*

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ

今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともあるんだぁ、とお付き合い頂けたら嬉しいです。

 

中焙煎=中煎り 深焙煎=深煎り ペーパードリップで二つの煎りが違うコーヒーを同時に、ある程度条件を同じにした場合、深煎りの方がはやくゴールしてしまいます。

 

今回はそのなぜ?に迫りたいと思います。

IMG_6981

 

これもコーヒー豆が繊維質の固まりだということが原因です

何度も、コーヒー豆は繊維質の固まりと書いてきました。コーヒー豆は焙煎することでその繊維を膨らます作業だと説明してきました。

 

で、中焙煎と深焙煎では焙煎でどんな違いがあるのか?というと、中焙煎のコーヒー豆は深焙煎のコーヒー豆より焙煎する時間が短いです。火(熱)に当たっている時間が短いので深焙煎のコーヒー豆より繊維の伸びは小さいです。

 

深焙煎のコーヒー豆は中焙煎のコーヒー豆より、火(熱)に当たっている時間が長いので、中焙煎より繊維質が伸びています。

 

ちなみにコーヒー豆の1粒の重量も中焙煎より深焙煎のコーヒー豆の方が軽いです。熱に多く当たっている分、豆に含まれる水分も蒸発しています。ですから、メジャーカップと言われるコーヒー豆の計量スプーンが10グラム用となっていたとしても、中焙煎がメジャーカップ1杯すり切りで10グラムになったとしても、深焙煎の豆ではちょっと大盛りしないと10グラムになりませんので気をつけてくださいね。

 

なぜ深焙煎の豆の方がドリップが早く終わるのか?

繊維質が中焙煎よりも深焙煎のコーヒー豆は伸びています。つまり比べる繊維と繊維の空間が大きいんですね。
繊維にお湯が浸みて濾過されコーヒーという液体になるんですが、僕が推測するところ深焙煎のコーヒー豆は密度が小さい分、湯が通って行くのが早い。うーん抵抗が少ないと言うべきでしょうか。

 

とにかく中焙煎のコーヒー豆よりも抵抗が少なく、結果、限りなく同じ条件(鮮度とか)の場合、深焙煎のコーヒー豆の方がはやく終わってしまう ということになるんだと思います。

 

エピローグ

これは知っていてもそんな日常に活用できることでなく、プロが知ったとしても「そっかぁ」程度の知識ですが、まぁそんなこともあるんだ程度に思って頂ければよいかと思います。

 

僕の中ではおもしろい発見だったんですね・・・笑

では、また次回

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カウンターに漂う緊張感

 鮨屋のカウンター 大将がひょいとネタケースをまたいで にぎりを下駄に置いてくれる瞬間 鮨

記事を読む

コーヒーの香り成分は何でできているのか

昨晩は娘に「たこ焼き」をお土産に。   たこ焼きを買って帰ると、これはマンガの

記事を読む

コーヒー計量スプーンの代わりに使うのこれ

プロローグ 一般的によく目にするのは、写真の様な三角のタイプと台形のタイプ。 各コーヒー器具メー

記事を読む

ドリップしたとき水はけのよくないのは、エチオピアモカ

ブログのネタのほとんどは、お客さんとの会話から生まれております。   コーヒー

記事を読む

コーヒーの香りについて調べてみた

プロローグ 僕がこうして自家焙煎珈琲店をするまでは、所謂コーヒーオタクでした。 東京の有名店など

記事を読む

コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実は僕、大のお酒好き。 &

記事を読む

no image

一歩一歩

 カフェBeの実習生 一歩一歩 成長していく様子を見ていて こちらもすごく勉強させられてい

記事を読む

あっなるほど!ブレンドを音楽を使って例えるとこうなった

プロローグ ブレンドとはそもそも何かというと、ある味とある味を足して新しいコーヒーの味を創ることで

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

コーヒー豆の保存方法と真空パックのお話

最近、ほんとうに多くの方が遠方から、岡町本店や高槻店へコーヒー豆を買いに来てくださります。 &

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑