*

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。
午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは家族で実家に行き、両親と晩ご飯を一緒しました。

 

おじいちゃんとおばあちゃんとお話したり遊んだり、その光景はほのぼのしていて、ゴールデンウィーク目の前にしてお店は繁忙期となりますので、そのための心の充電をしっかりできました。

 

連休は娘に寂しい思いをさせて申し訳ない気持ちもありますが、頑張りどころなので、笑顔で張り切りたいと思っています。

 

皆さんはGW、いかがお過ごしになられますか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

グァテマラコーヒーの魅力とは

コーヒーは赤道を中心として北緯・南緯25度のこのラインをコーヒーベルトと呼ばれています。
このコーヒーベルトの中にある国がコーヒーの生産国として、世界中にコーヒーという飲み物の原料を育て、精製して、輸出してくれています。

 

さてたくさんの生産地がありますが、個人的にとりわけ大好きな生産国のコーヒーは、そうです、グァテマラです。
初めてグァテマラコーヒーを口に含んだとき、その複雑な味わいが僕を虜にしてしまいました。

 

グァテマラ国の歴史なども勉強したりし、コーヒーだけではない、そのグァテマラの文化も少し頭に入れました。

 

グァテマラコーヒーが美味しい理由の一つとしては、生産国のその地形と風土。

 

 

国土は日本の3分の1程度で、その狭い国土に30を超す火山を抱えるため火山灰土壌に恵まれ、高原地の肥沃(ひよく)な土地と温暖な気温が相まってきわめて良質なコーヒーが作られる。引用 コーヒーを科学する 伊藤博著

 

 

肥沃とは土地が肥えていて、農作物がよくできることの意味です。

 

コーヒーを栽培するにあたって好条件が揃っており、魅力のあるコーヒーはこうした好条件によって育まているということなんですね。

 

次に味わいの魅力とは

このコーヒーの味わいの魅力は、なんといっても複雑な香味。
上品で香りがあり、飲んだ後、口の中になんとも甘みと綺麗な味わいがいつまでも残っている、そんな感じです。

 

香味をいろんなもので表現できるのですが、僕が1つだけ上げるならフローラル、やんわりと花のような味わい(香り)をもキャッチできるのですね。

 

もちろん、グァテマラ国の中でコーヒーの産地はいくつかの地区があり、その地区によってまた味わいが異なるのですが、上品で香りが良い、そして力強いくて優しい、この味わいはどの地区にも共通していると感じています。

 

島珈琲では深焙煎一本ですが、中焙煎で仕上げても酸味があり美味しいです。

 

もう少しするとグァテマラの新年度のコーヒーがぼちぼち入港してくる時期です。
今年はどんな香味と出会えるのか、毎年この時期が楽しみでなりません。

 

おっ!と驚くような出会いがありましたら、またこちらでお知らせしますね。

それでは、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

新規立ち上げ カフェ会議

関西のお中元の時期は もともと7月15日から8月15日の 間となっています 近年早くなってる傾向です

記事を読む

焙煎を数字で説明した!中焙煎・深焙煎はつまりコーヒー豆の温度差

プロローグ 先日、お客様に中焙煎と深焙煎は温度でいうと10℃の差なんです、とお話をしていたら「知ら

記事を読む

好みのコーヒー豆の探し方

プロローグ コーヒーには沢山の種類があって、どれが、どんな味わいをしているのか、を例えばお店で言葉

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

ぼく うれしがりですねん

  高槻氷室町にある 有名なパン屋さん ROUTE271さんがこなあいだ発売された サヴィ

記事を読む

やっぱ新しいほうが美味しいねん

プロローグ 今朝 上宮天満宮にお詣りし 神棚にあった去年のお札をお返しし新しいお札を頂きに行き

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

ペーパードリップの「蒸らし」が上手く出来ない!そんな貴方に贈るちょっとしたコツ

プロローグ 奥様に「コーヒーでなんか疑問に思う事ない~?」と、何気なくブログネタが欲しくて聞いてみ

記事を読む

ドリップをしていていつもと違う!その原因は何?

プロローグ このブログはお客さまに質問を受けたことを取り上げることが多いです。その場だとどうしても

記事を読む

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘が「お母さん、何かお手伝いしま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑