*

同じ条件でやっても、同じ味わいにならない理由

昨日のブログをツィッターでリンクし、ツィートをしたところ、沢山のリツィートやいいねを頂けました。

 

 


なんだかとっても嬉しい気持ちです。
こうして勇気をもらっているんだぁなぁなんて改めて思いました、感謝です。

 

今年は島珈琲社会貢献部をどんどん動かして行こうと、胸に想いを秘めております。
秘めてないか、こうして公開してるもんね。

 

さてさてこれとは別に、3月にはもう1回コーヒー講座をします。
高槻市五領公民館でのそれです。

 

こちらのコーヒー講座の打ち合わせを先日、公民館の担当者の方とお話ししたのですが、そのときにその方が興味を示したことがあったので(もちろんそれだけではありませんが)、それを今回は書いていきますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

同じ条件でやっても、同じ味わいにならない理由

 

僕がブログやツィッターなどで、いろいろ技術的なことを公開していることに話題が及びました。

 

それで僕が
「同じ条件で同じ道具を使い、同じ様にやっても、人によって出来上がる味わいは違うのです。ですので、たとえそのことを真似されたとしても、僕がしたものとは違うものなんです。だから堂々と公開しているんですよ。」

 

こうしたことをお話すると、担当の方は「なるほど」と言う目をされていました。

 

焙煎でもそうなんです。
実際、僕もそれを体験しました、どうして同じ様にやっているのに同じにならないのだろう、と考えた時期がありました。

 

ドリップもそうなんです。
奥さんが淹れるのと、僕が淹れるのでは、同じコーヒー、同じ器具、同じポット、同じお湯でドリップしたとしても結構はっきり違うものなんですね。

 

その理由はなぜ?

 

ちょっと気障に言えば作る味わいも、生きてきた人生観とか、人間性、それから好みなどが反映されるからなんです。

もちろん技術的なことがそれなりに出来るようになれば、という大前提のお話になります。

 

僕はどちらかというとサラッとした味わいが好きなんで、コーヒーも知らず知らず自分の好みの味作りになっていくのですね。
チャーハンを同じ材料を用意して作ったとしても、人によって違うじゃないですか。

 

同じ人でも気分や体調によって、作る味わいが変化もしますよね。

 

目標としている味わいに、同じようになるように近づく努力は必要ですが、まったく同じにはならないし、同じにならないことこそがその人の作る個性なんですね。

 

なので同じじゃないのです。

よく観察してみると作り手の性格とかでているようにも思えますよ、その味わいに。

 

人によって違うのが個性。
同じを目指すのではなく「あなたの個性の味わい」を大事にしてもらえたらなぁなんて思っております。

 

以上、同じ条件でやっても、同じ味わいにならない理由のお話でした。

 

それでは。

 

厳しい寒さ続いていますので、どうぞお気を付けて。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どうして食後にコーヒーが欲しくなってしまうのか

プロローグ 朝ご飯の時はパンと一緒にコーヒーを口にしたりしますが、お昼や夜は食後にコーヒーが欲しく

記事を読む

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌

記事を読む

820ブレンド カフェラテ

  820ブレンド カフェラテ 黄金比8:2 牛乳8に対してカフェラテ小町2で割ると とっ

記事を読む

ジャストミート!

 コーヒー屋なので たまにはコーヒーの話を 島珈琲では 扱っているコーヒーはだいたい決まっ

記事を読む

「島さんのコーヒーは手挽きミルで挽くとすごく軽いですね。」の謎にせまる

プロローグ 別名ゴリゴリと呼ばれている手挽きミル。手挽きの良いところは、手作り感があるとこ。1杯1

記事を読む

あほやなぁ テレビの取材断ってしまったー

先日、テレビ東京さんから電話があって取材について、2,3聞きたいことがあるのですが、と電話先からその

記事を読む

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて思っている僕です。 &n

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

回帰して、そしてまた巡る

先日、島珈琲のホームページをスマホ対応のフレキシブルなんとかにする相談を、もう10年以上のお付き合い

記事を読む

コーヒーの焙煎はどれくらいの時間をかけてしているの?

昨日1月6日は、12月20日から休みなしの連勤になっていましたので、臨時休業を頂戴して娘との時間と心

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
6/19(火) 6/20(水) 高槻店は臨時休業します!

いつもありがとうございます。 表題の通り、6月19日火曜日と6月20

ドリップコーヒー 季節によって変わることってある?

6月19日火曜日、6月20日水曜日、この両日は高槻店臨時休業となります

コーヒー豆の鮮度は、コーヒーの「美味しい」の何番目?

家のテレビは娘の見たいものが優先。   僕は特に

お客さん目線になるということは、どういうことか

「焙煎アーティスト」とは何かの資格ではなく、登録商標したものなんですね

コーヒーにナッツの香りってあるの?

昨日、島珈琲のホームページが刷新されました。 スマホ対応になりまして

→もっと見る

PAGE TOP ↑