*

何が一番しんどいっかって

公開日: : 感謝!!

 

たぶん 続けていくこと だと思う
島珈琲はおかげ様で来年3月で10周年というアニバーサリーを
お迎えすることができました
ほんとにお客様の支えがあったからこそ だと
そして よくここまでこれたなぁ と自分でも思っている
結婚して家族に支えられ そして支えていくので
自営業を続けていく不安というのも更に大きくもなるけど
がんばらなあかんし まだまだコーヒーを追求したい
再来年 高槻でコーヒー豆屋の出店を考え
岡町のお店の方はどうするのか よく聞かれますが
大丈夫です 継続させます
ビジネスで考えれば 岡町のお店を閉めてしまい
次の新店に全力をつくすべきだと思うけども
ほんとにつらく厳しいときに この岡町のお客様は
僕に手を差伸べ続けてくれました
岡町のお店を閉めることは
お客様が一番 お客様が大切 と掲げている
自分の生き方に背くことになるんじゃないか そう思う
自分が自分の仕事に対し ストイックになれるのも
お客様のことを思うからこそ だと思う
ほんの些細な事でも続けていけば それは大きな力になる
「継続は力なり」ということばの意味の重みは
続けていけばいくほど 増してくるんじゃないか
そんなことをおもう 今日この頃でした
じゃあねピース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

まだわかりません!

 いつオープンですか と聞かれますが まだわかりません! かなり出来上がってきましたが 工

記事を読む

じいさん

 死んだ爺さんは 酔うと必ず戦争の話をしていた 鉄砲で胸を撃たれたが たまたまに胸ポケット

記事を読む

接客力を上げるにはどうしたら良いですか?

接客力とは、文字通り接客における力、気づかい気配りですね。   接客力って本来

記事を読む

no image

ほかほか

 ほかほかな一日でした 最近まで 自分の事を無口な人間と思っていたのですが ここんとこ よ

記事を読む

男は背中で語るもの

 というか どちらかというと背中というよりも  後ろ姿の話かもしれない 島珈琲高槻店の隣の

記事を読む

向上しようと思う気持ちが まず大事

プロローグ   先日 セミナーに行ってきまして随分と刺激を受けてきた こん

記事を読む

もうすぐ1000件・・・

 ということで ブログの記事がもうすぐ1000件になるジュゲムのブログにうつって たぶん3

記事を読む

no image

舌の位置

 歯医者に行くと 口を開けて治療している時 舌が治療の邪魔してないか 気になって仕方がない

記事を読む

no image

こんばんわっはっは

 気分はこんばんわっはっは 昨日 コーヒー教室のテキストに 「質問があったら気軽にメールし

記事を読む

no image

振り返って

 今まで何となく 自分の過去を直視することにためらいがあった 後ろを振り返らずに常に前へ前

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそう

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

→もっと見る

PAGE TOP ↑