*

何が一番しんどいっかって

公開日: : 感謝!!

 

たぶん 続けていくこと だと思う
島珈琲はおかげ様で来年3月で10周年というアニバーサリーを
お迎えすることができました
ほんとにお客様の支えがあったからこそ だと
そして よくここまでこれたなぁ と自分でも思っている
結婚して家族に支えられ そして支えていくので
自営業を続けていく不安というのも更に大きくもなるけど
がんばらなあかんし まだまだコーヒーを追求したい
再来年 高槻でコーヒー豆屋の出店を考え
岡町のお店の方はどうするのか よく聞かれますが
大丈夫です 継続させます
ビジネスで考えれば 岡町のお店を閉めてしまい
次の新店に全力をつくすべきだと思うけども
ほんとにつらく厳しいときに この岡町のお客様は
僕に手を差伸べ続けてくれました
岡町のお店を閉めることは
お客様が一番 お客様が大切 と掲げている
自分の生き方に背くことになるんじゃないか そう思う
自分が自分の仕事に対し ストイックになれるのも
お客様のことを思うからこそ だと思う
ほんの些細な事でも続けていけば それは大きな力になる
「継続は力なり」ということばの意味の重みは
続けていけばいくほど 増してくるんじゃないか
そんなことをおもう 今日この頃でした
じゃあねピース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

何が虜にするのか?

  僕の焙煎している風景を傍から見ていると  機械とにらめっこしているとしか見えないと思う

記事を読む

雨上がりの夜空に

 どうしたんだい HEY HEY BABY 7年間 愛用したシーラーが壊れてしまった あと

記事を読む

島珈琲の野望2017

親父は公務員でした。 コンピュータが好きで、まだあまり一般家庭にはない時にも僕の家には新しいパソコ

記事を読む

no image

6年ぶりのカット

 自分の髪は自分で切る 6年間 スキばさみで自分の髪をカットしてきた 先日 話をしたか

記事を読む

コインは投げられた

 裏とでるか 表とでるか 晴れになるか 雨になるか 明日はありがとう祭りの準備が夜遅くまで

記事を読む

完璧じゃない!島珈琲には1つの欠点があった

プロローグ 1つどころか、たぶんめちゃめちゃあると思います。笑 自分で思う欠点、なんだろう。

記事を読む

no image

毎日エブリデー

 ありがたい話です 忙しくさせてもらっています 毎日 月曜日に休養させて頂いたにも関わらず

記事を読む

no image

キープ スマイル♪

 今週もたくさんの笑顔でしたか? 笑顔でいることは難しいかもしれません 仕事で嫌なことがあ

記事を読む

ほこり

 昨日 チラシ作成の打ち合わせのため 姉と実家で待ち合せをし 打ち合わせをしながら ひょん

記事を読む

ランナーの本能

 というべきか マラソンをしていたのでどうしても仕事も同じように とにかく前へ進まないと気

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑