*

コーヒーが世界の飲み物なったわけ

公開日: : coffee

昨晩は忘年会。
久しぶりに会う方も多く、話は盛り上がり楽しい時間を過ごしました。

 

コーヒーを仕事とする仲間たちが集い、いろんな話が聞けたり、自分が思っていたことを同じように思っていて、自分の立ち位置を確認できたり、情報や知りたいことを知れたり。

 

非常に意義のある時間を過ごせ、感謝とそして楽しかった余韻に浸り、今ブログを書いています。

 

集合時間まで、少し時間があったのでブルーボトルコーヒーに初めて行ってきました。笑

 

おしゃれですね。
僕がいいなぁと思うマシーンもあって、収穫もあったコーヒータイムでした。
いろいろ勉強になった1日、さぁ来年のことも考えながら年末の繁忙期、集中していきますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

ブルーボトルコーヒーに行き、ふと思ったこと

 

ブルーボトルコーヒーは日本のハンドドリップ式をアメリカに持ち帰り、それからまた日本にやってきたお店、逆輸入的なお店と聞いております。

 

ハンドドリップはどちらかというと、日本のお家芸的な感じで、以前まで諸外国ではコーヒーメーカーが抽出方法のメインだと聞いています。

 

それが世界的なコーヒーブームで、淹れ方も多種多様になって、日本では中心となっているのハンドドリップが注目された、という感じですね。

 

コーヒーってこうしてみると、世界の飲み物だなぁって思うのです。

 

大航海時代、ヨーロッパ列強が植民地政策で、コーヒーの苗木をその植民地持っていき、栽培を成功させたことで、こうして今、世界で大勢の人が飲める飲み物になったわけです。

 

もちろん、それは大航海時代に「コーヒー」がお金になったから、という理由もあります。

 

コーヒーの木の生命力が強かったから、世界の至るところで栽培された、ということですね。
その生命力に感謝したいですね。

 

だって美味しいコーヒーが飲めるのですから。

 

なぜイギリスはコーヒー国ではなかったのか?

 

イギリスと言えば、紅茶のイメージが強いですよね。(今の若い方はないかな?)
イギリスはセイロン島を植民地とし、他国と同じようにコーヒーの栽培を試みましたが、さび病というコーヒーの木をダメにする病気で、島のコーヒーの木を全滅。

 

それにより、紅茶の栽培に切り替えた、ということを聞いています。

 

もし今ならしかるべき手段で、原因を調べ、コーヒーの栽培から撤退することもなかったかもしれませんが、当時はそうせざるを得なかった、そうした歴史があります。

 

もしここに、イギリスにコーヒー栽培の成功をもたらせたならば、歴史は少し変わっていたかもしれませんね。

 

日本人にとってコーヒーが「お茶」と同じようになった今、コーヒーが当たり前にある日常の中で、ちょっとコーヒーの歴史をひも解くと、今コーヒーを飲めることがありがたいことなんだなぁと思ったり。

 

そんなことをふと、ブルーボトルコーヒーの店内で思っておりました。

 

それではこのへんで。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェで使える全自動コーヒーマシンを見てきました

昨日は月曜日ですので僕自身の定休日。 お休みの時間を利用して、なんと新潟からお客さんをお迎えし、ア

記事を読む

コーヒーは熱いときが美味しいとは限らない

僕の鍵はお店とかシャッターとか カフェBeとか家とかうじゃうじゃ沢山あるのですが 必ず家の前で 家の

記事を読む

それ出来たら超新鮮!家でコーヒー焙煎はできるの?

プロローグ 家でコーヒー焙煎って、出来ますか? はい、やろうと思えばすぐできます。 &nb

記事を読む

これでOK!ドリップする時に注意を払うべきところ

プロローグ 島珈琲高槻店は喫茶はカウンター6席。 オーダーストップは17時。  

記事を読む

秘密兵器1号

  秘密兵器ができました それも第1号です まだまだあるよ 新店のオープンにあわせて 完成

記事を読む

エビのロブスターではなく、コーヒーのロブスタのお話

プロローグ 先日、家族三人でお出かけしまして、ショッピングモールでお買い物。娘が歩き回るのに疲れベ

記事を読む

初めてのコーヒーミル 何を買えばいい?

プロローグ 秋です。ホットコーヒーの美味しいシーズンがやってきました。 おうちで飲むコーヒー、一

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

1日どれくらいのコーヒー豆の焙煎をしているの?

プロローグ 朝、高槻店や岡町本店に到着すると、まず一番初めに行うのは神棚の水を取り替え、手を合わし

記事を読む

お肉を焼くのにアミかフライパンかで味が変わるように、実はコーヒー焙煎もかわる

6月16日火曜日・6月17日水曜日は高槻店臨時休業させて頂きます。 よろしくお願いいたします。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑