*

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か (続き)

プロローグ

さて、昨日の続きです。
昨日のブログで書いていくと長文になるので、2部にしました。
ブログのネタ、1日助かったよ-というのは、ちょっと本音の部分です。笑

 

昨日書いた記事はこちらです。
まだの方はこちらを読んでから、今回の続きをお楽しみください。

 

http://blog1.shima-coffee.com/?p=13870

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

そして円すい・コーノ式

そもそも円すい形のドリッパーは、珈琲サイフォン社の河野社長が開発したものでした。
今では特許が外れたのか、どうかなのは詳しく知りませんが、他メーカーも参入して円すい形ドリッパーも、複数のメーカーのものがあります。

 

僕はコーノ式と呼ばれる円すいドリッパーをずっと使っていますので、こちらでお話を進めていきます。

まず円すいは一般的なメリタやカリタと違い、ペーパーの形が違います。
ペーパーを折る箇所も1部分だけです。

写真上が円すいドリッパーの専用のペーパーです。

 

IMG_0543

 

ドリッパーの形が明らかに違いますが、決定的な違いはドリッパーからペーパーがでている事です。

底から見た写真で、右側が円すいです。

IMG_0545

拡大しますね。

 

IMG_0544

見えましたか?

ペーパーの先がでてますね。

 

前回の記事でお湯を注ぎ、その量によって圧力をかける事で、下に落ちるスピードをが変わり味わいの変化が生まれると書きました。

 

その作用が、メリタ・カリタ・円すいの3つのドリッパーの中でも一番影響があるタイプが円すいです。

 

つまり自由度があり、遊びが大きい

円すいは他の2つに比べ、お湯を注ぐスピードを変えると味わいに変化が出ます。
ゆっくりすれば、濃い目の味わいに。
ささっと速くしてしまえば、さらっとした味わいに。

 

同じ粉の量、お湯の量でも味わいを変えることが出来ます。
加えて、ペーパーの先が出ているという事は、出口であるお湯がそこに集中し、お湯がコーヒー層をよく通る仕組みになっており、カップに注がれたコーヒーは香りが良いと感じています。

 

3つの中で円すいドリッパーは、メリタ・カリタで少し慣れていないとちょっと難しいかもしれません。
ペーパードリップを初めてする方には、慣れるまで少し時間のかかる器具とも言えます。

 

エピローグ

3つの違いを簡単にまとめると、使いやすいのはメリタ・カリタ。
より遊びがあるのは、円すい形となります。

 

ちなみに僕はコーノ式の円すいドリッパーでのペーパードリップを、お店で採用しています。
どちらかというと、ささっと速くしてしまう方のタイプです。

 

器具によっていろんな味わいが楽しめるのも、コーヒーの楽しいところ。
参考になれば嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆はぱくぱく食べられるのか?

プロローグ 今日は岡町本店からこんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 岡町本店はコーヒー

記事を読む

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

世界で唯一のあなたギフト、そんなご提案です。

プロローグ 先日、何気なくコーヒーシロップのラベルを貼っていました。 島珈琲オリジナル・コー

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

職人としての大切な心

 焙煎を論議すると百人いたら百人の考えがある けども 焙煎機がどうだ とか ダンパーの使い

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆の用途は、アイスコーヒーだけなのか

プロローグ 島珈琲のメニュー表に、アイスコーヒーのブレンドというブレンドがあります。 これはドリ

記事を読む

コーヒー豆も、個人よりチームで力を発揮する豆がある

プロローグ 今回の記事は個人で力を発揮できるコーヒー豆もあれば、チームいわゆるブレンドですね、ブレ

記事を読む

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。 今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜け

記事を読む

さぁ美味しいカフェインレスコーヒーのこと 考えよう!

 昨日はお休みを頂きまして 朝は娘と嫁さんとで 高槻のハニワ公園で遊んできました 娘は落ち

記事を読む

美味しいの差は何?なぜコーヒー屋によって味わいが違うのか

プロローグ 大手コーヒーメーカーも含めて、同じモカなのに、同じブラジルなのに、同じコーヒーなのに、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの焙煎で、どんなふうに美味しさを作るのか

毎朝、焙煎を終えるとこんなツィートなどをしております。 &nbs

今後コーヒー豆の価格はどうなるの?

今後コーヒー豆の価格はどうなるのか、とまぁ僕も聞きたいところですが、今

店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでも

コンビニ100円コーヒーの存在は、どんな影響を与えたのか

コンビニのコーヒー、皆さんはよく飲まれますか? 僕は時々ですね、買い

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ

→もっと見る

PAGE TOP ↑