*

職人として あるべき心を考えた

公開日: : coffee

お盆が過ぎてから 朝がとても過ごしやすくなっている
と感じているのは僕だけでしょうか?
高槻店にくるまでに自転車をこいでいますが
なんとなく汗をかく量が減っているように思います
ただ日中はまだまだ残暑厳しいので どうぞ皆様ご自愛を
こんにちは ご機嫌いかがでしょうか
焙煎アーティスト 島規之です
自分でも職人らしくないなぁと思ってますが
でも コーヒー焙煎職人として誇りはちゃんと持っています!
(持ってなかったらあかんがな 笑)
いつも珈琲焙煎を究めるアーティスト
なんてエラソーに書いていますが
究める と書くよりも 究めようとしているアーティスト
って言うのが 僕の気持ちのなかで本来のモノです
ちなみに道を極めると書いたら 極道なんですね
ヤクザ屋さんは道を極めた人なんだぁなぁと
しょーもないこと考えていました
閑話休題
職人としてあるべき姿
ある物事をわかった とか 究めた って
過去形にしてしまうことは職人ではないですよね
そこを頂点としてしまうともう上がないわけです
そうなるとつまり あとは下がるだけ
美味しいコーヒー豆ができた オレって天才ちゃうか!
と思うときもありますが (←自惚れ甚だしい)
でもそれは単なる通過点で それが日常的にできるように
なれば これでいいのか もっともっと美味しくできるだろ?
って 自分に問いかけをし 更に研ざんし
技を磨いていくのが 職人のあるべき姿です
インターネット社会が生産国を変え 生産者同士が
ネットワークを駆使しさらに良いコーヒー豆を
生産することに生産者は余念がありません 
当然 更に良いコーヒー豆ができてくれば それに対応した
技術で僕たち焙煎職人も腕をあげていかなければいけません
だから今の地点は自分にとって 
今の実力では最高の地点ですが まだまだ山の中腹にしかおらず
今よりも高いところに登っていくことこそが
職人としての勤めで
いくつになっても勉強をしなければいけない
そう思います
死ぬまで勉強ですし たぶん最高のコーヒーができた!
なんて一生言えないかもしれない まだ上がある と思うと
そう考えると物事は奥深い
一生かかって この奥深いコーヒー豆の焙煎に
向き合っていきたい 
答えはないと思うけど・・・
なんて考えました
ではまた明日 お会いしましょう
いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

グレードアップ!コーヒーシロップを使ったカンタンにできるアイスクリーム

プロローグ 毎年、夏が近づくとコーヒーシロップ無糖を使ってアイスクリームを作ったら美味しいよーとい

記事を読む

ばっちぐー

 たぶん死語であろう「ばっちぐー」 今日 コーヒーシロップにする焙煎豆の味見をしたら 開口

記事を読む

焙煎前のコーヒー豆、どうやって美味しさを見分けるの?

プロローグ コーヒー豆の焙煎。 焙煎とは熱の力を使い化学変化を起こすことです。 コーヒー生豆と

記事を読む

ペーパーでコーヒーの味は変わるの?

以前にも書いたことですが、昨日お客さんに聞かれたので、もう一度書きなおしたいと思います。 リライト

記事を読む

タンザニア ニティン農園

  今月から登場の タンザニア ニティン農園 中焙煎と深焙煎の2つティストでご用意しお待ち

記事を読む

エクスマで繋がる 塩コーヒーだなんて、そんなバカな!

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生とエクスマの講師、ハッピー薬品の橋本亨さん、佐藤ゆか

記事を読む

ブレンドを合わせる美味しさの比率はどうやって決めるのか

プロローグ ブレンドとはそもそも何か? という所を簡単に書いてから本題に行きたいと思います。

記事を読む

女子がドリップコーヒーを淹れるのに大事してほしい3つのこと

プロローグ 最近、嫁さんがペーパードリップの練習を始めました。 といっても高槻店のオーダーを任せ

記事を読む

コーヒーの美味しくいれるコツを一言で言うと?

プロローグ 昨日、お客様の「?」と止まってしまった質問を受けました。 「島さんの言うように、粉で

記事を読む

ドリップするときのお湯の太さの違いで結果はどうなるの?

もうちょっとです。 僕のコーヒー本、まだかまだかと聞いてくださっている皆様に朗報です。 いよ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

→もっと見る

PAGE TOP ↑