*

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー 何がどう違うの?

野球のピッチャーの球種で例えると、ブレンドコーヒーは変化球、ストレートコーヒーはまさしく直球ストレート。

 

ブレンドコーヒーは味わいに変化をつける、ストレートコーヒーはそのままの味わいで。

 

ブレンドとは混ぜ合わせること。
混ぜ合わせてバランスを取り新たな味わいを創造したコーヒー、となります。

 

ストレートコーヒーはちょっとややこしくてブラックコーヒーの事をストレートとも言いますが、だいたいコーヒー屋さんではブラックコーヒーはブラックといい、ブラックコーヒーをストレートとはあまり表現しないと思います。

 

混同しないようにブラックコーヒーで統一しといた方が、間違いが起きないのではと思っております。

 

今回は豆の話、ストレートコーヒーとはブレンドしていないコーヒー、お米でいう○○県△市□町のなんとかさんの田んぼでとれたお米みたいな、感じで単一のものを指します。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_4811

 

ブレンドコーヒーとは

音楽でいうところのバンドやオーケストラになりますね。
いくつかの楽器の音色が重なり、音楽になる。
いくつかのコーヒー豆が合わさり、新しい味わいになる、このことになります。

 

島珈琲では、コーヒー豆のチョイス、ブレンドの構成、味わいの決定などは僕が全て監修しております。
というか、一から最後まで僕がしているんですね。

 

ブレンドは醍醐味はバランスを取った味わいにして、複雑性を持たせて、より味わいを深くしていくところにあります。

 

例えばグァテマラに足りないコクをコロンビアでカバーする、など単一では足りないところを他の何かでカバーする、こんな感じですね。

 

ですから、お店のオススメにブレンドが多いのはそのお店でしか作られていない味わいになっている、他にない味わいだから、ということなんですね。

 

まぁでもコーヒーはわかりにくいので、右と左で飲み比べてみないとその差や違いは見極めにくいですけどね。(笑)

 

ストレートコーヒーとは

上に説明したように、何とかさんの農園のコーヒーだったり、もっと大きく地区のものだったり、そこは様々になりましてブレンドしてないコーヒーを指すのですが、定義がちょっと曖昧でここを説明するとマニアックになるのでやめときます。

 

ストレートコーヒーは音楽でいうとソロです。

 

ギターならギター、トランペットならトランペット、ひとつの楽器だけの音楽のようなものです。
その魅力だけを楽しむ、そんな感じですね。

 

例えばそのブレンドにブラジルが入っているとして、ブラジルの味わいの特徴は掴みにくいですが、ストレートコーヒーを飲めばそのブラジルらしさがわかる、ということですね。

 

オススメはどれですか?と聞かれると僕はブレンドをオススメしています。
長年考えてバランスを取ってきた味わいですからね。

 

但しどちらが良いと言うわけではなく、どちらがお好みか、が大事ですからね。

 

複合された音色のようなコーヒーか、その一つの楽器の音色そのものか。
気分で選ぶのもまた楽しいですね。

 

ということで、ブレンドコーヒーとストレートコーヒーのお話でした。

 

コーヒーでちょっと一息。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの苦味には2種類あって、焦げた苦味も存在する

プロローグ ブリュレのキャラメリゼ つまり焦がしアメですね、これを作っている時にふとコーヒーに置き

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

経時変化

僕は毎晩 ご飯のあとに家族でコーヒーメーカーでたてたコーヒーを飲んでいるのですが先日 あれっと思うこ

記事を読む

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

島さんが、美味しいと思う大手のコーヒーはどれ?

プロローグ 家族でコーヒーを飲んでいました。島家の家族構成は、嫁の母、僕、奥さん、娘の4人家族です

記事を読む

いつか日本でコーヒー豆が栽培できるようになる日がくる?

昨晩は久々に、ゆっくりと読書に時間を取ることができました。 ブログを書くためにはインプットも当然必

記事を読む

レギュラーコーヒーのレギュラーってどういう意味?

月曜日を一応ブログの定休日として設け、ほぼ毎日更新しております。 よくそんなネタがあるなぁ、と思わ

記事を読む

コーヒー豆(粉)を買って来た カンタンにできる保存方法は?

昨日は久々に何も予定のないお休みで、4歳になる娘とお買い物にいったり、ファミレスのCOCO'Sに行っ

記事を読む

フレンチプレスで濃い味のコーヒーを淹れる方法

  ペーパードリップですと、粉の量、もしくは挽き方を変えて味の濃淡を調整でき

記事を読む

味覚とは

 味覚というのは記憶であり 味覚を鍛えるのは 味覚を重ね考え 記憶を重ねていくしかない と

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑