*

お店の看板だって繋がりの時代になった

プロ野球が好きな方は、投手が分業制になっているのはご存じのことですね。
先発・中継ぎ・セットアッパー・抑え。

 

この投手リレーが、チームに良い流れを呼び込みますよね。
こうした形になったのは、確か江夏がリリーフに転向したあたりからだと、何かの本で読んだことがありました。

 

それまでは先発投手が完投する、つまり1試合を投げきるのが一般的なスタイルで、江夏がリリーフに転向し成功したあたりから、日本のプロ野球における投手の分業制が確立しだした、と書いてあったのを記憶しています。

 

僕がまだ幼く、阪急ブレーブスが存在していたあの頃、阪急西宮駅の近くに西宮球場がありました。(今はありません)
そこで阪急VS日本ハムの公式戦を見ていて、その江夏は日本ハムでリリーフカーに乗って登場してきました。

 

当時、僕は小学2年生。
なぜか、日本ハムを応援してたんです。

 

その江夏がどしっとしたスタイルから繰り出す投球の姿は、未だに瞼裏に残っています。

リリーフ、僕の中で格好いい存在になったのはその時からでした。

 

そうした事が看板でもあると思うのです。

 

島珈琲高槻店には黒板を2枚置いています。
一枚目はこれです。
A型と呼ばれる黒板で歩く人に目に付くように置いています。

 

IMG_2746

 

野球の投手でいう先発の位置にありますね、まずこれで島珈琲のことをアイキャッチして興味を持って貰うようにします。

 

次にこちらの玄関横にある黒板、こちらは野球の投手でいう中継ぎですね。
価格などを表記して、お店に入られる方のための情報を促しています。

 

IMG_2763

 

IMG_2764

 

 

そして抑え、リリーフはこれ!

IMG_2777

 

 

今まではポップや黒板の文や構成は僕が作り、原稿を奥さんに渡して仕上げてもらっていたのですが、今回は文も奥さんに考えてもらいました。

まさに直球です!

 

このリリーフであるポップは、迷っている方の背中を押す決定的なものです。

 

まさに看板もつながりの時代になりました。(ん?笑)
販促物もこうして、序・破・急のように、または先発・中継ぎ・リリーフのように、繋げて考えるのも良いかもしれませんね。

 
いかがだったでしょうか?
今日は販促物のお話でした。
それではまた、アディオス・アミーゴ!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

カッターカッタ

 カフェで着る カッターシャツを新調した 今年は柄もんのシャツも買った 今日は春らしく薄い

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

明日のショー

 お世話になります しまこーひーでございます 明日 豊中岡町 コーヒー豆売り専門店の島珈琲

記事を読む

no image

マラソン

 昨日の世界陸上の女子マラソンをいつもの鮨屋さんでみていた おなじランナーとして 街を疾走

記事を読む

三方ヶ原の戦い

日経新聞の夕刊に 徳川家康の時代小説が連載されている毎日これを読むのを楽しみにしていて夕刊配達のおっ

記事を読む

焙煎で味わいが変わるってどういうことなのか

    焙煎でコーヒーの味を作る、これわかりにくいですよね。

記事を読む

UFOとコーヒーシロップ

 無添加コーヒーシロップ ちょう絶好調です 爆発しそうな予感 たっぷりです 島珈琲の7年間

記事を読む

孤独

僕の人生を振り返り  自営業という選択肢を選んだそのとき 必然的に孤独と対峙しなければなら

記事を読む

no image

電波時計

 今朝 まくらもとにある電波時計を見て 心臓が凍った そこに表示された時分を何度も何度もみ

記事を読む

自分らしく生きるって何?

プロローグ 昨晩、お風呂の中でまた考えてしまった。 「自分らしく生きるってなんだろ?」これは禅問

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑