き出す作業の一つとして、ハンドドリップという抽出法がありますよね。
その時に使うドリップポット、皆さんはどのようなものをお使いでしょうか。

 

僕はですね、このカリタの銅ポット蝶番付き0.7リッタータイプを愛用しています。

 

まずこの蝶番付きと言う言葉、なんだ?ですよね。
ポットのフタが落ちないように付いている、金具のことをさします。

 

これが付いているとポットを傾けてもフタが落ちないので、とても安心です。

 

蝶番のないものでは、うっかりぴゅっと外れて、ドリッパーに直撃することもあるかもしれませんが、その心配がいらないですし、片手が絶えずフリーになるので、とても便利です。

 

ドリップポットには、この蝶番が付いているモノを僕はオススメしています。

 

 

 

そして軽量のものを

 

御家庭でドリップをするときは連続して、ドリップをすることはあまり少ないとは思いますが、ドリップポットが重いタイプのものですと、特に連続してドリップを行わないといけない場合、それで腱鞘炎になる方を多く見てきました。

 

若い人は若さがあるので、そんなに気にならないことかもしれませんが、歳を重ねてくると些細なことで筋肉痛になったりしますので、御家庭でも出来れば軽い素材を使用した、軽いタイプのドリップポットを僕はオススメしています。

 

お湯が入る量も700mlくらいでちょうど良いかと思います。
2杯分をドリップする場合ならお湯は8分目くらいに入れれば、十分に足ります。

 

3杯分ドリップするときは継ぎ足しになりますが、お湯の量が沢山入るタイプだと、お湯を沢山入れて回すと思いますので、先ほど書いた通り腕が腱鞘炎になる可能性が、非常に高くなります。

 

ですので、軽量のタイプ、お湯の量は700mlくらいのドリップポットを選び使用するのが良い、と自分の経験から思っております。

 

ドリップポットを買い換えたり、新しく買おうと思っている方は参考にしてもらえれば、と思って書きました。

 

以上、ドリップポットは軽いタイプが良いのお話でした。

 

焙煎機のメンテナンス頑張ります!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆の販売で、豆と粉 どっちで買っていく人が多いの?

島珈琲は2017年の春3月29日で、開業してから15年を迎えます。 岡町本店でスタートして、最初は

記事を読む

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分けて、メニューを構成しています

記事を読む

プロが見る!おうちで美味しくコーヒーを飲むために1番大切なことは何?

先日、たこ焼きを買い娘へのお土産にしたところ、えらく喜び、先日から「父ちゃん たこ焼き買って来たの?

記事を読む

ブレンドとは何者?

僕の趣味は?というと、そんなの誰も聞かせて欲しくはないと思いますが、まぁ言わせてください。笑 趣味は

記事を読む

まぁるくなったなぁ

 一昨年に島珈琲に入団した デッティングコーヒーグラインダー内野手 切れ味抜群のカッティン

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

開封しなくても

前号ではお騒がせしてしまいました。 解決はしていないのですが、解決に向けていろいろネットで調べて、そ

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 今年分は明日から販売開始します!

携帯電話のキャリアの乗り換えしようと思ってます。 というか、もう乗り換えます。   ソフト

記事を読む

なぜコーヒー屋さんは、インスタントコーヒーを飲まないのか

プロローグ なぜ、コーヒー屋さんはインスタントコーヒーを飲まないのか?と、コーヒー屋さんと大きいく

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーシロップ無糖の味わいをチェックした

今日は娘の誕生日。 10年前の今日、朝5時半くらいに病院で待っていると

お盆期間中は定休日変わらず通常営業です

本日、8月8日は月曜日ですので高槻店・岡町本店共に定休日で僕のお休みで

1杯淹てより2杯淹ての方が安定する?

昨晩、家に帰る前にカミさんから、娘がサプライズを考えてるからね、とメー

コーヒー豆は見た目で銘柄がわかるのか

人間50年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり 一度生を得て滅せぬ

コーヒーの味をつくる焙煎機のダンパー

さぁ今日のブログのテーマは何しよ、とスマホの写真アルバムを見ていると、

→もっと見る

PAGE TOP ↑