*

高槻店のエスプレッソマシンはこれやで!

公開日: : coffee

高槻店には、エスプレッソマシンがあります。
定価で200万円くらいしたはず、そして専用のコーヒーグラインダー、これも定価で40万円代の後半くらいしたかと思います。

 

高槻店はカウンター4席+テイクアウトコーヒーをしておりますが、実はこんな立派なマシンは必要ないです。
ハンドルが2つあり、同時に4杯のエスプレッソを抽出できるのですが、ハンドルが1つあるタイプで十分です。

 

ではなぜ、そのマシンを購入し置いているのか。
投資も増え、電気は動力で電気代も余計にかかるなど、ランニングコスト余分にかかるのに。

 

それは、僕の見栄です。笑
やっぱりカッコいいじゃないですが、ドーンとあったら。

 

エスプレッソのことも勉強したかったし。
という、お店のキャパには大きすぎるマシンですが、このイタリア・ミラノで生まれたマシンをちょっと説明したいと思います。

 

これを見て、高槻店のカプチーノやカフェラテが「より美味しく」につながればいいなぁと。
頭で飲んでいるわけじゃないけど、でも大事ですもんね。

 

 

 

マシンの名は、ダラコルテ・エボリューション

 

イタリアのダラコルテさんがファミリービジネスとして立ち上げて、エスプレッソマシンを開発し、世界に誇るエスプレッソマシンメーカーに。

 

なんといっても、パワーが強いです。
フォームドミルクを作る時のボイラーの強さ、この強さが滑らかなミルクの泡を作ってくれるのです。

 

もちろん出来るエスプレッソも厚みがあり、僕はとても満足しています。

 

日本の代理店は、メリタジャパン、メリタですね。
困った時のアフターサービスも万全ですので、安心して使っていますが、この8年特に大きなトラブルもなく、ちゃんと営業後のマシンの清掃を行っていれば、頑丈なマシンではないか、と思ってます。

 

消耗品はありますが、特にしょっちゅう替える必要もなく、定期的にしていることはですね、マシンは水道直結で浄水器を通しており、1年に1回浄水器のそのカートリッジを交換するくらいです。

 

大事なのは日々の掃除

 

高槻店には大きすぎるマシンなので、2つ抽出できるハンドルがついていますが、片側はいつも電源をオフにして電気代節約してます。笑

 

エスプレッソマシンにおける大切なことは、もちろんそれを使いこなすテクニックも必要ですが、日々の掃除です。

 

高槻店は17時にオーダーストップなので(お店は19時まで)、17時からエスプレッソマシンの後片付けをはじめます。
厨房の片付けも含めて、なんだかんだ40分くらいかけてます。

 

エスプレッソマシンは内部清掃が毎回必要で、しっかりしておかないとお湯の通り道に、コーヒーの脂分などが付着して、根詰まりを起したりします。

 

マシンの寿命を長くするためにも、日々の美味しいをお届も、かかせないのが日々の営業後の清掃です。

 

高性能で高いマシンがゆえに、メンテには手がかかりますが、でもこの美味しいはマシンの力があるからこそ、です。

 

ということで、まだまだ頑張ってもらいますので、それに応えてもらえるよう、日々しっかり清掃しようと思う島であった。

 

今回は以上です。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか

プロローグ ペーパードリップはほんとにいろいろな事があって面白いですよね。 世界のコーヒー文化を

記事を読む

お店における、ブレンドの立場とはなんでしょうか?

エピローグ コーヒーのブレンドとはそもそも何なのか? 例えばブラジルだけでは甘みが足りない、その

記事を読む

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイプとあります。 どちらかという

記事を読む

コーヒーにおける、あぶらっぽい味とは

皆さん、こういうことないでしょうか。 僕は家で晩御飯を食べる時に一緒にお酒を飲むを楽しんでいるのです

記事を読む

あなたの名脇役を目指して

幼い時から戦国時代の話が好きで、時代小説の文庫本をよく買っていました。 織田信長や明智光秀、毛利元就

記事を読む

島珈琲の中で一番香りのいいコーヒー豆は?

1日の始めの出だしで躓くと、リズムが崩れてなんだかこう1日がうまくいかないことありますよね。 今日の

記事を読む

ブレンド風でもアイスコーヒーを作れます!

昨日はお休み。 娘が小学校から帰ってくると、玄関で「父ちゃんただいまー!」と大きな声で。  

記事を読む

コーヒーの美味しさって何?

今日は土曜日で、明日は日曜日で母の日。 発送やギフトでてんてこ舞いの島です、どーもです。 ありが

記事を読む

コーヒー豆が焦げるって、どういうことなんやー!

昨晩、家に帰ると娘はリビングで寝ていました。 そのまま娘は朝まで夢の世界へ。  

記事を読む

カフェラテに合うコーヒー豆をお探しですか?

昨日は、家族でひらパーへ。 感染予防にはじゅうぶんに気を付けながら、人もそこそこおられましたが、特に

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑