*

コーヒーはたててから どれくらいまでに飲んだらいいの?

公開日: : coffee

昨日 ご飯を食べながら 嫁さんが職場でこんなこと
聞かれたけども・・・と
コーヒーはたててからどれくらいまでに飲むべきなのか
こんにちは 週に1本はコーヒーのブログを書くと決め
先週から始めてます
その謎を答える島珈琲研究所のブログ 略して
今週のしまけんのコーヒーブログ さぁ行ってみましょう!
皆様 ご機嫌いかがでしょうか
さて コーヒーに関わらず何でもそうですが
お料理もできたてが一番美味しいのは 言うまでもないことです
どんなものでも 時間がないのでまとめて作って
レンジでチン というのも忙しい現代社会では
なくてはならない 調理法となりました
では コーヒーはまとめて作ったときのいろいろを
書きたいと思います
よくお店でヒーターの上でずっと保温しているのを
見かけたりしますが 基本 時間が経てば経つほど
煮詰まってきて嫌な味がでて美味しくなくなってきます 
ので 正直おすすめはできません
僕的にはヒーターでの保温は30分が限度かなぁと思います
沸かし直し 
冷めたコーヒーをもう一度温め直す時 ひとつ注意して頂きたいのが
お味噌汁と一緒で 沸騰させないことです
時間が経ち 風味が飛んでいるところに更に輪をかけて
風味を飛ばすことになるので 沸騰させないように注意してください
もし冷めたコーヒーで温かいカフェオレを作るのでしたら
ミルクだけ温め コーヒーをそのまま混ぜてほうが
得策だと思います
コーヒーは少々時間が経っても 特に悪いもの(からだの毒になるようなもの)は
発生しませんので ご安心ください
(そんな質問があったので一応お答えしておきます)
あとコーヒーは温かいときも美味しいですが
実はお米と一緒で 少し冷めた時にほんとうの美味しさが
味わえます それぞれの個性的な味や焙煎の良し悪し
冷めたときによくわかるので ちょっと頭に置いといてくださいね
補足として 上記のことからコーヒー屋の実力は
アイスコーヒーでよくわかるので 
アイスコーヒーが美味しかったら大丈夫と思ってください
僕は特に岡町本店で仕事しているときは 
朝たてたマグカップのコーヒーを
ゆっくり夕方までかけて飲んだりしています
温かいときのおいしさ ぬるくなったとき 完全に冷めたとき
その味の差をみながら ちびちび飲んでいます
それもけっこう楽しいですよ
コンビニがいい例ですが 一杯ずついれる というのが
これだけ普及すると 当たり前化していくと思いますし
やっぱりそれが美味しいから 大手さんもやっているわけなんですよね
やっぱり 面倒でもその時飲む分だけ コーヒーを作ってもらえたらいいなぁ
というのが 最後にコーヒー屋としての親心を言わせてもらって
今日のブログを終わらせたいと思います
ということで できるだけ飲む分だけつくる 
もし多く作ったときは
時間が経てば経つほど風味が飛ぶので(沸かし直しも含めて) 
なるべく早く飲むのがいいということです 
写真
うーん 参考になりましたか? 汗 

 

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーと味わいと体調のはなし

プロローグ 昨晩、キムチを食べながらふと思いだしたこと、今回はつらつらと。 僕はどちらかというと

記事を読む

コーヒーにも日本の東と西とで、味わいの好みは違うのか

最近、誤字脱字が多くてすみません。   パソコンでブログを書き、プレビューでチ

記事を読む

生産国の地域による味わいの違い

こう暑いとビールが進んでしまう僕です。 実はお酒が大好きです。   晩酌はビール、そしてお

記事を読む

ペーパードリップの時、ペーパーの違いで味わいの違いはあるのか、ないのか

プロローグ こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 ドリッパーの話から、次はペーパードリップの

記事を読む

こいつはすげぇ

 と 焙煎しながら思わずでた言葉 僕は焙煎止めのとき 時間 焙煎温度 色 豆の艶 豆のしわ

記事を読む

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ 僕は大阪の高槻で生活をしております。 大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会

記事を読む

教えて!おうちでコーヒーミルを使うときの注意点

先日、お客さんから相談がありました。   島珈琲でコーヒー豆を挽いてもらったも

記事を読む

コーヒーのブレンドの作り方は2種類あるんです。

プロローグ 大阪は暑くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか? 夏本番に向けて、リキッドア

記事を読む

コーヒー豆の裏作とか表作とかの話

まずはご連絡から。 6月の末に大阪の北港か南港かで、サミットが開催されます。   この期間

記事を読む

焙煎度の違いはこんなところにも現れる

最近、娘が「なんで星人」になっています。 なんかあるたびに、なんで?なんでそうなるの?なんで父ちゃ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑