*

1杯のコーヒーは3回の味わいを楽しむことができるのです

コーヒーの味わいが3回楽しめる?
つまり、ブラックコーヒー、ミルクを入れて、最後に砂糖を入れるってこと?

 

それも3回楽しめますね。
でも、今回ここで僕が言いたいことは違うんですわ。

 

高槻店のカウンターにある飾り棚にこんなポップを貼っています。

 

 

コーヒーはちょっと冷めた時 美味しさの本領を発揮する。

 

さてどういう事でしょうか。
同じ様なことを以前にも書きましたが、今の目線で書いていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

熱いとき、ぬるいとき 冷めたとき この3つ

コーヒーは温かい飲み物ですから、温かいうちに飲んでしまいたいですよね。
それはそれでいいんです、温かい時を楽しんでください。

 

コーヒーは温度によって味わいが変化するのですね。
今回はここだけでも良いので覚えておいてもらいたいのです。

 

なぜか?だって楽しみが増えるじゃないですか。

 

コーヒーの美味しさは温度によって楽しめることを覚えたら、よりコーヒーライフが良い時間になると思います。
ですので、次に飲む時はちょっと意識してみてくださいね。

 

さて熱いときのコーヒー。
ここで感じる味わいは優しく、コーヒーの表面から立ち上がる湯気と一緒に香りが運ばれてきますよね。
この熱いときの味わいもできれば記憶してもらえると、次のぬるくなった時の味わいが更に楽しめます。

 

ぬるいとき 冷めたときって美味しいの?

ここで美味しいと感じるコーヒーには条件があります。
・焙煎が良い。
・良い品質のコーヒー豆を使っている

 

とりあえずこの2点です。
冷めてくると味わいの欠点もよく見えるようになるのですね。

 

ですので、逆から言うと冷めてからも美味しいコーヒーこそが、ほんとうの美味しいコーヒーなんです。

 

ぬるくなった時、温かい時には見えない味わいが出てきます。
あれ?こんな爽やか味わい、温かい時には感じなかったなぁと思うものや、甘みなども。

 

フルーティなものや花やか味わいを感じることも。

そして冷めたとき、ここではチョコレートに似たような苦味や味わいを感じるかもしれません。

 

大事なことはちょっとだけ意識してみることなんです。

僕たちプロは、この3つの段階の味わいをチェックして、そのコーヒーの特徴を頭にたたきこみます。

 

例えば冷めた時にすんごく力を発揮するコーヒーなら、アイスコーヒー用のブレンドに使おうとか、いろいろ用途にも役立つわけです。

 

皆さんはプロではないのでそこまで考えないですよね、すみません。
例えば
読書しながらの長丁場にお付き合いするコーヒーなら、作りたての時、読書の一息に、そしてクライマックスに一口、その都度美味しさをちょっと見てみて下さい。

 

そうするとコーヒーの面白さがもっと広がると思います。

 

素敵なコーヒーライフ、おくってくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒー豆はぱくぱく食べられるのか?

プロローグ 今日は岡町本店からこんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 岡町本店はコーヒー

記事を読む

コーヒーは熱いときが美味しいとは限らない

僕の鍵はお店とかシャッターとか カフェBeとか家とかうじゃうじゃ沢山あるのですが 必ず家の前で 家の

記事を読む

これからのコーヒーの需要と供給を考えた

基本的に店頭のお客さんでの会話のやりとりは、まずは天候のお話からです。 無難なところから話を弾ませて

記事を読む

コーヒーの木

 すくすく育ってます! 実をつけるのはいつの日だろうか 今日はお疲れなので日記はこれまで

記事を読む

家ではプロペラミルとコーヒーメーカーです

本日は月曜日なので、岡町本店・高槻店は定休日。 僕自身の休養日となります。   ブログを書

記事を読む

コストが高くなってかまわないから、という夢みたいなオーダー

コショウの存在って面白いですよね。 単独で食べることはありませんが、料理には欠かせない存在。 &nb

記事を読む

ブレンド花 ~味わいの構成~

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。 朝、お店に来るとまず焙煎機のスイッチをオンに。 &nbs

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

粉の香りは細挽きより中挽きの方がいい?

昨晩、娘とカミさんがドラえもんの映画を観ていたので、僕はちょっと一人の時間をもらい、部屋にこもって音

記事を読む

コーヒーの抽出器具の手入れ洗い方はこうすると良い

プロローグ 昨日、朝日新聞の朝刊の大阪地域版に島珈琲を紹介した記事が載りました。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑