*

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

昨日は娘の幼稚園の入園式でした。
年中さんで、今日から幼稚園がスタート。

 

しばらくは午前中の2時半の間、幼稚園で遊んだり、歌ったり、お絵かきしたり。
どんな風に成長していくのか、楽しみでなりません。

 

理不尽なことや、納得できないことも体験していくのだろうけども、そんな中で少しずつ勇気とか優しさとか人と人とのつながりで得られるものを積み重ねていって欲しいなぁなんて思っております。

 

成長を楽しみながら見守りたい、そんなことを想いながら園にある満開の桜の木を眺めていました。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

今回は個人的に思っていることを書き述べたいと思います。

 

コーヒーを淹れ、カップに注ぐまで過程の中で僕が個人的にここが難しいんだよなぁと思うところとは。
どこだと思いますか?

 

ドリップのやり方?保存方法?焙煎?うーんどれかな。

 

はい、それはですね意外かもしれませんが、ミルです。
グラインドとも言われますが、粉にするときの味わいの調節です。

 

コーヒーミル、コーヒーグラインダーとも呼ばれますが、このミルのメーカーによって性能も違うわけで、ミルには番数、目盛りですね、があるのですけど、それも共通ではありませんし、内蔵されるミルの刃の質や形状でも同じ焙煎、同じコーヒー豆でも味わいは違ってきます。

 

一度、その目盛りを固定してしまえば、その後は楽ちんですが、その固定するまでの「調べ」がけっこう時間を要するのです。

 

味わいを決める挽き方

一般的に目盛りの数が少なくなる、つまり1に近づけば粉は細かくなります。
逆に数字が大きくなると、粉は粗くなっていきます。

 

 

これは万国共通だと思います。

 

で真ん中、例えばミルの調節が10番まであって、5番の目盛りが中挽きになるのかというとそうではありません。

 

それも各メーカーによって違いがあり、調べてみないとわかりません。

新しくコーヒーミルを購入した際は、いちど適当な番数で粉にしてみてから、その粉の挽き具合を見て、番数の調整をしますが、粉を見ただけではわかりません。

 

なので、粉にしてはドリップし、味わいを確認しながらミルの挽き具合を決定していきます。

 

ここでややこしいのが、島珈琲のコーヒー豆、僕の焙煎する豆ですが、その豆と他店のコーヒー豆も同じミルの挽き具合でいいのか、というとそうではなく、お店によってベストの挽き方があるのでまた違うのですね。

 

コーヒーってほんとにデリケートでしょ。

ミルを買い換えたり、また微調節をしたときは調べ直しているんです。

 

今回の事は御家庭ではあまり関係のない話ですが、ミルによっても味わいが変わるということ覚えておいてくださいね。

 

それでは今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

豆での購入は香りをより楽しめる?

えっ?と思われるかもしれませんが、家にはネットを引いていません。   お店のネット環境は充

記事を読む

ハンドドリップをするときに上手にできる立ち位置を考えた

あなたは右利きですか、左利きですか? 僕は右利きなんですが、たぶん左利きだと思うのです。 &

記事を読む

いつもコーヒーの味が違うんだけど、いれ方が悪いのかなぁと思うあなたへ

プロローグ 今年はほんとに気候が不安定ですね。 お身体の調子、崩されていませんか?朝晩まだまだ肌

記事を読む

カフェ出店のご相談がありました 最近多いので参考点をちょい書きました

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   だいたい1年に数件 カフェや喫茶

記事を読む

プロでもびっくりするようなお客様がいるんです

朝6時頃 店に向かうため自転車のペダルをこぎながら 街には醤油を焦がしたような甘いにおいが漂う そう

記事を読む

俺が死ぬときはコーヒーに溺れて沈むときだ!

プロローグ コーヒーが好きです。 掘り下げるなら、コーヒーの焙煎が大好きです。 機械とにらめっ

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

こんな時はコーヒーをゆっくり時間をかけて飲もう

日曜日は日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業をしております。 換気扇を終日回し、換気の良い状態にし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
自分にこだわりすぎない

今、島家の日課は晩御飯を食べ終わり僕がお風呂から上がったあと、アマゾン

思考力を深める方法

本日は、月曜日で本来ならお休みですが、岡町本店に来ましてコーヒーシロッ

夢をかちとろう

日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店へ行きます。 高槻店で荷物を積み、自

変化をこわがらない

昨日は冷蔵庫の入れ替えでした。 19時から業者さんが来てくれて、今まで

結果が出るまで時間がかかるもの

そういう気質なんだと思うんだけど、僕は時間をかけて物事をなんとか軌道に

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑