*

カフェにおけるコーヒーマシンとハンドドリップの抽出、どっちが美味しいの?

最近、ありがたいことにカフェやレストランで使うコーヒーを島珈琲のコーヒー豆で、と言って下さるシェフやオーナーさんが増えて、大変嬉しく思っております。

 

お客さんが美味しいって喜んでくれた、とのご報告をお聞きするととっても嬉しく思います。

 

喜んでもらえる、ということがなんと幸せなことか、いつも思っております。

 

さて、例えば開業するにあたっていろいろと相談されるわけですが、その時、実はコーヒーマシンを使ってコーヒーを提供したいと思ってるんだけど、島さんにそれを話したら機嫌悪くなるかなぁ~と思っている方が意外に多く、そんな機嫌なんて悪くなりませんよーと笑って返事をしております。

 

お店によっていろんなシチュエーションがあるかと思います。
それにそってマシンを導入するのか、それともハンドドリップでご提供するのか、そこは柔軟に考える事がベストと思ってます。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

カフェにおけるコーヒーマシンとハンドドリップの抽出、どっちが美味しいの?

どっちが美味しいか。

 

僕が思うに、最近のコーヒーマシンのレベルは本当に高くなったと思ってます。
個人的にはローソンにあるコーヒーマシン、あれはすごく高性能で僕が好きな味わいを作れそう、そんなコトをマシンを見て、そしてローソンのコンビニコーヒーを飲み感じていました。

 

マシンの価格はめっちゃ高いと思いますが、欲しいなぁと正直に思いましたね。

 

最近では旅館でもコーヒーマシンを置いて、フロントで料金を払い、次に紙コップを受取、そしてマシンにカップを置きボタンを押したら、ビビビーと粉を挽いてコーヒーを抽出し、お客さんがセルフでコーヒーを飲むシステムもよく見かけるようになりました。

 

そこで飲むコーヒーは、美味しいです。

 

島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているショップさんも、マシンを置いておられる店舗が沢山あります。

さぁ、では本題に入りましょう、マシンとハンドドリップのコーヒーどっちが美味しく出来るのか。

 

両方に良さがある!

またそんな平和的なこと言って、白黒はっきりさせたらいいじゃないか、そんな声も聞こえてきそうな(笑)感じがしますが、ほんとに最近のコーヒーマシンはかなり高性能になっています。

 

デロンギの家庭用でもそうですし、業務用もそうですし。

 

ハンドドリップには手の温もり、やドリップする人のクセが出たり、もちろんこだわりのやり方もあるでしょうけども、どっちにもどっちのよさがありますね。

 

究極の一杯を作るならハンドドリップ。
粗挽きにしたコーヒー豆を多く使い、ネルドリップで点滴のようにゆっくりと落とし、濃厚な一杯を楽しむ。
こうした特殊なやり方をでコーヒーを淹れるなら、ハンドドリップですよね。

 

安定した味わいを提供、かつできる限り人の手をかけずに淹れるならコーヒーマシン。

 

使い勝手やコスト、それからランニングコストなどのことを考えてどちらにするか。

 

どちらにもそれぞれの良さがあるし、どっちも美味しくできるのです。
というのが僕の見解でした。

 

それでは、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

わからんかったけど勉強しました!コーヒーギフトと熨斗(のし)

開業した当時は、コーヒーギフトのことなど頭の隅にもありませんでした。 なぜか? 包装紙の包み方が

記事を読む

コーヒー豆の脂ってナニ?というお話

長くブログを続けていると、ブログのタイトルを見つければその日のブログはもう書いたも同然、な感じになる

記事を読む

レギュラーコーヒーのレギュラーってどういう意味?

月曜日を一応ブログの定休日として設け、ほぼ毎日更新しております。 よくそんなネタがあるなぁ、と思わ

記事を読む

コーヒー焙煎に資格はあるのか、ないのか?

プロローグ 焙煎アーティスト島規之です、こんにちは。 焙煎アーティストのあの人ね、と最近どこかで

記事を読む

焙煎すると水分が飛び、コーヒー豆が軽くなる

くどいですが、本日10月31に日水曜日、11月1日木曜日は高槻店、ならびに通販における発送業務、受付

記事を読む

焙煎度合いで豆の大きさが違う・ドリップ時の感触が変わる

今日、早朝からコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎を岡町本店でするために、前日に岡町本店に荷物を運び、岡

記事を読む

コーヒー豆が焦げるって、どういうことなんやー!

昨晩、家に帰ると娘はリビングで寝ていました。 そのまま娘は朝まで夢の世界へ。  

記事を読む

秘密兵器1号

  秘密兵器ができました それも第1号です まだまだあるよ 新店のオープンにあわせて 完成

記事を読む

職人としての大切な心

 焙煎を論議すると百人いたら百人の考えがある けども 焙煎機がどうだ とか ダンパーの使い

記事を読む

香る!ドリップでアイスコーヒーを美味しくする「ちょっとしたコツ」

プロローグ 今日はバタバタしていまして、いつものようなしっかりとしたブログを書けそうにないのですが

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
2年後のその後 売店をしたいなという戯言

つまらないことでイラッとした。 つまらないことでイラッとした自分に、

ありがとうございます高槻店は6周年を迎えました

2012年11月21日に高槻店はオープンしました。  

フルシティとダークローストの違い

昨日は奥さんと結婚記念日のお祝いを、阪急高槻市駅最寄り、高槻センター街

ハンドドリップの正しいやり方  美味しく淹れる方法は?

日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業している僕です。

値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑