*

フレンチプレスは粗挽きがいいの?

粗挽きというと、何をイメージされますか?
僕は粗挽きソーセージとか、コショウとか、ですね。

 

なんだか美味しいそうなイメージを持っているのは、テレビのCMに刷り込まれているせいでしょうか。

 

粗挽きとは読んで字の如く、粗く挽くので、端的に言うと優しい味わいになる、ということです。

 

味わいをシャープに出すという感じでなく、ふんわりと味わいを奏でる感じですね。
例えると音楽でいうトランペットではなく、トロンボーンな感じ、ごめんなさい、音楽のことあまり詳しくないのにもっともなように書いてしまいました。

 

野球の打者でいうなら、小技ができるというよりは、長距離砲のバッターのような感じが粗挽きです。(って、よけいややこしいわ!)

 

話を戻しますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

フレンチプレスは粗挽きがいいの?

 

コーヒーは器具によって挽き方を変えるのは、ご存じだと思います。
だけどどう変えるのか、それが曖昧なために「コーヒーはわかりにくい」を助長しているのかなぁと思ってます。

 

きちんと決まった定義がないので、お店によって、人によってまちまちなのですが、僕はフレンチプレスにおけるコーヒーの粉の挽き方は基本、中細挽きでお出ししております。

 

もちろんお客さんが「粗挽き」がいいと言われたら、そのようにさせてもらっています。

 

ではフレンチプレスの挽き方はどちらがいいのか?
いえ、どちらも正解なんです。

 

何が違うのかをこれから説明しますね。

 

フレンチプレスとは、そこへ粉を入れてそのままお湯を注ぎ、3分経てば、ギュッと成分を出し終えたコーヒーの粉抑えて、その抑えた金属のフィルターを通し、コーヒーの抽出液をカップに注ぎます。

 

この時、粗挽きですと粉の粒子が中細挽きより大きいので、その金属のフィルターから粉が通らないのですね。

 

飲み終えたカップに粉が溜まるか溜まらないか

 

粗挽きの場合、金属のフィルターから粉が通らないので、コーヒーの液体にざらつきが少なくなる。
そして飲み終えた時にカップに残る、ちょっとドロッとした粉の量がやや少ないと感じています。

 

では中細挽きならどうか。

 

味わいはこちらの方が濃くなります。
粉とお湯の接している面積が大きいのは中細挽きになりますので、同じ3分ならこちらの方がやや濃い味わいになります。

 

ただし粉の混入率は、中細挽きの方が粉が小さくフィルターを通り抜けていく可能性は高くなるの、で大きくなります。

 

でもどちらの場合でも粉にしたときに、微粉というのが発生します。
細かい粉です。

 

これはフィルターを通過してしまうので、飲み終えたあとカップの底に溜まります。

 

どちらにしても残る粉の量は僅かの差なので、僕は中細挽きの方を選び、味わいが濃くなる方をとっております。

味わいの濃淡か、粉の混入率か。

 

どちらをとるかで、挽き方も変わる、そういうことなんですね。

 

粉がカップに少々入るのが多くても、濃い味わいにしたいなら中細挽きに。
味わいも大事だが、粉が入るのを極力抑えたいのなら、粗挽きを。

 

こんな感じで僕は考えております。
参考になれば嬉しいです。

 

それでは今回はこのへんで。

 

寒さ厳しい時季、お身体に気をつけてくださいね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

朝コーヒーにバターを入れて飲むダイエットがアメリカでブームらしい

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   娘から風邪をもらってしまい 味覚

記事を読む

ないよね 信用はお金で買えるのか?

今日はめまぐるしく、通販の発送、ご近所さんの配達、それから業務用卸のコーヒーとてんやわんやで、有難い

記事を読む

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは家族で実家に行き、両親と晩ご飯

記事を読む

コーヒーシロップの仕込みだ!

 どちらかというと 夏の方がメインと言えるこの商品 島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 夏

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業する前はタバコを吸う人でした。

記事を読む

特徴がないのが特徴のコーヒー

昨日、ある席で漫画家さんとたまたま会う機会があり、いろいろお聞きすることができました。 その漫画家さ

記事を読む

蒸らしを終わらせるタイミングとは

ここ数回、蒸らしに関係するブログが多いような気がしております。 ではおさらい、「蒸らし」とは何か。

記事を読む

まぁるくなったなぁ

 一昨年に島珈琲に入団した デッティングコーヒーグラインダー内野手 切れ味抜群のカッティン

記事を読む

ルーツ

 高校2年の時 アルバイトをしていたお店が 先日 そのお店のあった道を車で走っていたら 

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎にかかる時間はどれくらい?

高槻店は川口ビルというビルの1階にあります。 2階はカモシカ雑貨店さん

来年のお正月3が日はお休み頂きます!

毎年、お正月の3が日は高槻店は営業していました。 しかしです。 &nb

閃きは動いているからこそ

本日は月曜日でお休みです。 高槻店は日曜日・月曜日が定休日。 岡町本店

暖色と寒色

本日は日曜日ですので、早朝に高槻店で荷物を積んで岡町本店で降ろし、営業

お店のBGMは「川のせせらぎ」です

高槻店のBGMは下写真のCD「川のせせらぎ」を流しています。 このCD

→もっと見る

PAGE TOP ↑