*

春夏限定 コーヒーシロップ無糖2017販売スタートです!

島珈琲オリジナル、コーヒーシロップ無糖が今日から販売スタートです!
よろしくお願いしまーす!

 

と、売り込みのようなブログを書きたくないのですが、一番効果的にお知らせできるが、僕にとってこのブログなんです。

 

ブログのセッション、アクセス数みたいなものだと思うのですが、フェイスブックやツイッターそしてインスタグラムよりも一番見てくれる数が多いようですので、「もう販売してたのー、言ってよー!」とならないようにですね、とりあえずブログでお知らせさせてもらいますね。

 

今年もコーヒーシロップ無糖の焙煎はばっちりです。
ド・ストライクです。

 

今年も美味しいアイスコーヒーやカフェラテを作るのに役立ててくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

伝えたいことが終わってしまったので

今回はコーヒーシロップ無糖ができましたよーということがお知らせできれば良かったので、あとは何を書こうかな?と今も書きながら悩んでします。(笑)

 

じゃあ、これからのコーヒーについてのお話を少し。

 

高品質コーヒーと最近では呼ばれるようになりましたが、スペシャルティコーヒーという質の高いコーヒー。
これが世界的に人気で、今まで参入してなかった国がどんどん買い付けるようになり、世界的なコーヒーブームになっている、そんな事を肌で感じています。

 

ブームになれば、コーヒー豆がどんどん必要になるわけで、需要と供給のバランスはどうなるか、と言う疑問が湧くはずです。

 

さてどうなると思いますか?

 

世界的飲料のコーヒー、需要が年々増えております。
ですので、コーヒーの価格も上がることはあっても下がることはないと僕は見ています。

 

コーヒーの国際機構というものが存在しておりまして、現在、需要と供給に関しては供給が足りているが、いずれ近いうちに逆転するだろうという見解をだした、と聞いております。

 

テクノロジーも進化する

テクノロジーの進化は凄まじいですよね。
車の自動運転や空飛ぶドローンのタクシーの実験など、僕たちの知らないところでどんどん進化してますよね。

 

今ある全ての仕事がテクノロジーによって、ほとんどなくなるという説もあります。

 

それが20年後なのか30年後なのかわかりませんが、過去を照らしてみると携帯電話が普及してそしてスマートフォンというスーパーコンピュータを僕たちは日常で使うことが当たり前になりました。

 

当時では考えられないようなことが、どんどん現実になっているということですね、そしてすごいスピードで。

 

こういうことを踏まえて、僕はコーヒーの仕事をづっと続けていきたいですが、テクノロジーの発達などで時代は変化しざるをえない時もあると思います。

 

なので、大好きなコーヒーの仕事をずっとできるように、もうひとつ仕事を持っておく方が賢明だと考えます。
マーケティングの師匠 藤村正宏先生もこう言っていました。

 

仕事は2つ以上持っていた方が良いと。

 

こういうことから、僕は障がいをもっている方の何かお手伝いができる仕事を今年は力を入れていこうと思っています!
という決意表明的な締めになってしまいました。

 

去年からやるぞやるぞと言いながら、日々をこなすのに追われていましたが、今年はちょっと余裕がありそう。
なので、障がい福祉の仕事もここで「こんなことできましたー」とたくさん報告できるように頑張りますね、というお話でした。

 

いつもありがとうございます。

 

あっと、コーヒーシロップ無糖は通販もできますからね!
こちらから。

http://www.shima-coffee.com/qck-0007/

 

今月は2月26日 日曜日は高槻天神祭のため、岡町本店は2月26日日曜日は臨時休業します。

 

高槻店は2月26日日曜日 営業します。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

この粉の量 3日くらいで飲み干してしまうけど、それでも冷凍保存がいい?

昨日は島珈琲の通信販売ができるホームページのちょっとリニューアルのため、僕のサイトを制作してくれてい

記事を読む

焙煎アーティストがオススメするコーヒーメーカーとは?

「オススメのコーヒーメーカーはどれですか?」とよくお客様に聞かれますので 僕がオススメするコーヒーメ

記事を読む

ちょっとやってみて!ドリップコーヒーの為の小技集

プロローグ 私事ですが、今月自宅の引越をすることになりました。   奥様の夢

記事を読む

どれがいい?手挽きコーヒーミルの選び方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 昨日 お客様から手挽きミル どれがいいのか分からない

記事を読む

高品質コーヒーの味を一言で言うと たぶんこうだ!

プロローグ 昨日の喫茶のお客様が「美味しいコーヒーやわぁ、雑味がないなぁ」と嬉しい感想を独り言のよ

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

no image

ポインセチア 100個に囲まれてみませんか?

 今月23日30日のイベントでもう次のイベントの宣伝をする 高等テクニックで カフェBeの

記事を読む

こちら100万円のコーヒーミル。粉で買うか、豆で買うか、どっちが良いの?

プロローグ さて今回も質問コーナーです。 いやぁ助かります!笑 ブログネタに困りませんからね、

記事を読む

マグカップ1杯分に使うのコーヒーの粉の量を教えてください

よくそんなに毎日ブログのネタがあるね、と時々言われます。 僕もびっくりしてます(笑) &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑