*

パンチング

公開日: : coffee

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。
タイトルで、読みたい!と思ってもらうことはほんとは大事なんですが、もうね、読んでくれる人だけ読んでくれればいいと思ってますので、あえてタイトルで興味を引こうと思っておりません。

 

今回のタイトルだって、なんのこっちゃですもんね。
毎日楽しみにしてくださる方に届けばいい、最近はこんな想いでブログを書いております。

 

いつもお付き合い頂き、ほんとうにありがとうございます。
さて、昨晩は焙煎機のバーナー部分のメンテナンスをしました。

 

バーナー部分のつまりがないように、ゴミを取り除く作業なんですが、かえって詰まらせることもあって、なんとか焙煎できる状態にはしましたが、このブログを書いたあとメンテンナスの続きをしようと考えてます。

 

今回は島珈琲高槻店の焙煎機のお話です。

 

 

焙煎機の正面からの写真ですが、中央に小窓がありますよね。
この小窓で、焙煎機の釜の中の様子が見ることできるようになっています。

 

強化ガラスで出来ていますが、焦げがつくので時折はずして金タワでゴシゴシ擦ってその汚れを落としてあげます。
昨晩はバーナー部分をライトをあてて掃除していました。

 

そうしたらなんかカッコイイ写真がとれたのですね、それがこちらです。

 

 

焙煎機の釜がバーナー側の下からライトに照らせれ、釜のパンチング部分がなんか綺麗に投影されていました。
釜はステンレス製のパンチング上になっていて、バーナーの熱がそのパンチングの穴から入り込み、コーヒー豆の焙煎を進行させていきます。

 

この穴に直接火が入らないようにバーナーの背は低くし、更にはバーナーから釜までの距離とって、遠火の強火を実現させています。
熱カロリーが高いと香りの出方も良くなり、豆のもっている個性的な味わいもよく表現できるようになります。

 

かといってカロリーが高すぎると焦げが出来て、嫌な苦みを付け加えてしまうことになるので、遠火の強火によって焦げさせない様に施されています。

 

コーヒー豆の銘柄それぞれの香りと個性的な味わいを引き出しながら、余計な味は付け足さない。
そして更には通常なら焙煎機の釜は鉄でできていることが多いのですが、高槻店の釜はステンレス製で、そのステンレス製の釜が味わいをすっきりとさせ飲みやすいコーヒーを作ることができているのです。

 

島珈琲の味わいは、こうした特徴ある焙煎機が作り出してくれているのです。
なので、メンテナンスはきっちりとして、その性能を最大限に引き出すようにしております。

 

ということで、この後はお店の営業の合間を見て、バーナー部分のメンテナンスの続きをしますね!
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

島珈琲のブレンド味わいの説明一覧です

今の若い人はいいなぁ、と思ったのです。 というのも最近、スマホで動画を見るのですが、何を観てるって、

記事を読む

コーヒー豆は軽減税率が適用になります!

店頭でお客さんとお話していると、コーヒー豆は食品に分類されるので、軽減税率が適用されることをご存知で

記事を読む

ブレンドはバンドみたいなもの

本日、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店にやってきまして先ほど焙煎が終わりました。 事務的な

記事を読む

予算5000円!オススメのコーヒードリップポットはどれ

プロローグ 先日、スコットブレンドのご注文を頂きました、山形県米沢 小野川温泉 鈴の宿 登府屋旅館

記事を読む

そしてブラジルが新豆になりました

明日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店の営業日。 日曜日だけの営業ですが、明日4月26日の日曜日も

記事を読む

no image

わたし草食系です

 朝市をやり出してから 野菜をもっと知らないといけないし また葉野菜は余るとどうしようもな

記事を読む

どこ産地のコーヒー農園で働いたのですか?

パンフレットやコーヒー豆のパッケージ袋に「産地の農園で働いた男の店 自家焙煎 島珈琲」と書いてあり、

記事を読む

コーヒー豆の鮮度って何なのか?

プロローグ 来年にコーヒー本を出版するため、原稿を毎日コツコツ書いています。 そんな中でコーヒー

記事を読む

あの芸能人は深い「愛」を持った方だった

今日は急ぎの案件があって、昨日のあの芸能人と行く東京コーヒーツアーの詳細を書きたかったのですが、改め

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
悩むマンデリン (4939)

昨日は高槻店の焙煎機のメンテナンスを完了させました。   思

特にカーブは汚れが溜まりやすい (4938)

今日は7時に起きて家族で朝食を取ってから、すぐに高槻店へ。  

選択のマンデリン (4937)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に朝は7時過ぎに到着し

グァテマラが新しい銘柄になります (4936)

昨晩は高槻店の業務終了後に、煙突掃除をしました。   ワイヤ

3Dセキュアを導入します! (4935)

昨日も沢山の発送がありました。   感謝感謝です。 &nbs

→もっと見る

PAGE TOP ↑