*

水出しコーヒーは深煎りしかダメなの?

法人を立ち上げる決心がつきました。
近いうちに島珈琲は、個人店から株式会社になります。

 

ほんとうに大丈夫かなぁと、不安に襲われることが何度もあるし、それはこれからも続くと思うのだけど、今がチャンスかなと直感をゆすぶられたのです。

 

物事にはタイミングがあって、僕は誰かに声をかけられることはそういうタイミングが来ている、近づいていること、そう自分の中で理解していて、年齢のこととか身の回りこと、それから現在の環境など、いろんな事を照らし合わせると、スタートダッシュには馬力も必要とするので、少しでも若い方がいいという思いもあり、総合的に判断しました。

 

いやぁどうなんるんだろ、大丈夫かな、不安をかき消すためにもう動くしかありません、行動するしかありません。

 

今こそ、自分を信じよう。

 

 

 

水出しコーヒーは深煎りしかダメなの?

 

さて水出しコーヒーについて。
大阪高槻は日によって気温の差が非常に大きく、初夏を感じるような暖かさと思えば、肌寒く感じる日もあったり気候は少し不安定です。

 

初夏のような暖かさというか暑さを感じるときには、アイスコーヒーがてきめんに動きました。
そろそろアイスコーヒーも動き出す季節に入りましたね。

 

近年、水だしコーヒーを作る器具が普及したこともあって、水出しコーヒーを御家庭で作られる方も多くなりました。
その水だしコーヒーですが、どんなコーヒー豆を使うと美味しく出来るのか。

 

基本的には好きなコーヒーを使うのが一番ですが、深煎り=深焙煎のコーヒー豆を使用するのが一般的です。

 

苦味がある方が冷たいコーヒーでは清涼感がある、というのでしょうか、ある方がしっくりくるという感じです。

 

それでは中煎り=中焙煎のコーヒー豆は向かないか、という今回の本題に突入します。

 

酸味のある爽やかな水だしコーヒー

 

使うコーヒー豆のメーカーにもよりますので、全て爽やかになるとは言えません。

 

島珈琲のコーヒー豆の場合は大丈夫ですので、ご安心くださいね。
中煎り=中焙煎の場合は、苦味よりも酸味がより感じられる水だしコーヒーがで出来上がります。

 

爽やかで美味しいコーヒーですが、これも好みになるので、最終的にどう思うのかは飲まれた方の判断です。

 

僕が思うに中焙煎のコーヒー豆で、水だしコーヒーを作ったときはコーヒーの中に何かフレッシュジュースな味わいを感じています。
これはこれで美味しいですよ。

 

もしイメージが湧かなければ、中焙煎のコーヒーをドリップしてホットコーヒーを作り、それをだらだら時間をかけて飲んでみてください。

 

そして冷めた時の味わいを確認してください。

 

爽やかな酸味がキリッとしている感じで、味わいの表情もホットコーヒーの時とはちょっと違う、なんとなくそれと近いイメージを持っていますので、水だしコーヒーを作る前に味わいを知りたい方は、今書いたこの方法でちょっと試してみてください。

 

それで、お好みに合いそうならば、水だしコーヒーを作るといいかと思います。

 

気に入った味わいが見つかるといいですね。

 

今回は水だしコーヒーに使うコーヒー豆についてのお話でした。
それでは。

 

日本で唯一人 焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーはスープだった

ちょっと何か変わると、困ってしまいますよね。   ワードプレスを使って、ブログを

記事を読む

プロのコーヒー用語では、苦みがある酸味があるはネガティブなんです

明日は月曜日ですので、僕自身のお休みです。 高槻店は定休日、岡町本店は日曜日だけの営業なので、月曜か

記事を読む

この道具を選ぶわけ ひとつひとつに意味がある

明日14日から15日の2日間 加賀温泉 山代温泉 宝生亭という旅館で おこなわれる合宿セミナーに参加

記事を読む

入り口がコーヒー 出口がオレンジ

 こんなん作ってみました この色合いは 皆さんどう思われますか? 下からガムシロを混ぜたオ

記事を読む

ペーパーフィルターの折り方にコツはあるのか

春眠暁を覚えず。 最近、身体はしんどくないのですが、ねむたい自分がいます。  

記事を読む

水出しコーヒーの粉の挽き目

6月の後半、大阪でサミットがあるので、流通が大変なことになるんですね! 今日気が付きました。笑 &n

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

田中カプチーノ

 施設利用者である田中君は カフェBeで実習生として 僕の指導を受けている つまり就労支援

記事を読む

ドリップの時コーヒーが膨らむワケを更に詳しく、わかり易く書いてみた

プロローグ 前回のブログでは、ドリップの時にプクーッとコーヒーが膨れるのは、テクニックではなくコー

記事を読む

1杯のコーヒーで、3度味わいを楽しむ方法

岡町本店は日曜日だけが営業日。 実質の本店の機能は高槻店にあるのですが、島珈琲の出発点がこの岡町本

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎機のメンテンナスを怠るとどうなる?

昨日はお休みでしたが、午後からは高槻店の焙煎機のメンテンナスを行いまし

経験には無駄はない

本日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 岡

コーヒーの楽しみの一つに

本日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町にある岡町本店に来まして、先

やけくそになったらあかん 丁寧に生きよ

今朝は焙煎を早い目に終わらせて、月イチのお詣りに行ってきました。 高槻

エスプレッソマシンの豆はアイスコーヒー用です

詳しいところまでわかりません、というのが前提でお客さんに聞いたお話です

→もっと見る

PAGE TOP ↑