*

花は生き方を迷わない

公開日: : coffee, 感謝!! , ,

最近 寝れない 目が覚めれば考え事をしてしまう

そうなんです 1年に1度くらいの頻度でくるアイツがやってきた

その正体は「コーヒーの味の迷い」なんです

IMG_1425

 

今回の迷いと反省

島珈琲は高槻店 岡町本店それぞれに焙煎機を一台ずつ配置しています メーカーは一緒ですが仕様が違い 味の出方も違います
そしてコーヒーを粉砕するカッター コーヒーミルですね これも違います

 

この焙煎機とコーヒーミルのが両方とも組み合わせが違うので 微妙に味わいが違います
この味わいが違うことが今回「迷い」のきっかけとなりました

 

岡町本店はオープンして12年とちょい 高槻店は2年です 1週間のうち火曜から土曜は高槻店で営業し 日曜日は岡町本店で営業します
ですから僕の「口」(味付け)が高槻店に無意識にシフトしていたんですね でもそれは客観的に見れていたはずだと 思っていましたが見れていませんでした

 

ある時期から岡町本店でコーヒーの粉でお買い上げのお客様の中で何人かから 「ちょっと変わった」ことを言われていました
でも 僕は少し聞き流している節がありました ここめちゃくちゃ反省しなければなりません

 

自分でも うすうす「ちょっと味の出方が薄いなぁ」と思っていましたが 過去の経験から変更をしませんでした でも粉で買われる方の来客頻度が落ちてたんですね

今日は書いていることがグダグダですが つまり岡町本店のコーヒーの味の調整がちゃんとできていなかった
そういうことなんです

 

岡町本店は13年目で長くお付き合いして頂いているお客様がほとんどです とっても裏切った気分になってしまい ものすごく自己嫌悪に陥いり夜も眠れません とりあえず落ちることまで落ちてまた立ち上ってゆこうと思います

 

高槻店を出店できたのは岡町本店のお客様があってのこと 自分を見つめ直す機会を与えてくれたとはいえ なんとも申し訳ないことをしました

この場をお借りして懺悔します ほんとに申し訳ありません

もう一度 岡町本店の味を見つめ直し この問題を解決していきたいと思います

 

このことを時々お店を手伝ってくれる母に話したら
「そうして言ってくれるだけいいやん だいたいはそのままいなくなんねんからな」
そうだ その通りだ

 

今日は反省文を書き 気持ちを整理して次の日曜日 岡町本店でするべき改善に取り組みたいと思います
今も改善策にいろいろと迷いがありますが 花は生き方を迷わない その文を読み なんかやる気になってきました

 

花は生き方を迷わない いい言葉だ
そうだ 迷うなオレ!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの香りについて調べてみた

プロローグ 僕がこうして自家焙煎珈琲店をするまでは、所謂コーヒーオタクでした。 東京の有名店など

記事を読む

良いコーヒーの条件とは何?

昨日は東京、狛江にあるエクスマスタジオに行ってきました。 エクスペリエンスマーケティング塾、略して

記事を読む

ペーパードリップは何分で終わらすのが正解なのか?

プロローグ 使う器具によって違うのですが、今回はペーパードリップは何分で終わらすのが良いか、このこ

記事を読む

no image

とりあえず 生

 の 「とりあえず」 の感覚 で とりあえずのんびり休日の朝 を迎えております 仕事頑張っ

記事を読む

no image

この一言のために

 「コーヒー美味しかったわぁ ありがとう」 お商売をやっていて何が一番嬉しいかというと こ

記事を読む

ペーパーフィルターの折り方にコツはあるのか

春眠暁を覚えず。 最近、身体はしんどくないのですが、ねむたい自分がいます。  

記事を読む

島珈琲を開業して15年、コーヒーの状況はどう変わったか?

島珈琲を開業したのは、僕が26歳の時。 2002年3月29日でした。   開

記事を読む

味覚とは

 味覚というのは記憶であり 味覚を鍛えるのは 味覚を重ね考え 記憶を重ねていくしかない と

記事を読む

飲んだ

 今日は飲んだ いや今日「も」飲んだ かも知れない でも今日のお酒は最高に美味しかった 普

記事を読む

今、ドリップコーヒーはペーパーが主流なのか、それとも金属系なのか

プロローグ さて、今回もご質問コーナーなのですが、とうとうお客様からではなく、初めての方からメール

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑