*

その生き方を人のせいにしゃちゃダメだ

公開日: : 最終更新日:2019/02/14 焙煎アーティスト

エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースも無事に終わり、新幹線でこのブログを書いています。

 

ここで掴んだことを、これからお店に反映させること、それがスタートです。
ここがゴールではありません。

 

学んだことで島珈琲ファンの方へ、何か貢献できるよう頑張ります。
最初はどうなるかと思いましたが、やればなんとかなる、自分の心次第だ、と改めて痛感しております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

その生き方を人のせいにしゃちゃダメだ

 

毎朝、こんな感じのツィートをしているのですね。
よし、ゆこう というのを枕詞のような感じにして。

 

偉人の言葉を自分が読んでどう感じるか、自分のフィルターを通した時に何が見えるのか。

 

それを毎朝つづっています。

 

 

それで、これを作成するのにいつも偉人の言葉集などをネットなどで調べたり、または本を読んでりして、今自分の心に響くことを書いています。

 

それで、今回は矢沢永吉さんの、この言葉が僕の心にヒットしました。

 

言いたいのは、
それひとつだよ。
その生き方を人のせいにしゃちゃダメだ。

 

自分の意志で選んできたこと

 

人間は弱い生き物ですから、何かあった時、何かのせいにしたくなるわけです。
僕もそう。

 

自分でそれを決めたのにも関わらず、うまくいかなかったらその原因を外に向けようとするわけです。
分かっているのですよ、それがほんとうではないということを、みんな。

 

僕も多々あります。
だけど、大抵のことはそれをやることを、やろうと思って動き始めたはずだと思うのです。

 

人がやれ、と言ったとしても、その前の大きな選択では自分がそれを選んでいることが多いはず。

 

どんな物事に関しても、その生き方を人のせいにせず、自分の責任だと思えるようになった時、僕は人にも自分にも優しくなるのではと思ってます。

 

許すことも覚えていくし、心も穏やかになっていくと経験からそう思ってます。

 

自分の責任に対して真摯に向き合うことで、人は優しくなっていくのでは、と思ったりしております。

 

しかし、矢沢永吉さんの言葉はかっちょいいですね。
そのかっちょいい言葉から、思ったことはそんなことでした。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎のことを考えて 昨日の記事より掘り下げてみた

日曜日にカフェBeのパートさん募集を 採用促進ウェブに出したところ 数件の 面接希望があり ほっ

記事を読む

僕の尊敬する人 Route271の船井さん

大阪梅田の芝田にある有名なパン屋さん、Route271さんをご存じでしょうか。 テレビや雑誌などに

記事を読む

犬も歩けば・・・いや 歩かないと棒にもあたらない

昨日は業務終了後 急ぎ足で阪急電車に飛び乗り 大阪 本町へと向かいました そう島珈琲のコーヒー豆

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

コーヒー焙煎とは、焦がしているのではないというお話

上手に焼き魚を焼くお店のそれは、焦げが付いていない。   僕は「ぶりかまの塩焼

記事を読む

コーヒーの香りを決めるモノ

実は僕、昔は煙草を吸っていたのです。 島珈琲を開店した当初、ですから2002年までは吸っていました。

記事を読む

エキサイト!ボクシングでマンデリンの味わいを表現する

セコナウト セコナウト (セコンドアウト セコンドアウト) ラウンード・エイト。  

記事を読む

実はアイスコーヒーにも色々種類があるんです

プロローグ 今日はアイスコーヒーもいろいろな種類があって、それぞれに個がある味について書いていこう

記事を読む

コーヒー豆にも表作・裏作があるの?

表作、裏作というのは同じ畑などで、1年通じて二毛作したときの先の時期の収穫、後の時期の収穫のことを指

記事を読む

ネルドリップの取り扱いについて

プロローグ コーヒーのいれ方で一番好きな方法は何か?と聞かれると迷いなく「ネルドリップ」ですと答え

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

生産国の地域による味わいの違い

こう暑いとビールが進んでしまう僕です。 実はお酒が大好きです。 &nb

火曜日だけのカフェ

自分自身のお休みが月曜日だけでして、そのお休みを今は、出来る限り娘との

接客はスポーツだ

本日、月曜日は僕のお休み。 高槻店は定休日で、岡町本店は日曜日以外は全

→もっと見る

PAGE TOP ↑