*

僕のオススメのコーヒードリッパーはコーノ式の名門 円すいタイプです

プロローグ

今やコーヒーの器具も様々なものがあって、正直どれがいいのか?わからない方も多いようです。というかこんだけ多いとわからなくなって当然です!
僕たちコーヒー焙煎を職にしている人だって好みによりバラバラです。

 

ペーパードリップ、布ドリップ、金属フィルター系、フレンチプレスなどなど。
どれがいいではなく、どれが好みか?でお探し頂きたいのですが、好みを探すのもきっかけが必要かと思います。

 

そこで、今日は僕が大好きで愛している器具のご紹介をしたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

それは名門

僕がカフェBeや高槻店の喫茶でおだししているコーヒーはコーノ式円すいドリッパーで淹れています。この円すい式の特徴はというとドリッパーの先に大きな穴が開いてあり、そこにとがったペーパーがでる仕組みなっています。

IMG_7211

 

IMG_7212

 

これを開発された河野さんはネルドリップでつくる味わいをペーパードリップで再現できないか?というのが、確か開発の動機だったと思います。ネル(布)ドリップは注いだお湯はコーヒーの粉の層を通り、1点に集まります。

 

1点に集まることにより、お湯はコーヒーの粉の層を沢山通過することになりますので、美味しい成分がよくはいったコーヒーができることになります。

それをペーパードリップで再現した結果、円すいの形になった、ということなんですね。

 

この器具の味の特徴は?

一般的な3つ穴の台形のタイプと比較して飲んだときに、僕が感じたのはコーヒーの味がシャープになった。言い換えれば味わいにキレがあるということになるでしょうか。

 

僕が焙煎した同じ銘柄で比べた時、コーヒーで香りの出方がよくなった、この2つの印象が初めてコーノ式を使って飲んだときに強烈に残りました。それ以降いろいろな器具を試しながらも、このコーノ式は僕の定位置を他の器具に譲ることはありませんでした。

 

エピローグ

今ではコーヒーのコーノ式ではない円すいドリッパーも販売されています。ハリオさんからでしたね。形はほぼ同じなので、コーノ式とハリオさんの違いは、たぶんメーカーの違いだけなんだと思います。僕はずっと使っているコーノ式の方がなじみがあって好きなので、こちらを選んでいます。

 

以上、僕の好みのコーヒー器具の話でした。器具選びに参考にしてくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

島珈琲の一番人気の銘柄は?

本日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店にて店頭に立ちコーヒー豆の焙煎、そして販売をしております。

記事を読む

コーヒーを夜飲むと眠れなくなるのは、本当か

プロローグ あなたは1日コーヒーを何杯飲みますか? 僕はだいたいお店で3杯くらい、家では夜に食後

記事を読む

まとめて買うのがよいか こまめに買うのがよいのか どっちだ?

プロローグ 「これからのビジネススタイルは好きなこと(もの)と好きなこと(もの)を足してあなただけ

記事を読む

ばっちぐー

 たぶん死語であろう「ばっちぐー」 今日 コーヒーシロップにする焙煎豆の味見をしたら 開口

記事を読む

ブログを書き続けることは 何かメリットあるのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 嫁さんとカフェをしながら表

記事を読む

毎日注油

このゴールデンウイーク期間中はとってもお客さんが多く、沢山のコーヒー豆を焙煎させてもらっています。

記事を読む

コーヒーのプロですが、家ではコーヒーメーカーで淹れて飲んでいます

朝型か夜型か、と問われると朝型人間です。 徹夜とかもうできません。   したがってコーヒー

記事を読む

道具は大事にするからこそ 最高のパフォーマンスを見せてくれる

プロローグ 昔から磨くことが好きで いや磨いて輝きをみるのが好きなのかなぁ 小学生の頃は自転車 青

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

持っていて重宝する道具

昨日、コーヒー豆を買いにいらしたお客さんとお話してたんです。 昨今、えっ?と思う事故、痛ましい事件が

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑