*

職人としての大切な心

公開日: : coffee

 焙煎を論議すると百人いたら百人の考えがある
けども 焙煎機がどうだ とか
ダンパーの使い方がどうだ とか
火力がどうだ とか
生豆(なままめ)がどうだ とか
を論議する大前提に機械のメンテがきっちりできているのか?
これが抜けてる人が案外おおいような気がします
写真で見たらわかるように ダクト(煙の通り道)には
「クリンカー」と呼ばれる焙煎したらでる油成分が
付着します
人間で言ったら動脈硬化と同じで これがダクトに付着すると
排気の流れが悪くなり 味にもかなり影響がでます
ということで だいぶその影響が味に反映されていたので
昨日はダクト掃除をしました
機械をいじるとたいてい予期せぬ事態をまねき
予想以上の時間を有することになりがちですが
案のじょう 昨日はファンの後ろの手の入らない隙間に
ものを落としてしまい 拾うのに往生してしましました
しかし ダクトもファンもかなりきれいにクリンカーを
落としたので スッキリした味わいのコーヒーを
焙煎できるでしょう!
道具を大事にするところから技術は生まれてくると考えてます 島珈琲は
じゃあねピース


 



The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

僕のコーヒーの始まりは珈琲館でのアルバイトからでした

昨日、ブログをフェイスブックにリンクすると、高校の時から友達がコメントをいれてくれました。 目を通

記事を読む

お家で淹れるコーヒーで「美味しい」に重要なことはコレ!

プロローグ 徐々に朝が涼しくなり、焙煎が楽になってきたこの頃。 岡町本店、高槻店ともに小さなお店

記事を読む

便利です!その道具は「メジャーカップ」

昨日、家に帰ると2階にいる娘がダダダッと玄関に降りてきて、おかえりー!と抱きついてきました。

記事を読む

焙煎度合いによって粉の挽き目を変えるの?

昨晩、奥さんと映画の話をしていて、タイトルがでてこない。 あるでしょ、そういこうと。 &nb

記事を読む

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

インスタントコーヒーと自家焙煎コーヒーの違いは何?

プロローグ インスタントコーヒーと自家焙煎コーヒーの違いとは。 そもそも状態が違うので、「違い」

記事を読む

コーヒーシロップの仕込みだ!

 どちらかというと 夏の方がメインと言えるこの商品 島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 夏

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

冷めた時にも「美味しい」と感じるコーヒーは正解!

前号では短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE のことを書きました。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑