*

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそうではなく、なんかバタバタしている僕です。

 

ドリップバッグとコーヒーシロップの仕込みを急遽することになり、発注から段取り、コーヒー生豆の取り寄せなどなど、ミスのないように用意を。

 

通販もお店も流れが良く、アップテンポでノリノリの僕です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

さて今回はお店でけっこう質問されることのひとつ、1日どれくらい焙煎してるの?についてです。
別に関係ないといえば関係ない話ですが、けっこう聞かれますので、書いていこうと思います。

 

続きをお楽しみ下さいね。

 

 

 

焙煎は朝派です

あくまでも島珈琲での話ですからね。

 

僕は基本的に朝に焙煎をします。
職人さんによっては、夜派、またお昼派といろいろです。

 

朝だから良いとか悪いではなく、焙煎をする時間帯は決めておいた方が僕は良いと思ってます。
日本には四季があり、1年を通じて気候の変化があります。

 

もちろんコーヒー焙煎も気候によって、操作に変化が必要になります。
ですので、朝昼晩のどこかに固定しといた方が、だいたいの季節の移り変わりや、気候の流れ、湿度や気温の変化などがキャッチしやすいので、僕は朝と決めてその流れを感覚で掴むようにしてきました。

 

さて、毎朝の焙煎量はというと、僕の焙煎機は1回に1.5キロから4キロのコーヒー生豆を投入できます。

人気のある豆、ブレンドでよく使う豆、などは頻繁にしますが、いわゆる個性派の豆で出が緩やかなのは、少ない量で小まめに焙煎します。

 

今朝は8回の焙煎で20キロ近いコーヒー豆を焙煎をしました。
だいたいいつも4回8~10キロ、少ないときは3キロくらいと案外、日によってまちまちです。

 

業務用卸しの発送や注文などは、オーダーの量が多いので焙煎量も増えます。
その日の発送分と、週の流れを見ながら、これくらいコーヒー豆が動くだろうな、という僕の勘を元に焙煎する量を前日に決めています。

 

大事なのは小まめにすること

同じ銘柄を、一気に沢山の量を焙煎するほうが何回もするよりも楽です。

 

でも切らさない程度に見積もって小まめに焙煎する。
できる最大の努力をして、鮮度を良い状態をお客さんにお渡しできるように、いつも考えながら焙煎しています。

 

何ってやっぱり、お客さんの美味しいとか癒されてますとか、そんな喜んでくれる笑顔が最大の報酬ですからね。

 

最近では月にコーヒー生豆300キロ近くの焙煎量に近づいてきました。

むかーし、昔は数字を目標にしていましたが、数字はあくまでも結果です。

喜んでもらう顔を見ることが、先ですからね。

 

そして毎日、大好きな焙煎をさせてもらえていること、ほんとうに感謝です。
焙煎の量とかに関わらず、そしてこだわらず、いつも愛情込めて焙煎することをこれからも誓います!

 

明日も誰かを僕のコーヒーで笑顔にできるのなら、それは僕にとって最大の喜びと幸せです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー焙煎はコーヒー豆の何を引き出しているのか

実はずっと体調が芳しくなく、市販の薬を飲みながら体調を整えようとしておりましたが、朝良くなって晩にま

記事を読む

島珈琲の美味しさは、焙煎機にも隠されている

美味しさとはトータルのモノで、たとえすごい原料を使って、すごい技術で美味しく出来たとしても、食べる環

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

お店を継続するのに日々意識していること

先日、お馴染みのお客さんが扁桃腺の手術をされて、その様子のお話を伺っておりました。 口の中からの手

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれま

記事を読む

今日の #島珈琲録

久しぶりに書くことが浮かばない。 困ったなぁ。   ブログは書きたいのだけど、今朝はいつも

記事を読む

もっとはやく気づいていれば・・・

プロローグ 僕がコーヒーのことをブログの記事として書くわけは、僕がコーヒーことが大好きなことと、ま

記事を読む

味覚も季節のよって多少変化するのをご存知ですか?

季節の変わり目ですね 季節の変わり目というと味覚も季節によって じゃっかんの変化があるのがご存知でし

記事を読む

なぜ僕は「美味しいコーヒー」を作りたいのか

なぜ、僕は美味しいコーヒーを作りたいのか、なぜ焙煎が大好きなのか。 ただ単にお金を得るための仕事か

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑