*

美味しいの差は何?なぜコーヒー屋によって味わいが違うのか

プロローグ

大手コーヒーメーカーも含めて、同じモカなのに、同じブラジルなのに、同じコーヒーなのに、なぜ味わいが違うのか?

簡単に言うと、コーヒー焙煎も料理と同じなんです。
例えば大阪王将と京都王将が微妙に味付けが違う様な感じです。

 

そして料理人が違えば味わいも変わるように、コーヒーもまた、かくの如しです。
それでは、それをもうちょっと突っ込んで行きましょう。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

IMG_4509

 

コーヒーの味わいの違い

まず産地の違いから。
国によっても地方での違いがあります。
日本のお米も取れる場所によって違う様に、コーヒーもまた、かくの如しです。

 

ちなみに「かくの如し」とは、このようである。このとおりである。という意味です。
方丈記で使われてるので、なんでかマイブームなので真似てます。笑

 

広い国でもあるコロンビアで言うと南の地方では雨が多かったりして、北の生産される地方と気候の差があります。

気候の違い土地や山や風、日当たりなど、それらから受ける影響でコーヒーの味わいは大きく左右されます。

 

グレードの違い。
いろいろあるのですが、簡単に。
コーヒーにも得点があり100点を頂点にしていて、カップテイスターという点数を付ける人が「○○点」と高得点を付けたものが上質のコーヒーとされます。

 

大量流通する一般向け用、インスタントコーヒーなどの工業用、そして点数が高く付けられ評価された上質なコーヒー豆、それによっても味わいはかわります。

 

料理人の腕の差

まずは焙煎する焙煎機による味わいの違い。
例えば、島珈琲には本店と高槻店と2台の焙煎機がありますが、仕様が異なります。

 

すごく簡単に例えてみると本店の焙煎機はリンゴ、高槻店の焙煎機は梨、同じような形ですがリンゴは肉厚のある味わいで、梨はみずみずしさが味わいですよね。
そんな様に、コーヒー焙煎機での作られる味わいも似て非なるものなんですね。

 

・そしてそれを操る焙煎人の違いによる味わいの違い。
・コーヒーミルの機械の違いによる味わいの違い。
・コーヒー器具による味わいの違い。

 

これらを掘り下げて行くと違いになるものが、もっともっとあるんですね。
だからコーヒーは奥が深く、そして違いがわかりにくいという事なんですね。

 

エピローグ

職人さんの考えであったり、メーカーさんの考えだったり、器具の違いだったり、味わいに影響を与えるところでそれぞれが違うわけですから、お店によっても当然違ってくるそういう事になります。

 

同じ豆で、例えばマンデリンならマンデリンを違うお店で購入して飲み比べてみると、味わいの違いは分かると思うので、よければ右と左のカップでそれぞれを飲み比べてみるのも面白いかも知れませんね。

 

違いのわかる人になる為の其の一でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲カッター

コーヒーという飲み物は ほんとに繊細でいろんな条件で味の出方がずいぶんと変わってくるコーヒー豆の原料

記事を読む

これを知っていれば安心 初めてのコーヒー専門店でコーヒー豆を買うとき応用できる3つのこと

プロローグ コーヒー豆専門店を13年させてもらっていますが どうしても敷居が高く感じられているよう

記事を読む

no image

焙煎 焙煎 また焙煎

 エスプレッソマシンでドリンクをつくることは大変楽しくて 大好きです 毎日マシンと向き合い

記事を読む

no image

シェーカー

 今日はアイスコーヒーをシェーカーで作って味見をしていました お湯でドリップした濃いめのコ

記事を読む

さぁ美味しいカフェインレスコーヒーのこと 考えよう!

 昨日はお休みを頂きまして 朝は娘と嫁さんとで 高槻のハニワ公園で遊んできました 娘は落ち

記事を読む

ちょっとやってみて!ドリップコーヒーの為の小技集

プロローグ 私事ですが、今月自宅の引越をすることになりました。   奥様の夢

記事を読む

コーヒーを抽出したあとのカス、二次利用はどんなのがいい?

プロローグ 今までブログを書いていて分かったこと、コーヒーの事で知りたい事の上位入る記事は、ドリッ

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

脳のなかは野菜とコーヒーでいっぱい

 ふと手にした手ぬぐいが自分の背中をおしている 野菜を売りたい 農家の人が大切に育てた野菜

記事を読む

クリスマスケーキにあうコーヒーは何?

プロローグ 月曜日は島珈琲のお休みになりますので、一足お先にクリスマスパーティを家族でしました。

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twittergoogle btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー器具の手入れの仕方 あれこれのお話

以前にも書きましたが、昨日ふとツィートすると沢山の方に見て頂けたようで

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と

僕が影響を受けたコーヒーの巨匠たち

    16日と17日で両親と

島さんにとってコーヒーとは何ですか?

さて1月17日火曜日は高槻店、臨時休業を頂きます。  

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   ca

→もっと見る

PAGE TOP ↑