*

変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。

 

消費税負担のお願い(実施時期 2018年2月1日より)
http://blog1.shima-coffee.com/?p=17264

 

2018年2月1日よりインターネットによるWEBからの通信販売のご注文は、8%の税率を外税にて加算された金額を、ご請求という方針に変更致します。

 

ほんとうに申し訳ない気持ちで一杯ですが、ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、焙煎方法にちょっと手を加えてみたのです。
高槻店の焙煎機と岡町本店の焙煎機はメーカーとタイプは同じですが、仕様がちょっと違うのですね。

 

岡町本店は岡町本店の焙煎機での使い方。
同じく高槻店は高槻店の焙煎機の使い方、それぞれ違う方法で焙煎しています。

 

で、ふとお風呂入っているときか、布団の中でかは忘れましたが、高槻店の焙煎機の焙煎方法をこうしたらどうなるだろう?と頭に浮かんだのですね。

 

すぐにやってみました。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

 

 

 

高槻店の焙煎機はスポーツカーに似ているかな

 

今まで5年間、焙煎方法を細かい調整はしてきましたが、基本的な操作は変えてきませんでした。

 

高槻店の焙煎機は、通常タイプの火力は2.2倍。
焙煎機の釜と言われる、コーヒー豆を撹拌して熱を与える場所ですが、通常はこれは鉄製で、高槻店は違うステンレス製のものを採用。

 

鉄製のモノと違い、熱の伝わり方が違ってくるのですね。

 

まるでスポーツカーのようにレスポンスがホントに良くて、ちょっと変化を付けるだけで、味わいにすぐに分かるほどの結果を残してくれるのです。

 

ですので、操作を大きく変化させることは、味わいを大きく変化さすことに繋がるので、手を付けにくかったわけなのです。

 

でも変化を望むときは、思い切った方が良いのですね。

 

思いついたことをやってみた

 

失敗しない自信はありました、これは直感でしたね。
でもどんな感じになるか、その方法を実際に試してみないとわからない、素直にそう思ってました。

 

そしてやってみると。

今まで補いたい味わいの部分があったのですが、それを見事埋めることができたのですね。

 

その時々によって使い分けることになりますが、特に深焙煎(深煎り)のコーヒーは更にコクと深みを増した、そう感じています。

 

どんなことでもそうですが、何か変化を望むときは小さく、ではなく、大きくそして思い切ってやってみた方がかえってよい結果を生み出すことが多い、今回も含め過去の経験からそう思ってます。

 

パワーアップした味わい。
きっと言わないと気づかないレベルのことですが、それでもそれでお客さんの笑顔をが増えるかなと想像すると、嬉しくなりますね。

 

探求というのは一生続きますね、一生勉強、一生追求、山のてっぺんだと思ったらそこで、また山のてっぺんが見える、この繰り返し。

 

笑顔になるコーヒーを追求し続けますね。

それでは、変化を望むときは、思い切りが大事、そんなお話でした。

 

コーヒーで温まってくださいね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎アーティストレター

毎月 ニュースレターを発行していて来月11月VOL4がおかげさまで発行となりますだいたい月の真ん中あ

記事を読む

僕はどうしてコーヒー焙煎屋を選んだのか

先日、娘に「お父ちゃんはなんでコーヒー屋さんになったの?」と聞かれました。 もうそんな質問をしてく

記事を読む

焙煎アーティストだって焙煎を失敗する時はある

プロローグ 島珈琲を開業したのが2002年ですので、14年が経ち15年目に入っています。 &

記事を読む

焙煎による違いって何?焙煎でどんな味を作っているのか

プロローグ コーヒーの味わいはまず原料によって違います。ブラジル・コロンビア・グァテマラ・・・。国

記事を読む

島珈琲社会貢献部より3つのお知らせ

最近 娘に見える場所で 僕が シャドウピッチングやシャドウバッティングをしていると なぜか ケタ

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

なるほどがいっぱい カンカンセミナーに行って来ました!

TANPAN COFFEEがいよいよ昨日スタートしました。 受付のスタートを聞いてなかったので(笑

記事を読む

お客さん目線になるということは、どういうことか

「焙煎アーティスト」とは何かの資格ではなく、登録商標したものなんですね。  

記事を読む

アイスコーヒーを濃い味にしたい時の3つのポイント

プロローグ さて、関西は梅雨明けし本格的な夏、本格的なアイスコーヒーの季節を迎えました。 ボンジ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑