*

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそうではなく、なんかバタバタしている僕です。

 

ドリップバッグとコーヒーシロップの仕込みを急遽することになり、発注から段取り、コーヒー生豆の取り寄せなどなど、ミスのないように用意を。

 

通販もお店も流れが良く、アップテンポでノリノリの僕です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

さて今回はお店でけっこう質問されることのひとつ、1日どれくらい焙煎してるの?についてです。
別に関係ないといえば関係ない話ですが、けっこう聞かれますので、書いていこうと思います。

 

続きをお楽しみ下さいね。

 

 

 

焙煎は朝派です

あくまでも島珈琲での話ですからね。

 

僕は基本的に朝に焙煎をします。
職人さんによっては、夜派、またお昼派といろいろです。

 

朝だから良いとか悪いではなく、焙煎をする時間帯は決めておいた方が僕は良いと思ってます。
日本には四季があり、1年を通じて気候の変化があります。

 

もちろんコーヒー焙煎も気候によって、操作に変化が必要になります。
ですので、朝昼晩のどこかに固定しといた方が、だいたいの季節の移り変わりや、気候の流れ、湿度や気温の変化などがキャッチしやすいので、僕は朝と決めてその流れを感覚で掴むようにしてきました。

 

さて、毎朝の焙煎量はというと、僕の焙煎機は1回に1.5キロから4キロのコーヒー生豆を投入できます。

人気のある豆、ブレンドでよく使う豆、などは頻繁にしますが、いわゆる個性派の豆で出が緩やかなのは、少ない量で小まめに焙煎します。

 

今朝は8回の焙煎で20キロ近いコーヒー豆を焙煎をしました。
だいたいいつも4回8~10キロ、少ないときは3キロくらいと案外、日によってまちまちです。

 

業務用卸しの発送や注文などは、オーダーの量が多いので焙煎量も増えます。
その日の発送分と、週の流れを見ながら、これくらいコーヒー豆が動くだろうな、という僕の勘を元に焙煎する量を前日に決めています。

 

大事なのは小まめにすること

同じ銘柄を、一気に沢山の量を焙煎するほうが何回もするよりも楽です。

 

でも切らさない程度に見積もって小まめに焙煎する。
できる最大の努力をして、鮮度を良い状態をお客さんにお渡しできるように、いつも考えながら焙煎しています。

 

何ってやっぱり、お客さんの美味しいとか癒されてますとか、そんな喜んでくれる笑顔が最大の報酬ですからね。

 

最近では月にコーヒー生豆300キロ近くの焙煎量に近づいてきました。

むかーし、昔は数字を目標にしていましたが、数字はあくまでも結果です。

喜んでもらう顔を見ることが、先ですからね。

 

そして毎日、大好きな焙煎をさせてもらえていること、ほんとうに感謝です。
焙煎の量とかに関わらず、そしてこだわらず、いつも愛情込めて焙煎することをこれからも誓います!

 

明日も誰かを僕のコーヒーで笑顔にできるのなら、それは僕にとって最大の喜びと幸せです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆が焦げるって、どういうことなんやー!

昨晩、家に帰ると娘はリビングで寝ていました。 そのまま娘は朝まで夢の世界へ。  

記事を読む

2月恒例!コーヒーシロップ無糖の仕込みがはじまるよ!

コーヒーシロップとは。 コーヒーシロップ1に対し4倍くらいの牛乳でわると美味しいミルクコーヒーがで

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

乾杯から愛を語る

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

僕がブログを始めた理由は○○だった

朝、目覚めると僕は黒い虫になっていた。   昨晩は奥様も娘もお疲れの様子、早く

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

接客力を上げるにはどうしたら良いですか?

接客力とは、文字通り接客における力、気づかい気配りですね。   接客力って本来

記事を読む

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を浮かべて「美味しいね、ありがと

記事を読む

島珈琲社会貢献部より3つのお知らせ

最近 娘に見える場所で 僕が シャドウピッチングやシャドウバッティングをしていると なぜか ケタ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑