*

鉄は熱いうちに打て 先人の残した言葉は深い

先日 お知り合いになったフェイスブックのお友達が
今 100キロマラソンに挑戦しています
先ほど 半分を通過したとのこと
無事にゴールテープを切ってもらいたいです
ファイト!

 

実は僕も最近スーパーご無沙汰ですが
マラソンをしております
一番長い距離で完走は70キロ

走り終えた時は もう二度とこんなことするもんか!
なんて思うのですけど 何を求めてでしょうか
あの苦しみを忘れ またスタートラインに立って
しまいます

走るから渇くのか
渇くから走るのか

 

大好きなコーヒーの仕事をしているときや
経営について考えていると
同じような気持ちになることがあります

こんにちは! 焙煎アーティスト 島規之です

 

去年は高槻店をオープンして1年目 知名度も低く
業績は悲惨なもんで 去年はため息の洪水とばかり
漏らしていました 嫁さんにも迷惑をかけちゃったなぁ

あの時の苦しさを振りかえれば 今年は調子よく
今年の7月に藤村正宏先生のエクスマ合宿セミナーに
参加してから 更に高槻店は調子よく
コーヒー屋の夏場の相場は業績が落ち気味なんですが
島珈琲は逆にアップしている状況です

 

セミナーでお世話になった先生のおかげです
ありがとうございます

セミナーでお世話になった先生方 皆様とも
フェイスブックやツイッターなどで今も関わらして頂き
むしろセミナーが終わってから
セミナーで教えて頂いたことがリンクしたりして
役に立つことが多々あります

 

先日 先生の中の一人
短パン先生ことアパレルメーカー社長の奥ノ谷さんが
フェイスブックで1枚12000円の短パンを瞬く間に
150枚(と聞いています)を完売されました 驚異的でした
かっちょいい短パンで 僕もほしかったので
1枚買わせて頂きました 誰にもまねできないけど 
先生の販売の仕方を勉強できました
(もちろん僕も奥ノ谷さんのように販売することは不可能です 笑)

届いた短パンへのこだわりと思い入れ
同封されたメッセージなど さすがだなぁ
学びがあるなぁと 思うことたくさんたくさんでした
こうした「出会い」も セミナーでの財産です
出会いは 自分から動かないとありません
お店を経営していると 家←→お店の往復で
お客様以外の出会いはありません

 

僕はより島珈琲のお客様に満足してもらえるため
自分に刺激を与え 動き 勉強し 吸収し
それを自分のお店で実行する
それでいて自分もお客様も大きくなると信じています

昨日ツイッターを見ていると
「経営状態が良い時こそ、次なる挑戦をすべきである。つまり打つべき手を模索して、実行すべきであると。経営状態が悪い時にやることはリスクの高いバクチでしかない」


僕がフォローしている加治木英隆さんのツイッターで
つぶやきをコピペさせて頂きました

 

加治木さんとは面識はないのですが
加治木さんの書くブログとかツイッターが
とっても情熱的でいつも読んでいます

そう 良いときこそ挑戦すべきなのです!
鉄は熱いうちに打て そうバンバン打ってしまうのです!

 

ということで 10月に新たな課題を見つけるため
ある一流の方に 相談しに行くことにしました
一流の投げる方ボールを打つことはできないかもしれませんが
でも 一流の方と接することで 超二流になれるかもしれません

しっかり勉強して お客様に還元できるように
しまこーひーはがんばる!
お客様の笑顔が僕の原動力です

 

では明日はお休みを頂き ゆっくりさせて頂きますね
いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

ハワイ島でコーヒー農園で働いていたときの画像です
あの時の挑戦の気持ち 忘れずに

 

shasin

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

類は友を呼ぶ

 今日は見山の郷さんに出向き 原田店長とお会いしてきました 4月に行われるイベント 「第2

記事を読む

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

no image

余裕

 高槻の福祉施設でカフェBeを立ち上げて2ヶ月とちょい 少しずつ慣れてきて いろいろ考える

記事を読む

お正月SP は コウタロウさんで

 高槻店はお正月は元旦から初売りです 高槻店は 上宮天満宮 天神さんの参道にあるので 三が

記事を読む

今日で10周年

 10年前 3月29日の今日 島珈琲は世の中のお客様に対し お店をはじめますよーーー!と宣

記事を読む

目先の利益を取るのか?永続的なパイプラインを取るのか?

目を閉じて吐息を聞いてみる 楽しかったとき 悲しかったとき うれしかった時 思い悩んでいた時 そ

記事を読む

僕が14年お商売をやってきて大切にしていること

    島珈琲のシールやパッケージに「2002」という数字を

記事を読む

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻店で道具や荷物を積み、それから

記事を読む

冷めたコーヒーを美味しくする方法はあるのか

プロローグ まだ残暑厳しい高槻ですが、少しずつ秋の気配を見せてきたところもあります。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

→もっと見る

PAGE TOP ↑