*

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ

2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。
個人で独立してお店を持ちたいと夢を持つ方から、よくご質問をうけます。

 

夢を持つのは素敵ですし、個人的に応援したいです。ですので、今回の記事が少しでもお役に立てればなぁと思ってます。すべては書ききれないですが、部分部分をお伝えできればと思ってます。

 

お店をオープンさせるというのはあくまでもスタートラインに立つ事であって、ゴールではありません。そこからが本当のスタートです。

 

時代背景を見てみると、「美味しい」だけでは売れない時代になりました。最早美味しいのは当たり前です。お客さまは眼も舌も肥えています。美味しいモノを並べてじっと耐えて我慢していれば、売れるようになってくる時代ではなくなりました。

 

では、どのようににしていけばいいのか?今回は屋号について考えたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

カフェ開業にあたって考えること

まず屋号です。屋号は大事です。屋号で「何屋」なのかを伝えることが大事です。できればわかりやすく。どんなオシャレな店名でもお客さまが覚えにくいものであれば、お店を覚えてもらえないというか、忘れやすくなります。

 

覚えてもらいやすく、何屋か一発でわかる屋号がオススメです。

次にカフェ一本で行くのか、複合店で行くのかを考えてみてください。
僕個人の考えかたですと複合店にしたほうがいいと思います。カフェは大手チェーンも含めてたくさんありますので、個をだして表現し、来店動機をいくつか作るべきかと思います。

 

ですので、カフェだけでなくもう一つ得意な何かがあればベストです。
例えば極論ですけど、眼鏡屋みたいなカフェ、自転車屋みたいなカフェ、だとか関係性があまりなさそうなモノとくっつけるのが意外性とか、楽しい空間だとかを作れるのでは?などと思ってます。

 

島珈琲でいうと

島珈琲では、コーヒー豆の販売がメインです。カフェみたいなコーヒー豆屋さんというの感じでしょうか。笑 ちょっとおかしいですけども、物販をメインしています。

高槻店ではカフェ・喫茶の部分はテストキッチン的な感じで、いわばコーヒー豆を買うのに味を見てもらう場所、という立ち位置です。

 

で、ここで屋号に戻りますが、屋号が「しまカフェ」だったとしましょう。お客さまは屋号を見て、その店はカフェと認識します。カフェには飲食しに行こうと思い、モノを買いに行こうという意思はあまり働かないようです。

 

ですので、物販をメインにしたいのに○○カフェというような屋号を付けるとお客さまにこちらの意思が伝わりにくくなります。

 

IMG_4222

 

エピローグ

カフェがメインであれば、カフェを全面にした屋号を。
複合店にするならば、○○カフェとするとお客さまはカフェと認識するので、メインになるのは何かをよく考え屋号をつけること。

 

これが僕が13年間やってきたなかでの、屋号についてのノウハウのうちのひとつです。
よければ参考にしてくださいね。

ちなみに屋号とは、お店の名前のことですね、あはは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェとコーヒー豆焙煎店とはちょっと

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~コーヒーの選び方編~

プロローグ どちらかというと、このシリーズは個人でお店を出店される方に向けた記事を書いております。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~商いは牛のよだれ~

プロローグ   商いは牛のよだれ という言葉をご存じでしょうか?牛のよだれ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~マーケティングを学ぼう~

プロローグ だいたい日曜日にアップしているこのシリーズ、ブログ内での記事数もぼちぼち増えてきました

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~接客編~

プロローグ 今日は小学校からの友だちが岡町本店に来てくれて、手を止め少しの時間、昔話に花を咲かせて

記事を読む

カフェオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~関係性つくり編~

プロローグ 土曜日は妄想ブログ、コーヒー戦国時代劇。日曜日はアドバイスブログと最近パターンをつくり

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス② ~味覚をよくするにはどうしたらいいのか~

プロローグ 僕が経験してきたことで、カフェオープンを目指す方にちょっとでもお役に立てるように書いて

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~経営や技術と同じくらい大事な1つのこと~

プロローグ 自営業を初めてから、一つよく分かったことがあります。 基本、全ては自分でやらなければ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~万人にうける必要はない~

プロローグ このシリーズも少しずつ増えて来ました。 これからカフェをオープンしたい人、独立をした

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑