*

味覚って 年齢や性別で違うんです

公開日: : coffee

 このブログで何回も取り上げてきたんですが
島珈琲を立ち上げて12年 お客様の嗜好を知ろうと
がんばってきまして ある一定の傾向があることに
気がつきました

老若男女

この4つカテゴリーで
だいたいの嗜好がわけられます

老と若
若い方の味覚は だいたい濃い味です
歳を重ねるとともに 味覚は好みは
だんだん薄味になります

僕も歳を取ってきて思うのですが 
肉よりも野菜や魚の方がほしくなる
そんな感じに似てますね

次に男と女
男性は濃い味 特にタバコをお吸いの方は
間違いなく濃い味が好みです
女性は薄味 苦みや酸味に敏感です

なぜ女性は苦みや酸味に敏感かというと
苦みや酸味は ほんらい食品には
あまりあってはならないモノです

そもそも苦みや酸味は 食品において
「腐っているかもしれない」と
思わす危険信号なので 女性は子育てをする中で
子供を守る意識が たぶん遺伝子レベルであるんでしょうね

腐ったものを食べさせてはならないと危険信号を察知する
感覚が男性よりも上なのです
ですから コーヒーの良質な苦み 酸味 においても
男性よりも遙かに敏感にキャッチするみたいです

この4つ分類は僕なりの考えなので 正しいかどうかは
わかりませんが これを基礎に僕はお客様の好みを
お聞きし おすすめのコーヒーをご提案します

もちろん マーケティングもありますので
全体の味をどこに置くか というところも
この分類に従って決めています

で 明日は島珈琲 岡町本店をオープンして
まる12年目の日です 継続は力なり
社会のために何ができるか を
もっと追求していきたいと思います!

12年 支えてくれた皆様に心から感謝です
 

写真は来月店先に置くブラックボード
嫁さんの手書きです!(文・構成は僕です)

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェをオープンするときのコーヒー選びも相談にのります!

今朝は奈良県奈良市より、落語喫茶 古々粋亭(ここいきてい)を近日オープンするオーナー井上雅博さんがご

記事を読む

なぜシェフは食材にこだわるのに、コーヒーにはこだわらないのか

プロローグ さて昨夜、毎月発行しているニュースレターの印刷に行って来ました。 スマートフォンの充

記事を読む

no image

一歩一歩

 カフェBeの実習生 一歩一歩 成長していく様子を見ていて こちらもすごく勉強させられてい

記事を読む

おつかれでっしゃろ

  今日はいつも頑張っている島珈琲の戦艦 焙煎機のベアリングの グリスアップをしました コ

記事を読む

のばそう!

背筋を伸ばしてピンと! 最近 とくに昼食後は眠た~いですね いかがお過ごしでしょうか?こんにちは さ

記事を読む

no image

できてきたぞぉー!

新しいホームページがほぼ完成の段階に入った はやりプロに頼むといい仕事をしてくれはるもんだ! あと少

記事を読む

コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度が低いと溶けにくいのです。

記事を読む

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

コーヒーは熱いときが美味しいとは限らない

僕の鍵はお店とかシャッターとか カフェBeとか家とかうじゃうじゃ沢山あるのですが 必ず家の前で 家の

記事を読む

コーヒーを1杯淹れるのに、コーヒー豆は何グラムがベストなのか?

エピローグ コーヒーを一杯作るのに、コーヒー豆、コーヒーの粉はどれだけ使うのがベストか? 基本的

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ないものは引き出せない

昨晩はご依頼を頂きましたコーヒー教室を高槻店で開催しました。 参加人

焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑