*

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ

2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。
個人で独立してお店を持ちたいと夢を持つ方から、よくご質問をうけます。

 

夢を持つのは素敵ですし、個人的に応援したいです。ですので、今回の記事が少しでもお役に立てればなぁと思ってます。すべては書ききれないですが、部分部分をお伝えできればと思ってます。

 

お店をオープンさせるというのはあくまでもスタートラインに立つ事であって、ゴールではありません。そこからが本当のスタートです。

 

時代背景を見てみると、「美味しい」だけでは売れない時代になりました。最早美味しいのは当たり前です。お客さまは眼も舌も肥えています。美味しいモノを並べてじっと耐えて我慢していれば、売れるようになってくる時代ではなくなりました。

 

では、どのようににしていけばいいのか?今回は屋号について考えたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

カフェ開業にあたって考えること

まず屋号です。屋号は大事です。屋号で「何屋」なのかを伝えることが大事です。できればわかりやすく。どんなオシャレな店名でもお客さまが覚えにくいものであれば、お店を覚えてもらえないというか、忘れやすくなります。

 

覚えてもらいやすく、何屋か一発でわかる屋号がオススメです。

次にカフェ一本で行くのか、複合店で行くのかを考えてみてください。
僕個人の考えかたですと複合店にしたほうがいいと思います。カフェは大手チェーンも含めてたくさんありますので、個をだして表現し、来店動機をいくつか作るべきかと思います。

 

ですので、カフェだけでなくもう一つ得意な何かがあればベストです。
例えば極論ですけど、眼鏡屋みたいなカフェ、自転車屋みたいなカフェ、だとか関係性があまりなさそうなモノとくっつけるのが意外性とか、楽しい空間だとかを作れるのでは?などと思ってます。

 

島珈琲でいうと

島珈琲では、コーヒー豆の販売がメインです。カフェみたいなコーヒー豆屋さんというの感じでしょうか。笑 ちょっとおかしいですけども、物販をメインしています。

高槻店ではカフェ・喫茶の部分はテストキッチン的な感じで、いわばコーヒー豆を買うのに味を見てもらう場所、という立ち位置です。

 

で、ここで屋号に戻りますが、屋号が「しまカフェ」だったとしましょう。お客さまは屋号を見て、その店はカフェと認識します。カフェには飲食しに行こうと思い、モノを買いに行こうという意思はあまり働かないようです。

 

ですので、物販をメインにしたいのに○○カフェというような屋号を付けるとお客さまにこちらの意思が伝わりにくくなります。

 

IMG_4222

 

エピローグ

カフェがメインであれば、カフェを全面にした屋号を。
複合店にするならば、○○カフェとするとお客さまはカフェと認識するので、メインになるのは何かをよく考え屋号をつけること。

 

これが僕が13年間やってきたなかでの、屋号についてのノウハウのうちのひとつです。
よければ参考にしてくださいね。

ちなみに屋号とは、お店の名前のことですね、あはは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お店の立地~

プロローグ 年に何回か、将来カフェをやりたいと相談を受けます。 重なるときは重なるようで、ここ数

記事を読む

SNSをすることで得たお店への効果とは

SNSとは、なんて偉そうに書いていますがあんまりわかっていません。   SNS

記事を読む

コーヒー屋って儲かりますか?

プロローグ もうかりますか?と聞かれると自動的に、ぼちぼちでんな、とすり込まれているのは、なにわ商

記事を読む

ツイッターはお商売に有効なのでしょうか?

先日、YSP門真でバイクを購入しました。 YSPとは、ヤマハ・スポーツ・プラザという意味らしく、ヤ

記事を読む

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉の大合唱、浮き輪を持った子供達

記事を読む

あなたのお店の口コミは目に見えてますか?

昨晩、布団に横になり三島由紀夫の「金閣寺」をおもむろに手にする。 全部読み切るつもりで手にしたわけ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス② ~味覚をよくするにはどうしたらいいのか~

プロローグ 僕が経験してきたことで、カフェオープンを目指す方にちょっとでもお役に立てるように書いて

記事を読む

店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでもあります。  

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~万人にうける必要はない~

プロローグ このシリーズも少しずつ増えて来ました。 これからカフェをオープンしたい人、独立をした

記事を読む

現在のカフェのスタイルに思うこと

実は今回、違うことを書くつもりでいました。 この次の回のブログのことを考えていたのですね。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

→もっと見る

PAGE TOP ↑