*

ご存じですか?コーヒー豆もお米のように脱穀しているのですよ

昨日、このようなツィートをしました。

 

 


コーヒー豆はコーヒーチェリーというサクランボのタネと同じような感じで、その種を取り出して精製して、コーヒー生豆となり、各生産国から出荷されて、そして港で船に積まれ日本へやってきます。

 

コーヒーチェリーから取り出したタネであるコーヒー豆は、洗ったり、乾かしたりします。

 

今日はその取り出した時のコーヒー豆、パーチメントコーヒーと呼ばれるところのお話をちょっと。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

パーチメントコーヒーとは

これを知っていても美味しいコーヒーの淹れ方などには全然関係ないので役に立ちませんが、知っているとコーヒーの世界が広がり、楽しみが広がると思うので、よろしければ続きを楽しんでくださいね。

 

精製には水洗式と天日式というのがありますが、今回は水洗式でのお話。

 

コーヒーチェリーからコーヒー豆であるタネを取り出します。
そうして水の中で少し寝かせ、その後水で洗います。

 

そして乾燥させるのですが、その広大な乾燥の様子が上のツィートの写真です。
コンクリートに一面広げて、天日で乾かしています。

 

雨など気候変化が大きい地域ではドライヤーと言って、洗濯機の乾燥機のような大型のものがあってそこで乾かされることもあります。

 

なんで乾かしているのかというと、水分が高いと保管中カビが生えるからなんです。
だいたい13パーセントくらいに水分を整えます。

 

水分を計る機械もあると思うのですが、僕がハワイ島でコーヒー栽培に関わっていたときはカンでやっていました。

 

逆に乾かしすぎると運搬の時に割れやすくなりますし、美味しさのところでも問題がでてきます。
なので、このパーチメントコーヒーの時の水分調整は非常に大事なところなんですね。

 

脱穀とは

お米を精米器にかけるみたいなものです。

 

ちょっと見にくいですが、これはハワイ島でコーヒー栽培していた時の写真です。
右がパーチメントコーヒーで真ん中が脱穀されたコーヒー生豆。

 

 

大きさが全然違うでしょ。

 

お米と一緒でほんとは使う寸前で脱穀したほうが美味しいコーヒーができるのですが、パーチメントコーヒーのままの輸出・輸入はなんかの規則でできない、と聞きました、理由を忘れちゃった。

 

なので、生産国から輸出が決定した段階で、脱穀されるんですね。

 

売り手が付いてないときは、大抵はパーチメントコーヒーのままで保管されていると聞いてます。
美味しい状態を出来るだけキープするために。

これだけでも、すんごい人の手がかかっているですね。

 

他にも精製には大事なことがいっぱい。

 

これを読んだ今日はちょっと生産国の方に感謝しながら、コーヒーを楽しむのも良いですね。
僕も改めて感謝して。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

ドリップの時コーヒーが膨らむワケを更に詳しく、わかり易く書いてみた

プロローグ 前回のブログでは、ドリップの時にプクーッとコーヒーが膨れるのは、テクニックではなくコー

記事を読む

今後コーヒー豆の価格はどうなるの?

今後コーヒー豆の価格はどうなるのか、とまぁ僕も聞きたいところですが、今僕が知っていることを今回は綴っ

記事を読む

コーヒーシロップ純情物語

プロローグ 明日、今年2回目のコーヒーシロップ無糖の252本分の仕込み焙煎をします。それがどうやっ

記事を読む

コーヒーを飲む事でダイエットはできるのですか

プロローグ さて、ダイエット。 大変申し訳ございませんが、僕にとってほんとに無縁なんです。

記事を読む

コーヒーの香りを閉じこめて・・・

 今日は平日の仕事がお休みなので ドリップバッグの仕込みをしまして パックにしてもらう工場

記事を読む

朝・昼・晩 それぞれに適しているコーヒーってどれ?

プロローグ こんにちは!焙煎アーティスト島規之のブログへようこそ。 さて、今回の記事はご質問があ

記事を読む

ちょっと知ってるとコーヒーが面白くなる!焙煎のお話

昨日は定休日で、家族でキッズランドに行き娘とひたすら遊んできました。 汗だくになって遊ぶ娘。

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

コーヒー豆 ストレートとシングルオリジンの違いってなんだ?

さぁ今回もちょっとマニアックな話になりますが、コーヒー好きな方なら知っておくとコーヒーの楽しみが増え

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑