*

中煎りのコーヒー豆を細挽きにしてドリップした結果

公開日: : coffee ,

岡町本店は営業日は日曜日だけ。
日曜日のみの営業です。

 

今までレジは導入せず、昔の八百屋みたいな、金銭のやりとりだけだったのですが、高槻店にエアレジを導入したので、今まで使っていた高槻店のレジを岡町本店で使うことになりました。

 

こちらも軽減税率に対応できるタイプのレジですので、明日、メーカーさんに問い合せして、設定のやり方を教えてもらおうと思ってます。

 

これが設定できたら、Café Beも同じレジなので、セットアップは完了になります。

 

準備は何事も早く、が僕のモットーです。

 

さて、自分のコーヒーを飲もうと中煎り=中焙煎のブレンド花をミルにかけたら、先ほどのお客さんがアイスコーヒーのブレンドをアイスコーヒー用の挽き方で、お渡ししたのですが、ダイヤルを戻し忘れていて、アイスコーヒー用の粉にするときの細挽きで挽いてしまいました。

 

あらあら、と思いましたが(笑)、じゃあ今日のブログのネタにしようということで、いつもは中挽きで挽くブレンド花を、アイスコーヒー用の細挽きで挽いてドリップした結果がどうなったのかを、お伝えしたいと思います。

 

 

濾過スピードが遅い

 

深煎り=深焙煎のコーヒー豆は、中煎りの焙煎よりもよく火が入っているので、繊維が伸び、それにより濾過スピードは中煎りよりも同じ条件なら、はやいのですね。

 

中煎りは繊維が深煎りよりも詰まっている、というか伸びてないので、抵抗が大きく、濾過スピードつまりドリップして下に落ちるスピードが遅いのですが、細かく粉にすると更に抵抗が大きくなり遅いです。

 

岡町本店では、僕はいつもマグカップにドリッパーを置き、コーヒーをドリップするので、マグカップなら粉の量は通常のカップの2杯分、なので18グラムなのですが、ちょっと濃いめにしたいので僕はいつも20グラムセットしています。

 

アイスコーヒー用の細挽きにした、中煎りのブレンド花の粉を20グラムドリッパーにぺーパーをセットして、そして粉を入れる。
出来たコーヒーは、やっぱり濃かったです。笑

 

好みは千差万別

 

僕はこれなら深煎りのコーヒーを中挽きで飲む方が良いなぁと思いました。

 

中煎りのコーヒーには軽さとか、フワッとした飲みやすさを求めているわけで、細挽きの粉で中煎りのコーヒーをペーパードリップした抽出液には、それはなく、ドンと味わいに重さを感じるのですね。

 

これはこれで美味しいけど、これなら冷やしてアイスコーヒーにした方がいいなぁ、ホットで飲むのはちょっと持ち味を出し切れていない、とそう感じました。

 

ということで、中煎りのコーヒーはホットで飲むなら、中挽きか中細挽きでドリップするのがいい、ということを粉を挽くのを失敗したところから改めて学びました。

 

という、お話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーのプロは1日何杯のコーヒーを飲んでいるのか

栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう &nb

記事を読む

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。   お昼からは娘とデート。

記事を読む

ドリップコーヒー 蒸らしを上手くするコツはあるの?

いつも通販でのお買い求めのお客さんがお店に訪ねてくれることがあります。 電車賃や高速代などを使い、

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

二重シリンダー

お正月休みも今日が最終日のかたも多いと思いますが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年一発目の仕込

記事を読む

コーヒーは胸やけの原因になっているのか?

昨日はお休みで、娘を幼稚園に送ったあと奥さんとランチに行きました。 理由は、結婚記念日、で。 &n

記事を読む

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております。 お客さんに教えてもらうこと

記事を読む

コーヒーの挽き目 粉の細かさ 粗さは なににつながる?

さて昨日は臨時休業を頂きまして、両親と家族で池田の伏尾にある不死王閣という温泉旅館に行ってまいりまし

記事を読む

「美味しい」と「楽しい」は直結している

昨晩は家族でたこ焼きパーティでした。 新調したたこ焼き器、キレイな球になりめっちゃ楽しかったです。

記事を読む

ひがし北海道のかわいい動物たちがパッケージ!ちょっと見て!見て!

佐藤章さんとは、マーケティングの師匠、藤村正宏先生が主催するマーケティング塾エクスマ塾の同じ塾生とし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑