*

やっぱり「好き」が大事のお話

公開日: : カフェオープンに参考になる話

日曜日は岡町本店での営業日です。
高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

 

日曜日は岡町本店まで車で移動し、岡町本店で1日コーヒー豆の販売をしております。

 

朝は6時過ぎには家をでて、帰ってくるのは夜11時くらい、1週間の最後の営業とあって身体も疲れたりすることもあります。

 

高槻店に統合したら楽だろうなぁなんて、時々思ったりしますが、ぶるるっ、そんなことはありませんよ、このまま日曜日だけの本店は続けますからね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

僕が日曜日だけのお店を続ける理由

2店舗の経営していてその労力を考えた時、それ相応の利益があるのかというと、計算したことないのでよくわからないですが、島珈琲の規模だと、ひょっとして1店舗の経営とさして変わらないかも知れません。

 

じゃぁ1店舗の方がええのんとちゃう、と思われますが、ここで今回のタイトルの話になってきます。

 

そうなんです、僕はこのお店、岡町本店が大好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

写真を見て頂いたらわかるように、店舗というより物置のようで、お店は決して綺麗な作りではありません。

 

もうオープンして15年になるので、結構いろんなところにガタがきています。
高槻店と比べれば店構えが全然違うので、高槻店から本店に来られたお客さんはびっくりされる方も、なかにはおられます。(笑)

 

日曜日だけでコーヒー豆の販売だけ。
ここでコーヒー豆をお買い求めに来るお客さんとほんの僅かな時間ですが、他愛のない話をしたり、世間話をしたり、そんなことが楽しくてしかたありません。

 

好きが一番

とにかくこの場所で、焙煎して、お客さんとつかのまの時間を過ごすことが大好きです。

 

お商売をしていて、これとっても大事だなぁって思うのですね。

 

数字が悪くなったりしたら、どうしても立地や場所など環境のせいして、問題を外に向けようとしますよね。

 

でも、もしそこが好きな場所なら、問題を外に向けず、この好きな場所でどうしたら続けられるか、を内に向けて、心底考えると思います、僕はそうでした。
だから僕は考えました、この好きな場所のお店でコーヒー豆の販売を続けたかったから。

 

岡町本店の立地は良いとは思いません。
でもくどいですが、この場所が好きで、ここに来るお客さんが大好きだと、続けて行こうと思えるのですね。

 

だから頑張ることができるのです。

 

そう意味では、お店の場所を選ぶとき、そこの場所を「好きになれるかどうか」ってのはとっても大事だと思うのです。

 

お店だけに関わらず、家でもなんでも場所が絡む時は、立地とか環境はちょっと置いといて、直感的に好きになれるかどうか、というのも良かったら頭の隅においてみてはどうでしょうか、という今回のお話でした。

 

好きって大事。

 

もちろん高槻店の場所も大好きですよ!

それではまた。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期になる、この月は閑散期になると

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

あなたのお店の口コミは目に見えてますか?

昨晩、布団に横になり三島由紀夫の「金閣寺」をおもむろに手にする。 全部読み切るつもりで手にしたわけ

記事を読む

自営業者として僕が大切にしてきたコト

ブログを書いている僕のパソコンのそばには、ドリップしたマンデリンコーヒーが香りを立ち上げています。

記事を読む

コーヒー屋さんというお商売にSNSは役に立つの?

先日から発売されている僕のコーヒー本。 沢山の方に手にとってもらいている様子、嬉しいです。

記事を読む

カフェ・コーヒー店、お店を出すのに、いくらくらいの予算がかかったの?

先日は中学時代の友だち、今日は高校時代の友だちがお店に来てくれて、なんかむちゃむちゃ嬉しい僕です。

記事を読む

コーヒー屋って儲かりますか?

プロローグ もうかりますか?と聞かれると自動的に、ぼちぼちでんな、とすり込まれているのは、なにわ商

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~接客編~

プロローグ 今日は小学校からの友だちが岡町本店に来てくれて、手を止め少しの時間、昔話に花を咲かせて

記事を読む

カフェオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~関係性つくり編~

プロローグ 土曜日は妄想ブログ、コーヒー戦国時代劇。日曜日はアドバイスブログと最近パターンをつくり

記事を読む

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談をお受けします。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

ブログを書くというリスク

高校生の時だったかな。 FMラジオから尾崎豊が唄うLOVE WAYが

→もっと見る

PAGE TOP ↑