*

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

IMG_3985

 

今回は一般的な台形3つ穴タイプ そして円すい1つ穴タイプ 両方ともペーパードリップ用のもので この2つを比べてみたいと思います

 

まず結論から言うと 僕視点ですが台形3つ穴タイプは入門用 円すいタイプは慣れるまでがちょっと時間がかかりますが 慣れるといろんな調整ができて遊びがある
味わい・香りの出方は円すいに軍配があがるのでは?というところに落ち着いています

 

では説明をしていきましょう

台形3つ穴タイプ 最も広く普及されているように思っています(統計を見たことないのでわかりませんが・・・)こちらのタイプのメリットは安定した同じ味を作りやすいところにあります

ドリップというのはお湯を注ぐことで圧力をかけ その重さで受けポット(カップ)に落ちるスピードがきまり そのスピードが速ければコーヒーの濾過槽もはやく通過するので 出来上がるコーヒーはあっさりとなります

 

逆に濾過槽をゆっくりと通るように お湯を注ぐのをゆっくりすれば お湯がコーヒーの層をゆっくりと通過するので濃くてまったりしたコーヒーができます

 

台形タイプは小さい3つの穴からコーヒーが落ちるようになっていますが  円すいタイプよりも抵抗があり ある程度お湯を注いでも通過する穴が3つだけなので 円すいタイプより落ちるスピードをあげることができません つまり比べると遊びが少ない ということになります

 

逆に円すいタイプは 出口が一点で真ん中に集中していくような感じで コーヒーの層以外に抵抗が少なく お湯を注いだ量によりスピードが変わる事が言えます つまりレスポンスがよい と言うことですね
はやくしても ゆっくりしても やり方によって味わいが微妙にかわり それが楽しめる器具といえます

台形3つ穴タイプよりもコーヒーの層をより多く通ると思っていますので くらべると味わいがよりシャープで 香りがいいように感じています

 

ただ円すいタイプは慣れるまで「安定させる」というところにやや難があるように思いますので 最初は台形3つ穴 その次に円すい1つ穴にするとより違いが分かっていいと思います

 

コーヒー抽出器具はここ最近 沢山増えてきました
僕も使ったことのない器具や 全然知らなかったものもあったりと まだまだ勉強がたりてません
新しい器具にチャレンジしたときもまた記事にしますね!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島 規之

 

今朝はこんなツィートをしました♪

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

プロとして酸味のないコーヒーを考えた

僕がブログを書く時間は営業中。 営業中、ウェイティングの時間を利用して、書き上げています。

記事を読む

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。  

記事を読む

知っておくと便利、水だしコーヒーのあれこれ

プロローグ コーヒーブームなのかな、最近よく店頭で水だしコーヒーについて聞かれることが多くなりまし

記事を読む

焙煎アーティストがオススメするコーヒーメーカーとは?

「オススメのコーヒーメーカーはどれですか?」とよくお客様に聞かれますので 僕がオススメするコーヒーメ

記事を読む

あっなるほど!ブレンドを音楽を使って例えるとこうなった

プロローグ ブレンドとはそもそも何かというと、ある味とある味を足して新しいコーヒーの味を創ることで

記事を読む

ご存じですか!コーヒーをドリップした直後 濃いのは底の方にたまってる事を!

プロローグ 春、麗らかですね。 タンポポやチューリップ、菜の花、街の至る所で花は咲き、心の色を豊

記事を読む

大小どっち!コーヒー豆の大きさは味を左右するのか

プロローグ 先日、娘に自転車をプレゼントしました。 娘は乗り物が大好きで、案の定 自転車も気に入

記事を読む

しまこーひーのフレンチプレス大全

プロローグ 島珈琲のお客様が、先日「フレンチプレスにはまったー!」といろいろご相談を受けましたので

記事を読む

決断 そして 前へ

 カフェBeは社会福祉法人北摂杉の子会が経営するカフェである その運営全般を御願いされ 島

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑