*

どうなるの?フレンチプレスでペーパードリップみたいに初め蒸らしてみた結果

プロローグ

最近「蒸らし」にはまっています。
というのも、こうしなければならない、という業界の当たり前の事に対し何も疑ってこなかったのですね。
ですから、それがどうして、なんの為にあるのか、そしてどうなるのか、をあまり考えてこなかったのです。

 

教科書をそのまま覚えていただけ、という事に今更ながらに気づきまして、いろいろとチャレンジしている次第です。
こうして書きながら、いろいろな事を試していくと技術的な事も含め、いろんな事を蓄積できるので非常にありがたいです。

 

ということで、今回はフレンチプレスでコーヒーを淹れる時、蒸らしをしてみるとどうなるか、試してみました。
貴方のハートには何が残るでしょうか。

IMG_0738

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

そもそも欧米の器具は「楽ちん」がベースにある

日本って、なんでも「道」したり、そこに哲学を加えたりするのが得意な民族だと僕は勝手に思ってます。
武士なら武士道、武術は武道、お茶なら茶道、ヤクザなら極道ってこれは関係ないな、コーヒーならコーヒー道。

 

欧米のコーヒー器具を見てみると、作り方が淹れ方がだいたい簡単に出来る仕組みになっています。
ペーパードリップでも日本みたい蒸らしたり、ぐるぐるしたりしないと思います。

 

欧米はいかに簡単に作るか、簡単にコーヒーを淹れるか、を追求しているように思います。(近年その傾向は、にわかに変わってきています)

 

日本はどうか?
僕は「技」そして行き着くところは「心」まで追求しているように思います。
ですから、作り方もコーヒーの淹れ方も独特なこだわりをみせているのではないか、そう考えています。

 

フレンチプレスはお湯をいれて3分経ったらギュッとしてジャー、でいいと思うのですが、ここで蒸らしというジャパニーズな思考をいれ、コーヒー道なるものを追求し、どんな味わいになるのか試してみる事にしました。

 

フレンチプレスで蒸らす

IMG_0734

 

IMG_0736

 

 

やり方はごくごく簡単です。
フレンチプレスに粉をセットして、粉全体を湿らす程度のお湯を注ぎ、30秒待ちました。
その後、お湯を定量まで注いで、待つ事3分、ギュッとしてそしてカップにジャーと注ぎました。

 

さて、お味の方は?
これはあんまり変わらないかなぁと思いましたが、やっぱり蒸らしをした方が味わいに厚みがつきました。
ペーパードリップの場合と同じ結果です。

 

蒸らした方が美味しいです。
但しちょっと変化が分かりにくいかと思います、でもオススメです。
今までのやり方で慣れている方は、ひと行程増えますが、お手間でなければ是非やってみてください。
ちょっとだけ「コク」が生まれます。

 

エピローグ

いやぁ、良い発見をしました。
ほんのちょっと手間は増えますが、是非フレンチプレスでも「蒸らし」をやってみてください。

 

ペーパードリップみたいにお湯の注ぎ方は気にせずオッケー。
粉を湿らす程度のお湯を注いだら大丈夫です、そして30秒後にいつものようにしてみて下さいね。

 

コーヒーって面白いですね。
今回も記事が、貴方の楽しいコーヒーライフにとって少しでも参考なりますように。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

HOT用 ICE用 のコーヒー豆 どれがいい?

プロローグ これもコーヒーセミナーの時に受けた質問です。HOT用 ICE用 それぞれにあうコーヒー

記事を読む

コーヒーは一杯、何cc なの?

プロローグ 僕は朝、早めにお店に来て焙煎をします。 早ければ6時くらいからスタートすることもあり

記事を読む

中焙煎に向く豆、深焙煎に向く豆

コーヒー豆が皆一緒かというと、ご存知の通り産地よって、また種によって違ってきます。 味わいもそうです

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

no image

手作りパン 手作り焼き菓子 or?

  まだ計画の段階ですが しまこーひーの手づくり製パン製菓部 少しずつゆっくりと歩を進め動

記事を読む

コーヒーの香りや美味しさはどこで決まるの?

昨日はバレンタインデーでした。 なんと娘が保育園でクッキーを僕に作ってくれたみたいで、「父ちゃ

記事を読む

コーヒーシロップ無糖売り切れました!再販はら2021年2月上旬の予定です!

昨日はお休みでしたが午前中は、障がい者支援施設とコラボカフェ、cafeBeで月イチのミーティングでし

記事を読む

コンビニコーヒーとハンバーガーチェーン店のコーヒーを飲み比べて思ふこと

研究しているわけではないのですが、ふとコーヒーが飲みたくなればコンビニなどで飲むようになりました。

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届くご様子。 早速ツィートして

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
変化をこわがらない

昨日は冷蔵庫の入れ替えでした。 19時から業者さんが来てくれて、今まで

結果が出るまで時間がかかるもの

そういう気質なんだと思うんだけど、僕は時間をかけて物事をなんとか軌道に

いろいろ飲めるのも面白いですよね

明日は高槻店終了後、冷蔵庫の入れ替え作業です。 3月にドリップコーヒー

今期のマンデリンとコロンビアはごっつええで

コロンビアの銘柄が変わりました。 やっといつものコロンビア・ナリーニョ

娘がコーヒー屋やるいうてききません

昨日はお休みでしたが15時くらいまでは高槻店で仕事をして、その後、コラ

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑