*

コーヒーの価格に対して僕はこんなことを考える

公開日: : coffee ,

先日、お客さんとお話していて、コーヒーの価格のお話になりました。
島さんのところはコーヒーは美味しいし香りも良いし、価格もリーズナブルで嬉しい、と。

 

嬉しいお言葉に感謝です、ありがとうございます。

 

そうしたお言葉を直に頂けることこそが、お商売をしている喜びであります。
そうしたお言葉を励みに、これからも愛情込めて焙煎をしたいと思います。

 

さてコーヒーの価格。
島珈琲は他店に比べるとリーズナブルな価格だ、とよく言って頂けます。

 

が、僕は特に他店と値段で勝負しようと思ってません。
それにお商売とは競争の排除と思っていますので、勝った負けたなど他店と比べることはしてません。

 

ご近所のお店がこの価格だからうちはこの価格にしよう、そんなことは全く考えていませんからね。
価格について、僕の想いを読んでもらえると嬉しいです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

安売りはしません!

 

自分が愛情込めて作ったものですもの、価格は下げたいと思いません。
コーヒー豆に関しては開業してからこの15年間、一度たりともセールはしたことありません。

 

例えば、例えばですよ。
あなたがある会社で働いているとします、理由もなく「今月給料値引きしといたで」って言われたら、自分の価値を下げられたとも思うじゃないですか。

 

僕もそう、僕が焙煎したコーヒー豆の価格を下げることは自分の値打ちを下げること、それくらいの強い気持ちでやってます。

 

でも価格はリーズナブルじゃないか。

そうですよね、100g490円からは高い方ではないと思います。

 

コーヒーを毎日のように家で飲む人とってはコーヒー豆は生活必需品です。
生活の中で、美味しいコーヒーがいつも手に届く、そんなコーヒーでありたいそう思ってお商売をしています。

 

毎日コーヒーを楽しんでもらうために

 

味わいも大事ですが、価格っていうのも大事ですよね。
ですから、僕は自分がこのコーヒーを飲んで生活するにあたって、この価格なら買い続けることができる、これを基本として価格設定をしています。

 

島珈琲の場合、500gの量をまとめて購入すると、100gの価格×5倍よりもかなりリーズナブルな価格になります。

 

これは週1回の営業の岡町本店のことを考えて継続してきたことでした。
岡町本店は日曜日だけの週1回営業ですので、皆さんまとめ買いをしてくださります。

 

そのためにいろいろ考え設定した価格ですが、ひとつ本音をいいますとコーヒー豆が沢山出ると、僕の大好きなコーヒー焙煎が沢山できるということになります。

 

そこには僕が焙煎を沢山したい!という僕の気持ちも入っているわけですが(笑)、生活の中でコーヒーの時間を沢山楽しんで欲しいという想いも入っています。

 

価格にあった仕入れをし健全な経営をして、そして僕の得意な焙煎で美味しいを目一杯引き出す。
そして喜んでもらう。

 

これが僕の目指すところのコーヒー豆屋さんなのですね。

 

僕の焙煎したコーヒー豆で、笑顔溢れる生活がいっぱいありますように。

そんな価格についての僕の想い、のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ご存じでしたか?コーヒー豆にも旬があることを

プロローグ コーヒー豆にも旬があると「えっそうなんだ?」と思われる方も多いかと。 そうなんです、

記事を読む

お家で淹れるコーヒーで「美味しい」に重要なことはコレ!

プロローグ 徐々に朝が涼しくなり、焙煎が楽になってきたこの頃。 岡町本店、高槻店ともに小さなお店

記事を読む

コーヒーの味わいの「フルーティ」を考える

コーヒーの味わいでフルーティと言われるとどう思う? 先日、ご近所のチーズ専門店のフロマジュリー&a

記事を読む

お店によって違うコーヒー豆(粉)の袋、違いは何?

昨日は阪急宝塚線 中山観音駅 中山寺入り口のすぐにあるカフェ カフェ・ド・コクリコのマスターとママさ

記事を読む

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさせてもらいました。  

記事を読む

実はコーヒーとワインって似てるんです

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のエクスペリエンス・マーケティング塾で繋がっているお友達がいており

記事を読む

エスプレッソのお湯割りって知ってる?

先日のお休みに、娘の自転車の練習をしました。 娘は今まで「こまあり」の自転車に乗っていて、それを取

記事を読む

コーヒー粉にある茶色の皮の謎

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店へ。 いつも6時過ぎに家を出て、高槻店で荷物を積み、そし

記事を読む

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのですが、夏はゆっくり出来る日も。

記事を読む

燃えろ

 燃えろよ燃えろよ 炎よ燃えろ! ということで  無添加コーヒーシロップ2010バージョン

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑