*

焙煎すると水分が飛び、コーヒー豆が軽くなる

公開日: : coffee , ,

くどいですが、本日10月31に日水曜日、11月1日木曜日は高槻店、ならびに通販における発送業務、受付業務は臨時休業させて頂きます。

 

この二日間に頂いた通販のご注文は2日金曜日、3日土曜日に順に発送させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

さて、今から伊豆長岡に向かいます。
旅館にて1泊の合宿で、エクスペリエンスマーケティング、略してエクスマ塾の上位コースへマーケティングの勉強に行ってまいります。

 

お客さんの笑顔ために、学んだことをしっかり生かせることができるように、勉強してきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

焙煎するとコーヒーの水分が飛んで軽くなる、というお話

 

コーヒー豆、焙煎する前はコーヒー生豆(なままめ)と呼ばれております。
これを熱で焙ることにより、あの香りあるコーヒーブラウンのコーヒー豆になります。

 

熱で焙ることを一般的に「焙煎」と呼ばれています。

 

 

 

その焙煎、熱を使うので当然ながらコーヒー豆の中にある水分を蒸発させます。
その過程で化学変化が起こって、あおの芳香な香りが生まれるわけですが、「焼かれる」とまぁ一緒の意味のことになりますので、当然出来上がりは焙煎前よりも、その重さは軽くなります。

 

熱を長く当てれば、その時間の長さだけ水分が飛ぶことになるので、ということは中焙煎=中煎りよりも深焙煎=深煎りのほうが長く熱をあて焙煎することになるので、同じ銘柄で焙煎したコーヒー豆を、中焙煎と深焙煎と比べた場合、同じ豆の粒を計ったら、深焙煎の方が軽くなる、ということです。

 

キロで見てみると

 

中焙煎の場合、水分は15パーセントほど消失します。
深焙煎の場合、水分は20パーセントほど消失します。

 

10キロの焙煎をした場合、中焙煎は8.5キロ 1.5キロの水分が熱によって消失します。
同じく深焙煎も10キロ焙煎したら、8キロで 2キロの水分が熱によって消失することになります。

 

ということは、お商売する側で考えると、同じ10キロなら水分の消失の少ない中焙煎の方が有利になる、ということです。

 

嘘かホントかは定かではありませんが、昔、アメリカンコーヒーがアメリカで起きた起源として、合う事情でコーヒー豆がアメリカ本土に入る量が少なくなり、浅煎りにすることで飲める量を増やした、そうしたことも聞かれます。

 

こうした、水分の消失のことも含めて、コーヒー豆の原料費を計算し、定価を決めているんですね。

 

もし機会があれば、中焙煎と深焙煎、同じくらい豆の量を手で持ったとき、中焙煎の方がにわかに重いことが意識していたらわかるかなぁと思います。(なかなかないと思いますが・・・苦笑)

 

その水分の量が、焙煎度合いでの味わいの違いに影響しているのですね。

 

ということで、時間が来ましたので、用意してエクスマ塾に行ってきます!
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ドリップで薄味と濃味を作るちょっとしたコツ

プロローグ 3歳の娘がなぜかよくわかりませんが、ニトリが大好きでしょちゅう近所のニトリに連れて行け

記事を読む

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを取ると娘へとすぐにバトンタッチ

記事を読む

手提げバッグ

 最近 忙しいのは忙しいのですが 忙しいだけが理由でなく 日記が書けてない毎日なのですが 

記事を読む

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー豆を混ぜ合わせているコーヒーで

記事を読む

全国一律送料290円のコーヒーのセットを考えています!

プロローグ 先月9月1日より、島珈琲の通販にかかる送料の改定を行いました。 以前はまではコーヒー

記事を読む

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。   一晩考えました、

記事を読む

深焙煎と中焙煎 同じグラムでも見た目の量が違うのはなぜ?

こんにちは!焙煎アーティスト 島規之です   昨日はお休みを頂き 家族と友人の

記事を読む

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か

プロローグ ペーパードリップの種類、そして器具やメーカー、その違いは何か?色々あってよく分かりませ

記事を読む

カフェ オープン会議

昨日は障がい者支援施設とのコラボカフェ カフェBeの現場に入って 久しぶりにカフェBeで仕事をしてき

記事を読む

あの芸能人のお好みのコーヒーを作るときの注意点

あの芸能人こと、アパレルメーカー社長 奥ノ谷 圭祐さん、ニックネームは短パン社長。 短パン社長が一

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

コーヒーの酸味について考える

酸味と聞いて何が思い浮かびますか?コーヒー以外に。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑