*

コーヒーのドリップもシンプルに考えるといい

プロローグ

どんな物事もそうですが、「シンプルに考えた方が結果が良くなる」ということを歳を重ねてきて分かってきた、その様に思います。

 

例えば焙煎。やり始めた当初は、焙煎の排気力をコンロールするダンパーや火力など、ある温度に来たらこうして、次はこうしてと1回の焙煎の行程の中で、いろんなレバーを触り動かし、動作を複雑化していました。

 

それは自分にしか出来ない技を確立させたかったこともありましたが、例えば何か失敗した時に複雑化している分だけ、原因の追及が難しくなってしまっている、その事に気づいてから、原因を追及しやすくする為にどうしたら良いのかを考えた結果、行程をシンプル化する事にしました。

 

そうすると焙煎による味のコントロールも明確になり、本当に自分の表現したいコーヒーの味わいというのも見えてきました。

そんな経験をしてからというもの、これは技術だけではなく人における物事にも言えるのではないか、そんな風に思っています。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

ドリップもそう、シンプルに考える

 

IMG_4148

 

どんな事も難しいと思えば、難しくなり、できると思えば、案外簡単にできてしまう、要は気の持ちようです。
コーヒーのハンドドリップは難しいと、最初はみんな思いますが、コツが分かれば簡単です。

 

僕が気をつけてもらっているのは、お湯を注ぐコーヒーポットにお湯を入れるときはいつも一定の量にする。
8分目の所なら8分目、6分目なら6分目、自分の中にルールを決めてください。

 

蒸らしが終わったら、何回かに分けてお湯を注ぎますが、お湯を注ぐ回数を決めてください。3回なら3回、4回なら4回、これも自分のルールを決めることです。

 

これをできるようになれば、味わいは毎回安定してきます。
やり方を固定すれば、コーヒー豆が同じなら味わいも安定してきます。

 

それが安定してくれば、いろんな事に目を配れるようになり、新しいことに気づくチャンスが増えます。
シンプルにその2つをとりあえずやってみてください。

 

無駄な事も無駄じゃない

シンプルするというのは、無駄を省く、余計な事はしない、です。でもこれは余計な事をしてきたからこそ気づけることなんです。だから、余計な事も含めてどんどんすれば良いと思います。

そしてやっているうちに、どれを削ぎ落として行けばいいかが、見えてくるはずです。

 

そうしたらあなたの、いつも美味しいドリップの方法、が手に入るはずです。

 

エピローグ

今回は技術よりも考え方、気の持ちようの所のお話をしました。
難しく考えず、シンプルに。分からないことはやってるうちに分かってくるようになります。

 

楽しみながら、考えることはシンプルにして、ハンドドリップをマスターして下さいね。
よければこちらにもドリップのことまとめた記事がありますので、見て下さい。

 

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ
http://blog1.shima-coffee.com/?p=11340
あなたのお部屋はきっと、コーヒーの香りで満たされ、より幸せな気持ちになれると思いますよ!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

水だしコーヒーは何グラムで何ccの水で作るとよいのか?

プロローグ 前回のブログは記事というよりも、動画メインで投稿させてもらいました。これから動画っても

記事を読む

ブレンドについて考えた

今朝も自転車で受ける風は涼しく 長袖でもちょうど良い季候でした 今日から多くの方は3連休でしょう

記事を読む

メンテナンス

昨日は夜な夜な 焙煎機の掃除 メンテナンスをしました ダクトをはずし 分解して掃除できるところはほぼ

記事を読む

家庭で使うコーヒー器具、何が一番よく使われているの?

家電量販店やデパート、それからショッピングモールなど、家族ででかけると必ず見に行くのが家庭用品売り場

記事を読む

ドリップの時コーヒーが膨らむワケを更に詳しく、わかり易く書いてみた

プロローグ 前回のブログでは、ドリップの時にプクーッとコーヒーが膨れるのは、テクニックではなくコー

記事を読む

豆売りの味 喫茶の味

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です ここのところ コーヒーの味の調整に苦悶している(笑)

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

じょうぶだよ!

  はい みなさん こんばんは♪ じょうぶになりました! 何が? 豆袋がです 右が新しくな

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

コーヒー豆の種類を増やしたい

 コーヒー専門店として はやりいろいろなコーヒー豆をおきたい お客様も選べる楽しみがふえる

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

→もっと見る

PAGE TOP ↑