*

僕がハワイ島のコーヒー農園で得た大事なこころ

プロローグ

僕がハワイ島のコーヒー農園へ働きに行ったのは、2001年1月のこと。
ボランティアというカタチででした。

 

食住に関しては特にこちらで用意する事もなく、ちゃんと働けば食べる事も住む場所も困ることはありません。
田舎でしたので、遊ぶ場所は海くらいでお金もほとんど使うこともなく、ただただ農作業に明け暮れる日でした。

 

ハワイ島で印象だった食べ物はスパムおにぎりで、鮨ネタの様に焼いたスパムをご飯の上に載せ、ノリでくくるおにぎり。
日本に帰った時、友達に紹介し、仲間内ではとっても人気がありました。

 

実は日本ではあまりしないと思いますが、現地ではこのおにぎりに梅干しを入れたりするんですね。
斬新で懐かしい感じが交錯する味わいと記憶しています。
写真はスパムおにぎり、食べたくなってきたなぁ。笑

 

IMG_6304

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

現場の苦労が知りたかった

ほんとに「こんなチャンスは滅多にない!」とインターネットで募集要項を見た時思いました。
お店をやりたい、とこの時には思っていましたので、お店をすると農園で働くなんてかなり難しくなります。

だから今しかない、と15年前の今頃お店をオープンさせる前に応募しました。

 

ここで知りたかったのは、コーヒーがどうやって栽培されて、どうやって精製され、そして輸出されるのか。
見学だけではなく、実際に自分が体験したかった。

 

それは現場の苦労が知りたかったからです。
沢山のコーヒーの本で精製の一通りは説明されていますが、実際はどんなふうにされているのかは体験しないとわからない事です。

 

例えばコーヒーの実は手摘みしている、と書かれていても、そのコーヒーの実をとり続けていると手は荒れる、などはやったものしかわからない事なんですね。

 

コーヒーの実って手が荒れるんです。
手肌が弱い人はゴム手袋を付けて実をとっています。

IMG_0917

 

 

とにかく、農作業は大変だった

どんな仕事も大変ですが、農作業は生まれて初めてだったので大変でした。
トラクターの運転が下手で崖に突っ込みそうになったり、強風で倒れた木をチェーンソーでカットしてたら、木に刃がめり込んで取なくなったり、コーヒー以外の事も沢山経験しました。

 

植物を育てるのはほんとに大変で、収穫、それから精製、自然が相手なのでどうにもならない事が沢山ありました。
この時、農業を生業としている方々に尊敬の念を覚えました。

 

コーヒーは栽培から輸出まで、とにかく人の手を沢山必要とします。

この経験で僕は何を得たのか。
それは、これだけ人の手を使い、労力と時間をかけられたコーヒー豆。
多くのプロセスを通り、ここまで来たコーヒー豆を僕は大事に焙煎しよう、大事にお客様にお渡ししよう、そんな想いを、ハワイ島で得ました。

 

育てることがどんなに大変なのかを知っているからこそ、目の前のコーヒー豆を大事にしたい、そう思ってます。

 

エピローグ

もう15年も前になります。
この時期になるとあの風景を思いだします。

 

あの時に得た経験は今に生き、僕のコーヒー屋の原点にあるものです。
目の前のコーヒー豆を大事に焙煎する、そしてその大切な焙煎コーヒーを一番最後になるお客様へお渡しし、笑顔になってもらう、それが僕の原点。

 

もうすぐ14周年を迎えるにあたって、そんな事を振り返っていました。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

昨日 新規出店のご相談を受けて思った事

プロローグ 昨日は夕方に新規出店のご相談を受けました。喫茶店をされたいということでご相談です。

記事を読む

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

コーヒーシロップ純情物語

プロローグ 明日、今年2回目のコーヒーシロップ無糖の252本分の仕込み焙煎をします。それがどうやっ

記事を読む

1日どれくらいのコーヒー豆の焙煎をしているの?

プロローグ 朝、高槻店や岡町本店に到着すると、まず一番初めに行うのは神棚の水を取り替え、手を合わし

記事を読む

迷いは人を成長させる

僕には2つの標語にしている言葉があります。   ・商は笑なり ・やるなら決め

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

味覚も季節のよって多少変化するのをご存知ですか?

季節の変わり目ですね 季節の変わり目というと味覚も季節によって じゃっかんの変化があるのがご存知でし

記事を読む

なるほどがいっぱい カンカンセミナーに行って来ました!

TANPAN COFFEEがいよいよ昨日スタートしました。 受付のスタートを聞いてなかったので(笑

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
6/19(火) 6/20(水) 高槻店は臨時休業します!

いつもありがとうございます。 表題の通り、6月19日火曜日と6月20

ドリップコーヒー 季節によって変わることってある?

6月19日火曜日、6月20日水曜日、この両日は高槻店臨時休業となります

コーヒー豆の鮮度は、コーヒーの「美味しい」の何番目?

家のテレビは娘の見たいものが優先。   僕は特に

お客さん目線になるということは、どういうことか

「焙煎アーティスト」とは何かの資格ではなく、登録商標したものなんですね

コーヒーにナッツの香りってあるの?

昨日、島珈琲のホームページが刷新されました。 スマホ対応になりまして

→もっと見る

PAGE TOP ↑