*

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから。

 

コーヒー生豆を熱で焙るだけの作業なんですが、それが奥深いというか、シンプルな作業だけに誤魔化しが効かないのですね、そこに面白さを感じています。

 

することがストレートに反応するというか、まっ、でも味わいの細かい所はやっている本人しか分からない程度の違いなので、自己満足にも近いところがあるのですが、本当に面白い作業が焙煎です。

 

もしかしたら意外と思っている方もおられるでしょうか、コーヒーを飲むのが好きだからと思いましたか?
飲むのも好きですが、僕の場合、美味しいコーヒーを作ることの方が上に行っております。
熱を操り、コーヒー豆の持つ良さを焙煎という作業で引き出す。

 

持っている以上のものは引き出せませんので、素材の良し悪しを見極める目、そして素材の持ち味を引き出すための技術、で持っている力の100パーセントを引き出せるように、蓄積した自分の経験からのデータを照らし合わせ、美味しさや香りを溢れるコーヒー豆に仕上げます。

 

それを誰かが、淹れたり飲んだりするときの喜んでいる顔を想像しながら、焙煎機と向き合っております。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

島珈琲のコーヒーは独特のすっきり感が持ち味

 

その持ち味を作り出しているのはなにか。
先日、このようなツィートをしました。

島珈琲高槻店の焙煎機の釜=シリンダーとも呼ばれているのですが、ステンレス製のものを採用しています。

 

多くは鉄製のものが多いのですが、ステンレス製と比べどんな違いがあるのかといいますと、鉄製よりもステンレス製の方が釜の蓄熱が少ないのですね。

 

釜から受ける熱を減らして、対流する熱で焙煎を進めていきます。
これが味わいをスッキリする理由の一つでもあります。

 

焙煎に興味のない人にもわかりやすく書いたつもりですが、コーヒー豆への熱の当て方で味わいが変わってくるということですね。

 

もちろん素材(原料)の良さもありますが、それをこのステンレス製のものでよりいっそう、スッキリで雑味のないコーヒー豆に仕上げているのですね。

 

車で例えたらスポーツカーのような感じ

 

アクセルを踏めば即反応するような、何をしてもレスポンスが良いのがこのステンレス製の焙煎機なんです。

 

火力を上げたり、排気風力をちょっと上げたりするだけで、味わいに影響を与えてしまうのですね。
なので、すごく面白いんです。

 

焙煎機の状態や気候の状態にあわせて、微調整を施すのですが、こうかなああかな、なんて考えているのが僕にとって最高に面白いのです、楽しいですね。

 

たぶん傍から見たら、焙煎機とにらめっこをしているだけにしか見えないのですが、本人は心の中でぶつくさとつぶやいているのです。(笑)

 

通常の焙煎機よりも火力は2倍とちょっとアップしていて、とっても力がある焙煎機。

 

僕にとって相棒ですね、いつもピカピカにして、僕の期待に応えてもらえるように大切にしております。
焙煎機は島珈琲と一心同体ですからね。

 

技術と心と愛、この3つで焙煎機を動かし、その焙煎機の特長を生かして、スッキリとした雑味のない香りあるコーヒーを作っております。

 

という、島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから、のお話でした。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をしていて面白いなと思うことは、自分

記事を読む

疲れているときは変わるコーヒーの味わい

大阪北部に地震があり、6月20日から7月15日までお休みなしのぶっ通しでお仕事でした。 &nb

記事を読む

今期も良いグァテマラ1年分、確保しましたよ!

島珈琲といえばグァテマラ。 と言われるくらい、かどうかは知りませんが、島珈琲の主力はグァテマラです

記事を読む

コーヒーの粉は密閉容器に入れてても冷凍保存

島珈琲では(姉妹店cafeBeを除く)、この10月からクレジットカード決済を始めました。 実は僕、自

記事を読む

なぜコーヒーに砂糖を入れるようになったのか

基本的に僕は、コーヒーをブラックで飲みますが、やっぱり疲れている時なんかは、生クリームと砂糖を入れた

記事を読む

二日酔いには コーヒーが効く!

プロローグ 昨夜は0時をオーバーする、いわゆる午前様まで飲んでいました。 障がいを持っている方の

記事を読む

この時期、コーヒー豆の保存はどうしたらいいか

昨日はお休みで、朝から実家に行ってきました。 娘のちょっと早い誕生パーティをおじいちゃんとおばあち

記事を読む

コーヒーの「美味しい」を作るのに一番大事なことは、焙煎機のメンテナンスと考えてます

昨日、家族の会話の何かの流れから、僕が寅さんの歌を歌ったのです。 どうせおいらはやくざなアニキ~わか

記事を読む

ブレンドの作り方 考え方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 高槻店での喫茶部門 夏のナ

記事を読む

違うふたり

 岡町本店にある焙煎機 高槻店にある焙煎機 同じ国産メーカーの焙煎機ですが どちらも違う微

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑