*

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ

先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」
と言われました 好きなことを仕事にできること改めて気づき 感謝しました

 

何が好きと聞かれると やっぱりコーヒーを焙煎することが大好きです
そのコーヒーで皆様にちょっとの時間 安らぎを与えるモノであったり 幸せにするものであったり 会話のお供だったり スィーツの引き立て役だったり 大好きなコーヒーでそうして皆さんに貢献できれば 僕も幸せです

 

これからも幸せなコーヒーをお届けできるように 1日1日を大事にそして笑顔で取り組みたい そう思います
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

コーヒーメーカーについて

ご家庭でお使いのコーヒーメーカー 島家でも重宝しています
晩ご飯の食後のコーヒーはいつもコーヒーメーカーでいれています コーヒーを粉にして持って帰り 冷凍保存して毎晩飲んでいます
お客様と同じような条件でコーヒーの味のチェックも含まれていますが 食後の団らんで飲むコーヒーは美味しいですもんね

 

とても便利なコーヒーメーカー うちの親はポコポコと呼んでいましたが 笑 日々取り扱うのに1つだけ注意してもらいたいことがあるんです

 

修理の依頼・交換が多い1番の故障の理由は?

それは給水口からコーヒーの粉が入り 詰まってしまって水をヒーター部分に吸い上げない
よってスィッチを入れてもコーヒーメーカーが作動しない

今までで多かった故障の理由は 目詰まりが原因でポンプが作動しない ことでした

 

これを防ぐにはどうしたら良いか 簡単です

空気が乾燥しているときは特にコーヒーの「チャフ」という薄皮がよく飛びます もちろんコーヒーの粉もひょんな拍子で飛んでしまいます

 

ですから コーヒーの粉をセットするときは必ず 吸水口のフタを閉めてください
つい両方開けたままでしてしまいますが お水を入れるときは粉のフタをしめ 粉をセットするときは給水口のフタを閉める それだけで大丈夫です

写真で指を指しているところが給水口です 粉をセットする時ここのフタを必ず閉めてください

IMG_4017

 

これを守ってもらえば 全く目詰まりしません!とは言えませんが コーヒーメーカーの寿命は格段に違うはずです

 

エピローグ

しかしコーヒーメーカーも消耗品なので その商品によって寿命が違うと思います

ですから一概にこれくらいは大丈夫です!とは言えませんが 今日書いたことを守って頂ければ 予防策になるはずです

せっかく高いお金出して購入したわけですから 長く持ってもらいたいですよね

はい 今日はコーヒーメーカーの故障させないための予防策のお話でした!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハート

 昔から 人より不器用で まず頭で理解しないと体に入っていかなく とにかく出来るようになる

記事を読む

ドリップのやり方で味を濃くしたり、薄くしたりする方法があるらしい!

プロローグ ブログのタイトルは大事だ。 見出しのところで読もか、読むまいかを決める。(人も多いは

記事を読む

島珈琲の3つのお店のひとつ カフェBeはどんなカフェ?

プロローグ カフェBeの開業に向けてご相談受けたのは、2009年になった1月。 カフェBeは障が

記事を読む

プロでもびっくりするようなお客様がいるんです

朝6時頃 店に向かうため自転車のペダルをこぎながら 街には醤油を焦がしたような甘いにおいが漂う そう

記事を読む

中 とか 深 とか そもそもなんなのか?

 そもそもコーヒーの焙煎とは何なのか?コーヒーの焙煎とは コーヒー生豆を火であぶりコーヒー

記事を読む

それ行け グァテマラ!

 グァテマラにはこだわる島珈琲 アンティグア地方のエルパジェ農園から チマルテナンゴ地方の

記事を読む

店舗デザイン

  ありがとうございます 皆様からたくさんのお祝いのお言葉を頂きまして 感謝感謝です さて

記事を読む

マグカップ1杯分に使うのコーヒーの粉の量を教えてください

よくそんなに毎日ブログのネタがあるね、と時々言われます。 僕もびっくりしてます(笑) &nb

記事を読む

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌

記事を読む

布ドリップ(ネルドリップ)が家庭に普及しないワケ

プロローグ 僕の中ではドリップで美味しさ最強と信じている「ネルドリップ」。布ドリップとも呼ばれます

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってき

ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑