*

コーヒーだってサクッサクッの方がいい

先日 お客様からあることで喜んで頂きました

「家でコーヒー豆を手挽きのミルで粉にしています いろんなコーヒー豆を試してきたけど 島珈琲さんのコーヒー豆が一番軽く挽けるんです 他のはほんとにガリッガリッなんですけど 島珈琲さんのコーヒー豆はサクッサクッと挽けるんです!」(笑顔)

 

いやぁ嬉しいっす!ありがとうございます!

 

その後に「どうしてですか?」と聞かれました

どうしてか?
焙煎豆もいわば焼き物です ですからいかにうまく火を通し 味をだすか というところなんですね
アマチュア時代も含めコーヒー焙煎歴20年なんですが 実ははっきりと理屈では言えません

なぜかというと その都度その都度 悩み考え 取捨選択してきたものをつなげてつなげて今に至るので こうだからこうなる とで一言でまとめるには難しいですね 職人の技を説明する難しさでしょうか

 

ただなんとなくイメージで伝えるならこうなります

コーヒーの豆は繊維の固まりです 台所にある食器洗いのスポンジありますよね
スポンジって気泡がありますがこれをコーヒー豆に置き換えてイメージしてください
コーヒー焙煎とは炎の力によって気泡の部分を大きくしながら 繊維を伸ばす作業なんでだと思ってます(繊維は顕微鏡などでしか見られないレベルのものです)

 

その繊維を伸ばすのもゆっくりすぎても早すぎてもダメなんですね 繊維がもろくなってしまうのに気をつけ
繊維を良い状態になる適度な力をかけ 適度な時間で焙煎を終わらせると サクッサクッしたコーヒー豆ができて手挽きミルでも楽ちん 快感な挽きごたえを味わえる ということです

 

この島珈琲の豆で味わえる 手挽きミルのハンドルを回すときの あの軽やかさ是非味わって頂きたいです

 

今日はなんだか自慢話なってしまいすみません!

ただ手挽きミルを回す感覚が軽いだけが取り柄ではありません
そうしてコーヒー豆の繊維をキレイに丈夫に焙煎で伸ばすことにより 香りの質を上げ 味の質を上げ コーヒーのもちも良くすることになりますので ずっと研究してきたことなんですね

 

正直見た目でそれを判断することはできませんが 手挽きミルをお持ちの方は一度比べて頂いたらここに書いていることが分かって頂けると思います

それは島珈琲の20年の歴史が産んだ味わいと軽やかさ なんちって

 

今回は「なんで島珈琲のコーヒー豆は手挽きミルで軽やかに挽けるのか」の解説でした!

 

今日も心にのほほんを

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

同じコーヒー豆でもコーヒーミルによって味が変わるという摩訶不思議

コーヒーの醍醐味の一つ、コーヒー豆を粉にする。   御家庭でコーヒーを淹れる場

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

入り口がコーヒー 出口がオレンジ

 こんなん作ってみました この色合いは 皆さんどう思われますか? 下からガムシロを混ぜたオ

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆 脂が少ないのはなぜ?

プロローグ 今回のご質問は、先日スコットブレンドを購入して頂いた僕のお友達で、お医者さんの佐々木み

記事を読む

言葉が通じなくとも気持ちは通じる 

焙煎する前に焙煎機を暖機し 釜をじんわりと暖めてから 1回目(1バッチ目)を始めます 通常20分

記事を読む

みんな聞いて!美味しく淹れるカンタンな方法わかったよ!

先日ですね、大阪中央区にある「自家焙煎コーヒー くまきち」のオーナー、前田さんが高槻店にお越しになら

記事を読む

ピンチは常にくるものと考える

どちらかというと石橋を叩いて歩く方の人間でして、どんなことも段取りそして準備を怠らず、そして物事に臨

記事を読む

コーヒーにも位があるの?コーヒーの格付けのあれこれ

今日は日曜日。 日曜日は日曜日だけが営業の岡町本店へ。   週1日の営業なの

記事を読む

安定した味作り、その心がけは

実は人間ドックを受けた事ないのですね。 特定検診にしかり、受けとかなあかんなぁと思いつつ、先延

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

ブログを書くというリスク

高校生の時だったかな。 FMラジオから尾崎豊が唄うLOVE WAYが

→もっと見る

PAGE TOP ↑