*

時間が解決していくもの

公開日: : 感謝!!

 時間しか解決できないものが この世にはたくさんあると思う
日記では あまり障がい持った方の話は書いてこなかったし
書くことが許されないのではないか そんな思う自分があった
施設利用者のK君 最初はまったく仕事にならなかった
もちろん僕が彼に高いモノを要求していたのかもしれない
オーダーをサーブすることも 挨拶もとても「接客レベル」ではなかった
しかし彼には「島さんみたいになりたい」という強い意識があった
それから1年半
今はどうだろう 返事もはっきり言えるし 僕の指示がなくても
さげものや洗い物 コーヒーをいれたり お辞儀だってきれいにできる
オーダーもぽつぽつ取れるようになった
彼の成長はあるときから加速しているように思う
K君 頑張って島さんを追い越してください
僕は商売人でありコーヒー職人なので 福祉のことはわからない
福祉のかたは商売ができない 素人だからわからないという
だからそれをプロに依頼する
しかし福祉のプロができないことは 
我々福祉の素人にできるはずもない
これが真逆の意見であり 逆もまた真なりである 
「障がいをもった方にもっと仕事を・・・」
という情熱があれば 
福祉業界も もっともっと変われる業界でもあると思う
そんな正義は邪魔かもしれない
でも僕はその正義を捨てずに 体当たりしていきたい

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

プレッシャー

 結婚して何が一番変わったか? 仕事に対して 「まっ いいっか」 という気持ちが少なくなっ

記事を読む

僕の尊敬する人 Route271の船井さん

大阪梅田の芝田にある有名なパン屋さん、Route271さんをご存じでしょうか。 テレビや雑誌などに

記事を読む

トアロード

 手前味噌だけど・・・ 僕はほんとにいい人に囲まれていると思う もし神様がいるのなら感謝し

記事を読む

感謝の日曜日

  ありがたいことで 最近 日曜日だけの営業の豊中岡町  島珈琲 コーヒー豆売り 挽き売り

記事を読む

歩け 歩け

 今日もcafe Be 閉店後 南平台をポスティング 風が少し秋らしくなってきたかな? コ

記事を読む

お客さんだって我慢していることだってある、と思うと感謝しかない

さて、本日は岡町本店の営業日、こちらは日曜日だけが営業のお店です。 なので、この日に皆さん集中して、

記事を読む

no image

酒よ

 なぁ酒よ お前には わかるか なぁ酒よ 疲れをお酒でごまかしていることもある このブログ

記事を読む

弱者の戦略

 きた 今日はたくさんのお客様においで頂きました ありがとうございます 今日はコーヒー教室

記事を読む

さらば!8年使ったモノたち

前号で、コーヒードリップマシンの手配をしてもらっていたマシン屋さんから、吉報があったことをお伝えしま

記事を読む

お疲れさんの一杯

 うすはりのグラスで飲んでます いいグラスで飲むと 疲れもまた癒されます ありがとうです

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
忘れてしまいたいことや

忘れてしまいたいことや、どうしようもない悲しさに、包まれた時に男は酒を

言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

→もっと見る

PAGE TOP ↑