*

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている
焙煎アーティスト 島規之です!
IMG_4331

最近 やたらとコーヒーに関するブログ記事が多くなったと思いませんか?

 

実は今まで意識してあんまりコーヒーの事を書かなかったんです なぜなら「コーヒーマニア」と思われるのが嫌だったからなんです
僕が開業した12年前は やや若者のコーヒー離れがあった時期でした そこへスター○ックス社が日本へ乗り込んで来て オシャレ カフェ エスプレッソ カプチーノが若者に浸透し コーヒーの立ち位置はにわかに変化してきました

 

12年前はエスプレッソマシンを自在に操れる「バリスタ」にスポットライトがあたり コーヒー豆屋はどちらかというと地味な存在でした

時代は変化し バリスタは抽出の技術を究めたもの達が横並びになると やがてロースト(焙煎)豆の方へ ローストによる味への追求がはじまり その頃からロースター つまり僕らのような焙煎屋にも少しスポットライトが当たるようになってきた 僕はそのように感じています

 

ですから 12年前はコーヒーの事を書きすぎると「コーヒーマニア」の店=いろんなうんちくを聞かされてしまう難しいお店(笑)という風になり コーヒー豆屋は勝手に敷居が高くなる傾向があるのに 更に入店しづらくなる そう解釈していまして ブログにはどちらかというと日常にある風景を大事にしていました
そうつまり「マニアック」と言われることを恐れていたのです!

 

でもね 最近フェイスブックの僕のタイムラインで コーヒーの豆知識を書いているんですけども 最初は何気なく始めたことでしたが やり始めてから結構いや相当 楽しいんです コーヒーの記事を作っていることが
もうめちゃくちゃ楽しいんですよ 
あっ 記事を見たい方は フェイスブックで「島規之」で検索してください!フォロー大歓迎!

お客様やコーヒーの好きな方はどんなこと知りたいのかなぁ どんなこと悩んでいるのかなぁ どんなことを知ればよりコーヒーを楽しんだり 美味しく飲めたりするんだろう

 

そんなことを考えながら記事をつくっていくことにより 気づいたんです
僕はやっぱり相当コーヒーの事  「愛してるなぁー」 って

ですから もうマニアだ ヘチマだ なんて気にせずに どんどんコーヒーの事 書いていこうと思ったんです もう「マニア」のように思う風潮もないようだしね(笑)

 

もちろん 今までのようにコーヒーの事ではなく 「生き方」とか「考え方」そんな哲学めいたことを書いて へこんでいる誰かを元気になってもらえる記事を書くことも好きなので うまく混ぜ合わしながら ブログを続けてゆこうと思った次第です

ですから どんどんコーヒーの記事 書いていきますね!

 

乞うご期待!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

だれかのために

 今日もお花をいただきました たくさんの方々からお祝いの言葉やお花 ほんとうにほんとうに感

記事を読む

お肉を焼くのにアミかフライパンかで味が変わるように、実はコーヒー焙煎もかわる

6月16日火曜日・6月17日水曜日は高槻店臨時休業させて頂きます。 よろしくお願いいたします。

記事を読む

じょうぶだよ!

  はい みなさん こんばんは♪ じょうぶになりました! 何が? 豆袋がです 右が新しくな

記事を読む

二日おくれの・・・

 2002 3.29 二日おくれのハッピーバースディでございます ありがとうございます 島

記事を読む

エスプレッソには砂糖をいれると美味しいわ

エピローグ 僕は正直なところ、エスプレッソにはそんなに詳しくはありません。エスプレッソもほんとに奥

記事を読む

まころ企画の牧田さん

  まころ企画 代表の牧田さん そうです ご存じの方もおられますが 島珈琲のホームページを

記事を読む

職人だからこそ、「のほほん」と心穏やかに

プロローグ 僕は火を扱える職人になりたい、という願望と、お客さまと直接お話して販売やサービスをする

記事を読む

毎日書いているブログのネタはどこから生まれてくるのか?

プロローグ Aさん「島さん、毎日ブログ更新してまめやね~」 僕「はい、豆屋ですから」って、しょー

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

会長さん

 今回 高槻新店舗をつくってくださるのは工務店の河原工房さん 今日 お店を調べさせてほしい

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

寝る前にコーヒー飲んで大丈夫?

連日、違うお客さんから同じ質問を受けました。 コーヒーを寝る前に

ハンドドリップの時のお湯の温度は計る必要はあるの?

このドリップするときのお湯の温度、のこともお客さんからよく聞かれる質問

→もっと見る

PAGE TOP ↑