*

ドリップするときのお湯の太さの違いで結果はどうなるの?

もうちょっとです。

僕のコーヒー本、まだかまだかと聞いてくださっている皆様に朗報です。
いよいよ原稿は最終チェックが済み、あともうちょっと、あともうちょっとで完成するようです。

 

ですので、もうちょっとだけお待ち下さいね。
期待してもらっていること、感謝です。

 

さて先日、自分のコーヒーをペーパードリップしていたのです。
で、インスタグラムに写真を投稿しようと思って、中途半端な姿勢でカメラを撮りながら、ドリップをしていたのです。

 

そうするとどうでしょう、出来上がった自分のコーヒーがめっちゃ薄かったのです。
ん?なんでや?と思ったのですが、カメラ撮りながらだったのでちょっといい加減になってしまったのですね。

 

その時に、お湯の太さでこんなことになるんだなぁと改めて感じたその時のお話。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

お湯の太さで味わいが変化する?

はい、変わります。
実際、その時はけっこう太めでハイペースでドリップしておりました、カメラに気を取られて。

 

ドリップするときはお湯を細くして淹れる、これが定石ですね。

 

なぜ細くなのか?
全体にお湯をかけるためですね、お湯が太いと全体にかける前にお湯の量が多くなり、ストップしないといけなくなりますからね。

 

ただし必ず細くないといけないのかというと、僕はそうだとは思っていません。

 

結局はどんな味わいにしたいかによって、ドリップにかかる時間をどれくらいにするか、が大事なんですね。
細くゆっくりすれば、抽出に時間がかかり濃いコーヒーが出来上がります、ですが出来上がりの温度はぬるいです。

 

逆に太く早ければ温かいですが、本来よりも薄い味のコーヒーが出来上がってしまいます。

 

島珈琲論では

僕のドリップするときのお湯の線は太めです。
細い、と言うと嘘になります。

 

 

 

ちょっと表現が捉えにくいかもしれませんが、粉の上にお湯を置くような感じなんですが、置きながら粉をお湯で優しく混ぜるような感じなんです。

 

太めでお湯をドリップしながら回す遠心力で、粉を少し回してあげるような・・・あくまでもイメージですが、お湯を注ぎながらそのお湯をマドラーのようにする感じです。

 

ただし優しくです。
実際に力を入れてこれをするとだめですので、イメージです、くどいですが。

 

お湯を粉に置くようにしながら混ぜるような感じ、しかも丁寧に優しく。

実際には上の写真の程度の太さですが、写真でも動画でもちょっと伝えづらくて残念です。

 

太すぎず細すぎず、これが僕のやり方です。
僕はどちらかというと抽出時間は早めで、あっさりしている味わいが好きなので、早く終わらせてそれを表現できるようにしています。

 

結局は好みの問題になりますのですが、

早くドリップ=お湯を太く=薄めになる
ゆっくりドリップ=お湯を細く=濃い目になる

 

この事を覚えてもらって、バランスを取りながら好きな味わいをドリップのスピードでも調整してもらえたら、コーヒーライフがまた楽しくなりますよね。

 

ちょっと意識してみてくださいね。
それでは、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーを美味しく飲むために、1番大事なこと

プロローグ 最近、同じような内容のことを書いているような気がするなぁなんて思っていますが、気にせず

記事を読む

家でコーヒーを楽しむとき、ミルクは何を使うべきか?

プロローグ 昨日、奥さんが用意したアイスコーヒーが美味しかったー。こんにちは 焙煎アーティスト島規

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

自家焙煎で独立して

 高槻に越してきてようやく1ヶ月が経ちました 「なれましたか?」 というお声かけをよく頂き

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今、僕は真田太平記を読んでいます。 12巻あるうちの6巻を終了し、7巻に入ったところ。 &n

記事を読む

家庭で使うコーヒーミルで注意すること

プロローグ 僕がコーヒー豆屋を開業したのは2002年の3月29日でした。 もうすぐ14年が経とう

記事を読む

グァテマラコーヒー 新しい銘柄にチェンジしました!

昨日は出来るだけ早く帰ろうと思っていましたが、なんやかんやと仕事がかさなり、いつもよりかは遅めの帰宅

記事を読む

冷凍して1年 そのコーヒーの粉でドリップした結果

今週から梅雨らしい気候になった高槻です。 気圧のせいか、何となく身体が重い、けだるい感じがするのは

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

→もっと見る

PAGE TOP ↑