*

喫茶コーナーがあるかないか、何が違うのか

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に僕、島規之はおります。

 

高槻店は奥さんと僕とで営業しております。

 

そして高槻店には喫茶コーナーがありますが、岡町本店にはそれはなく、岡町本店はコーヒー豆などの物販のみのお店で終日、僕一人で営業しております。

 

喫茶コーナーがあると、いつダダダッーとお客さんが来るかわかりませんので、常に待機状態、野球で言うと守備人のように、いつ飛んでくるかわからない打球に構えておく、そんな感じですね。

 

逆に喫茶コーナーがなく、豆売りだけですと、僕の場合、緊張感のレベルはそれよりも低くなります。(といっても接客レベルを下げていることではありませんからね!)

 

なので、高槻店に居るときは、ブログを書くのも早く書いてしまわないと、と思いながらですが、岡町本店の場合は少し精神的にゆるりとした感じになっておりますので、ブログを書こう!と思いつつ、なんかダラダラと本を読み出したり、スマホみたりしてしまってなんかゆらゆらしております。笑

 

喫茶はいつピークになるのかわからないので、洗い物や出来ることを片づけて、常に次のスタートを直ぐに切れる状態にしていくことを心がけています。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

物販だけだとどうか

焙煎は朝のうちにしますので、作るという作業はその時だけです。
喫茶のように作る作業、お皿などを洗う作業など、は物販には省かれるので、その分、心にゆとりがあるのですね。

 

もちろん物販のお客さんも重なるときは重なりますし、こんな小さいお店でも、お客さんが並ぶときもあります。

 

基本的にはコーヒー豆の販売は、コーヒー豆のオーダーを聞いて、あらかじめ焙煎してあるコーヒー豆を取り、計り、粉にする場合はミルへ、豆の場合はそのまま袋に移して、袋を閉めて、会計して、お渡しして終了となります。

 

この間、余裕があればお客さんと世間話をする、そんな流れです。

緊張感の差があるのがわかるでしょうか。笑

 

岡町本店はわりとコーヒーの話がしかりと出来ます

時間によってはすごい混むことがあるので、必ずとは言えませんが、割とこちらの岡町本店の方が、コーヒーの質問などにも余裕を持ってお答えできるかと思います。

 

僕と長時間、世間話をしたい、人生相談を聞いてもらいたい、とかはちょっと困りますが、おうちで何かコーヒーのお困り事があり、直に聞いて質問したい、という場合は岡町本店にコーヒー豆を買いに来たついでに聞いてもらえると、立て込んでない時は、親切丁寧にご説明します。

 

高槻店の場合は喫茶の業務があるので、比べるとやっぱり時間に限りがあるなぁと感じています。

 

場所や距離屋時間の問題もあるかもしれませんが、コーヒーの質問があり直接、僕に聞きたいことがある場合は、どうぞ岡町本店へいらしてくださいね。

 

ということで、明日はお休みを。
お昼から、娘としっかり遊んできます!

 

それでは、また火曜日に。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

水だしコーヒーパックで美味しい水だしコーヒーを作ってみた

プロローグ 今日はアイスコーヒー塾の開催日です。準備も万端。アイスコーヒーの飲み比べを中心に、アイ

記事を読む

バリスタでもあり、ブレンダーでもあり、ロースターでもあり、そして経営者でもある

よくよく考えたら、いろんなことをしてるんだと思った、そんな今回のお話。   バ

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をしていて面白いなと思うことは、自分

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」を丁寧に記事にしました! コーヒー豆の保存方

記事を読む

なぜコーヒーなどのブログをほぼ毎日書いているのか、整理してみた

プロローグ   月曜日を定休日にして、ほぼ毎日更新している僕のブログ。

記事を読む

2月恒例!コーヒーシロップ無糖の仕込みがはじまるよ!

コーヒーシロップとは。 コーヒーシロップ1に対し4倍くらいの牛乳でわると美味しいミルクコーヒーがで

記事を読む

接客力を上げるにはどうしたら良いですか?

接客力とは、文字通り接客における力、気づかい気配りですね。   接客力って本来

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑