*

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ

だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオープンして発送業務など終了してから、ブログの作成に取りかかります。

 

で、今日はさっきのさっきまでネタが浮かばず、奥の手でグーグルさんで「コーヒー 質問」で検索。

 

そうするといろんなQ&Aの検索結果が出て、そこから今日のブログのテーマを発見してきました。
けっこう一般的に知りたいと思われる事が出てきて参考になりますね。

 

テーマは探してきましたが、その答えからは僕の考えですからね。
答えまで持って帰っていませんからね(笑)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

「蒸らし」のコツ

ペーパーをドリッパーに敷き、粉を定量分セット。
そしてドリップ。
その時にコーヒーの粉を少しだけ湿らせ、数秒置くことを「蒸らし」といいます。

 

ドリップをされている方は知っている方が多いと思いますし、蒸らしは聞いたことがあると思います。

 

蒸らしをするコツは螺旋状にドリップし、お湯は粉を全体に湿らす最小限の量で。
粉を全体に湿らせて、出来れば下の受けポットやカップにその滴が落ちるか落ちないくらい。

 

それがベストですが、何十年とそれをしている僕でも結構ポタポタ落ちていますので、基準としてで、必ずそうならないといけない、ということはありませんのでご安心ください。

 

ただしジャージャーとこぼれるのは、出来るだけ避けて頂きたいなぁというのがコーヒー屋の親心です。

 

IMG_3567

 

 

なぜ「蒸らし」をするのか

人間のいうところの、運動をする前の準備体操みたいなものです。
運動もいきなり始めるより、体操をすることで身体をほぐし、温め、怪我を未然に防ぐ効果がありますよね。
その運動に対して持てる力を十分に発揮するために準備体操は行いますよね。

 

コーヒーの蒸らしもそれと同じで、コーヒーの持つ成分を十二分に発揮して貰うために行うものです。

 

コーヒー豆は顕微鏡などで見てみると繊維質の固まりです。

 

お湯を注ぐことで成分を抽出するわけですが、その成分をしっかりと抽出するために、蒸らしをすることでコーヒーの繊維質をほぐし、広げて、より良い成分を抽出するためのいわば準備体操なのです。

 

蒸らしをやらなくてもコーヒーの成分は抽出できますが、蒸らしをやると更に良い、ということになります。

 

エピローグ

基本的には「蒸らし」というのは、諸外国ではその考えはなく、日本独自の文化だと思います。
外国のコーヒー器具って蒸らしという機能を兼ね揃えてないものが多いです。

 

ただ日本のコーヒーの淹れ方も近年インターナショナルになってきましたので、徐々に「蒸らし」の文化も世界へ広がっているのはないか、と僕は見ています。

 

蒸らし、日本人らしい考えだなぁって思いませんか。

丁寧さとか美味しさへの追求心が生んだ行程ですね。

 

少しずつ涼しくなっている夏の終わり、蒸らしをちょっと丁寧にしてみてコーヒーを愉しむのも良いですね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップの「蒸らし」は、ほんまに必要なのか

僕がコーヒーに興味を持ちだして、専門書を買いあさり始めたのは、たぶん20歳前後の頃。 コーヒーの専

記事を読む

no image

できてきたぞぉー!

新しいホームページがほぼ完成の段階に入った はやりプロに頼むといい仕事をしてくれはるもんだ! あと少

記事を読む

深焙煎と中焙煎 同じグラムでも見た目の量が違うのはなぜ?

こんにちは!焙煎アーティスト 島規之です   昨日はお休みを頂き 家族と友人の

記事を読む

コーヒー豆を挽いてから、何日までに飲んだらいいの?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回も保存方法や鮮度の話を書きたいと思います。 コーヒーのたてか

記事を読む

カフェにおけるコーヒーマシンとハンドドリップの抽出、どっちが美味しいの?

最近、ありがたいことにカフェやレストランで使うコーヒーを島珈琲のコーヒー豆で、と言って下さるシェフや

記事を読む

同じコーヒー豆でもコーヒーミルによって味が変わるという摩訶不思議

コーヒーの醍醐味の一つ、コーヒー豆を粉にする。   御家庭でコーヒーを淹れる場

記事を読む

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー 何がどう違うの?

野球のピッチャーの球種で例えると、ブレンドコーヒーは変化球、ストレートコーヒーはまさしく直球ストレー

記事を読む

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。   スパーリングも

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。 連休前からのバタバタで疲れが出てしまったようです。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑