*

お店の看板だって繋がりの時代になった

プロ野球が好きな方は、投手が分業制になっているのはご存じのことですね。
先発・中継ぎ・セットアッパー・抑え。

 

この投手リレーが、チームに良い流れを呼び込みますよね。
こうした形になったのは、確か江夏がリリーフに転向したあたりからだと、何かの本で読んだことがありました。

 

それまでは先発投手が完投する、つまり1試合を投げきるのが一般的なスタイルで、江夏がリリーフに転向し成功したあたりから、日本のプロ野球における投手の分業制が確立しだした、と書いてあったのを記憶しています。

 

僕がまだ幼く、阪急ブレーブスが存在していたあの頃、阪急西宮駅の近くに西宮球場がありました。(今はありません)
そこで阪急VS日本ハムの公式戦を見ていて、その江夏は日本ハムでリリーフカーに乗って登場してきました。

 

当時、僕は小学2年生。
なぜか、日本ハムを応援してたんです。

 

その江夏がどしっとしたスタイルから繰り出す投球の姿は、未だに瞼裏に残っています。

リリーフ、僕の中で格好いい存在になったのはその時からでした。

 

そうした事が看板でもあると思うのです。

 

島珈琲高槻店には黒板を2枚置いています。
一枚目はこれです。
A型と呼ばれる黒板で歩く人に目に付くように置いています。

 

IMG_2746

 

野球の投手でいう先発の位置にありますね、まずこれで島珈琲のことをアイキャッチして興味を持って貰うようにします。

 

次にこちらの玄関横にある黒板、こちらは野球の投手でいう中継ぎですね。
価格などを表記して、お店に入られる方のための情報を促しています。

 

IMG_2763

 

IMG_2764

 

 

そして抑え、リリーフはこれ!

IMG_2777

 

 

今まではポップや黒板の文や構成は僕が作り、原稿を奥さんに渡して仕上げてもらっていたのですが、今回は文も奥さんに考えてもらいました。

まさに直球です!

 

このリリーフであるポップは、迷っている方の背中を押す決定的なものです。

 

まさに看板もつながりの時代になりました。(ん?笑)
販促物もこうして、序・破・急のように、または先発・中継ぎ・リリーフのように、繋げて考えるのも良いかもしれませんね。

 
いかがだったでしょうか?
今日は販促物のお話でした。
それではまた、アディオス・アミーゴ!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

しまった!!!

 せっかくお客様からいただいたのに(ありがとうございます!) 食べる時間がなくなってしまい

記事を読む

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

とは

 他人の幸せに貢献していると感じていれば 仕事の質は向上する 自分だけの利益を追求するなら

記事を読む

no image

犬も歩けば

今日は勤め先の仕事で些細なことなんだけども お客様のミスを手際よく解決したことで 電話越しだけどお客

記事を読む

過去形に生きるか、現在形に生きるか

先日受けた、人間ドックの結果表が送られてきました。   受ける前は何かあるだろ

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

一生懸命の美学

 とにかく 何をやるにも一生懸命な人がいる その方を見ていると なんでもほんとに一生懸命し

記事を読む

カクカク から まるまる に

人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度 生を得て 滅せぬもののあるべきか 織田信

記事を読む

焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来なら高槻店は日曜月曜が定休日です

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑